投稿

1月, 2011の投稿を表示しています

真冬の厳美渓

イメージ
厳美渓へ行ってきた。
時期は、1月の中旬。気温は氷点下。まさに、冬の真っ最中の訪問だった。
土曜日だというのに、自分以外の観光客は、ほとんどいなかった。正確に言うと、20分ほど周辺を歩いていて、すれ違ったのは2組の観光客だけ。まさに、独り占めの状況で、ゆっくりと風景を堪能することができた。

厳美渓へ来たのは、これが3回目(だと思う) 今から20年ほど前、学生の頃に日帰りで電車に乗って遊びに来たのが1回目で、15年くらい前に泊まりがけで(宿からの眺めが綺麗だった。どこの宿だったかは忘れた)遊びに来たのが2回目。 両方とも、春から夏にかけての時期だったので、真冬にやってきたのは、これが初めてだった。

おどろいたのは、前回の訪問から15年以上もの時間が過ぎていたというのに、厳美渓の風景が目に入ってきた瞬間に「ここの風景は、はっきりと覚えている」と感じたことだ。全体的な雰囲気はもちろんのこと「あの辺りで写真を撮ったな」とか「ここの自販機で飲み物を買った」などということを、わりと鮮明に覚えていた。
登山でも、一度登った山に再び行くと「この風景は覚えている」「前回は、この大きな石のところで休憩した」などと覚えていることも多いのだけど、よくもまあ、こんなに細かな事までも覚えているものだな、と改めて脳の不思議さを再確認した瞬間だった。

もしかすると脳の中には「観光専門の記憶部門」のようなものがあって、綺麗なものとか、感動した風景などを、そっくりと残しておく部分があるのかもしれない。普段は完全に封印しておいて、変なノイズが入り込まないようにしておいて、再度、同じ場面に遭遇した時に、鮮やかに思い出せるような仕組みがあるのではないか、と、妙に真面目に考えてしまった。このような事は、もうすでに解明されているかもしれないので、ご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えていただきたい。
それはともかく、観光シーズンの厳美渓は、にぎわいもあるし、「だんご」も空を飛ぶけれど、真冬の厳美渓も、ぴりっとした冷たい空気が心地よく、凛とした気分になれるので、興味がある方はぜひ行ってみてください。静かな気持ちになれると思いますよ。

iphoneアプリ『TSUTAYAサーチ』

イメージ
最近、みつけたiphoneアプリの中で、結構気に入っているもののひとつが「ツタヤ・サーチ」だ。これは、その名前の通り、自分で登録したTSUTAYAの店舗や、現在地周辺のTSUTAYAの在庫を、iphoneから検索できるというアプリ。
実際に使ってみると、在庫の確認はもちろん、貸し出し中かどうかも教えてくれる。せっかく店舗に出向いても、なかなかお目当ての商品を探す事ができなくて、めんどうになり、結局何もレンタルせずに帰ってきてしまうこともある自分にとって、このようなアプリは非常に便利だ。
で、色々と検索してみたのだが、自分が探していた「ポストロック系」のCDは、周辺の店舗には在庫がないと、いうことがわかった。ちょっと、足を伸ばして、検索の範囲を調べてみたのだが、それでも見つからなかった。残念だ。が、いちいち出向いて探さなくてもよかったわけだから、よかった(←ちょっと、負け惜しみ)。
逆に「これは、さすがにないだろう」というような、わりと古めの作品も在庫があったりして、とてもうれしかった。なかなかあなどれないぞ、TSUTAYA。どのような基準で在庫を決めているのだろうか、TSUTAYA。ポストロックも在庫してほしいぞ、うちの近所のTSUTAYA。
それはともかく、無料アプリなので、気になった方は、どうぞ。こちらから →ツタヤ・サーチ

2011。

イメージ
あけまして おめでとうございます。

元旦の仙台市は、おだやかな晴れ。 今年は、気持ちのいい一年になりそうな気がします。
そこでふと「そういえば、昨年の元旦の天気は?」と、いうことが気になって調べてみることに。 ネットで検索してみると「2010年1月1日の仙台市の天気は『晴れ 最高気温0.4度 最低気温 −2.9度(Yahoo!天気情報より)」ということが、わかった。
(ちなみに「2009年の元旦は『晴れ』」「2008年の元旦は『くもり』」「2007年の元旦も『くもり』」「2006年の元旦は『晴れ』」「2005年の元旦も『晴れ』」などということも、ワンクリックでわかってしまう。すごい)

そして、今年の干支は「卯」。 大きくジャンプできるように、まずは、しっかりとしゃがみ込んで、エネルギーをたくわえようと思います。今年は、昨年の26倍ほど高く飛べるように、がんばろう。
みなさまのところに、すばらしい瞬間が、次々とやってくる一年でありますように。 今年もよろしく、お願いします。

Yahoo!天気 仙台の過去の天気