投稿

11月, 2009の投稿を表示しています

プリムス p-114 感想。

イメージ
先日、近所の山(と、いっても車で2時間はたっぷり走るのだけど)に登ってきた。今の時期、自分以外には誰も登っていないのでは? と、いうような山を選んだのだが、案の定というか、当然というか、山頂で2組のグループと一緒になった。
みなさん、他県からわざわざ登りにいらしたようで、色々と情報を交換しながら、しばし話をした。「また、どこかの山で!」と、山頂で別れた後も、自分は一人で山頂に残って写真を撮影していたのだが、その後は他に登ってくるグループはなかった。
しばらく岩の上に腰掛けているうちに、強風で体が冷えてきたので「温かいものでも飲もう」と、いそいそと、先日購入したばかりのプリムス p-114を取り出してセットした。
晩秋の高い空に、黄色い缶が絶妙に溶けこんでいるな、と、自己満足に浸りながら、コッヘルをセットして、お湯をわかしてみた。当日は、立っていると、時折吹き付けてくる、強い風で体が揺れてしまうほどの状態だったので、岩の影で風を遮るようにしてセットしてみた。山頂で、ひとりでストーブを見つめながら、お湯がポコポコと沸いてくる様子を見るというのも、これはこれで、悪くない気分だ。と、いうよりも、いい気分だ(笑)
コーヒーをいれて、小さめのカップに注いで、グーッと飲む。真っ青な空の中を、綺麗な羽をした鳥が一羽飛んで行って、写真を撮りたかったな、と思いつつも、カメラには手を伸ばさずに、そのままもう一口、グーッと飲む。うまい。
間もなく、この辺りも、寒い冬がやってくる。一度、雪が降って積もってしまえば、長くて厳しい「冬の山」が始まってしまう。そしてそれは、数ヶ月以上も続いていく。あと、もう一度、どこかの山に登ってみようかな、とか、来年はどこの山に登ろうか、などと考えながら、コーヒーを飲んで下山した。強風で、体感温度は厳しかったけれど、なんとなく、ほんわかとした気分になりました。

※今回使用したのは PRIMUS【イワタニプリムス】 P-114 スーパーマイクロバーナーIV【ガスバーナー】

実験ムービー

写真撮影・動画制作 (C)Takahiro Sato

仕事半分、趣味半分で制作している「実験ムービー」です。 Mac一台で、どこまで制作できるのか? をテーマに、 空き時間を活用して、作っています。
わずか、数十秒のムービーに、数日を投資しているということは、 周りの人達には、決して言えない秘密のひとつです。
他の実験ムービーは、こちら

タンタンの冒険旅行

イメージ
先日、知り合いと食事をしている時に、タンタンの話になった。なぜ、わざわざタンタンの話になったのかは、今となっては忘れてしまったが、ともかく無性に読みたくなって、移動の途中に図書館に寄ってみることにした。

いつも置いてあった棚のところへ行ってみると、タンタンの本が一冊もなかった。一冊もない、ということは「特集コーナー」にでも移動しているのだろう。クリスマスに向けて、オススメの本特集などに、これはぴったりだからな、などと思いつつ、ぐるりと館内を回ってみたのだが、やはり一冊もない。
おかしいな、と思い端末で検索してみると・・・あった。なんと「書庫」扱いになってしまっていた。
どのような基準で、一般から書庫に移されるのかは分からないのだが、タンタン&スノーウィは、自分にとってのヒーローだったので、なんだかとても寂しかった。
まだ、タンタンを読んだことがない方には、ぜひ一度手に取っていただきたいと思い、この文章を書いてみた。まずは、最寄りの図書館などで、探してみていただきたい。きっと気に入ると思います。
ちなみに、自分の地元(仙台市)の図書館では「一般のまま」の館もあったので、どのような基準で「書庫入り」するのか、ちょっと気になってしまった。担当者の判断なのか?それとも、貸し出し件数なのか? それとも・・・。

※画像は「紅海のサメ」の表紙。青いトレーナーにニッカポッカの少年が、主人公のタンタン。その横の白い犬がスノーウィ。この2人が目印です。

primus p-114

イメージ
新しい、登山用のストーブを購入した。primusのp-114。オフィシャルwebの「本体重量51g(圧電点火装置除く)を実現した世界最軽量の小型バーナーです」という部分に惹かれて、購入した。やはり「世界最〜」というフレーズには、購買欲をそそるものがある(笑)
最初はp-153にするか、どうか迷ったのだが、自分の使い方は「お湯をわかす=飲み物、レトルト用」程度だし、さほど強い火力もいらないかな、そうなってくると、値段もこちらの方が安いし(重要)、なにより世界最軽量だし、ということで、p-114にした。
使い始めは、どこかの山の頂上で、と、いきたいところだったが、しばらく登れそうにもないので、自宅で試してみることにした。ガス缶をセットして、点火装置を押すと、見事に炎があがった(当然だ)。コッヘルを上にのせて、お湯を沸かしてみたのだが、特に問題なく沸く(これも、当然だ)。とりあえず、一人分のコーヒー用のお湯を沸かすには、数十秒ほどで完了するので、十分な火力だと思う。
ついでにストーブを購入した時に、おまけでいただいた、フリーズドライの食材を試してみようかな、と迷ったのだが、もったいないので中止した。また機会があれば、この辺のことにも触れてみたいと思う。
それにしても、毎回思うのだが、カートリッジを取り外す時に「シュッ」とガスがもれて、臭いがするのは、ちょっとドキドキする(笑)構造上、仕方がないことだと思うのだけど、ついつい「もれては・・・いないよな」と、ガス缶を手に取って、詳細に調べてしまったりする。単に、自分が神経質なだけかも、しれないですけどね・・・。

PRIMUS BurnerStoveプリムス 114ナノストーブ P-114

ムーミン。

イメージ
先日、仕事で訪問したところで、リトルミイの小さなフィギュアが飾られているのを見つけた。頭の先のツンツンしたところを見ているうちに「そういえば、ムーミンをちゃんと読んだ事がなかったな」と思い、図書館に借りにいくことにした。

今回自分が借りたのは、ベネッセの「ムーミンコミックス」シリーズ。本来ならば、まずは小説版から読むべきなのかもしれないが、やはりここはあえて、コミックスから入りたい。ちびっこ達に混じりながら、2冊ほど借りてみることにした。カウンターの職員さんは「お子さんに、借りて行ってあげるのだろう。いいお父さんだな」と、思ったかもしれないが、実は自分用である。


帰宅してから読んでみたところ、これがおもいっきり面白い。イラストも台詞も、ひとつひとつがイキイキとしていて、思わずニヤリとしてしまう。子供よりも大人の方が楽しめるのではないか? と、思うくらいだ。例えば「ムーミン家をたてる」の中に、

ムーミンママ「ケンカしたりしません?」
リトルミイママ「しょっちゅうですわ でも しかるのは どうかと思いますの」「水かレモネードをこうして・・・」「かければすむことですから」(と、実際にケンカをしている子供達の頭に、水をかける)

ムーミンパパ「さとうつぼに塩が入ってる!」
リトルミイママ「うちの子たち 実用的な いたずらが得意ですの」


という場面があったりする。台詞だけを書き抜くと、今ひとつ面白さが伝わらないかもしれないので、ぜひ一度、イラストと一緒に見ていただきたい。いい味だしてます。