投稿

2月, 2011の投稿を表示しています

みやぎ蔵王の樹氷を見に行く(その2)

イメージ
雪上車は、ゆっくりと進む。
ガイドさんの「左側に見えるのが、宮城県で一番高い山。屏風岳です」などという解説を聞きつつ、目の前に広がる真っ白に染まった山並みを眺めながら、ゆっくりと進む。
屏風岳、刈田岳、そして雁戸山。 今まで自分が登ったことがある山々峰々を、こんな風にして別の角度から眺めることができるのは、とてもうれしい。「本当に、あんなに高くて大きい山の頂上に登ったのだろうか?」と、少し自分を褒めてあげたい気分になれるのも、楽しい。普段は、周りの人から褒めてもらえることは少ないので、「がんばったな、自分」と口には出さずに、何度か頭の中で繰り返してみる。む・・・繰り返せば繰り返すほど、ちょっとせつなくなってくるのは、どうしてなのだろう?
出発してから、40分も過ぎただろうか(正確にはわからない)。目の前に、樹氷の姿が見えてきた。ポコポコと、雪の上に立っている樹氷の姿には、なんともかわいらしい印象を受けた。同じ方向に向かって集団で歩いている一団のようにも見える。モンスターと、いうよりは、どこかの学校の仲良しグループといった感じに見える。
そして、雪上車は樹氷鑑賞ポイントへ到着。みんな、わーい、といった雰囲気で、次々に樹氷に向かって散らばっていく。自分もカメラを手にして、写真を撮った。広角レンズを使っても、おさまりきれない広大な風景が、すばらしい。遥か遠くの方に霞んで見える、吾妻連峰の姿も幻想的な雰囲気を醸し出してくれている。お湯をわかして、あたたかいコーヒーを飲みながら、1時間くらい眺めていたい、と思った。日が傾くのを待って、色が変化して行く様子を楽しみたいと思った。
残念ながら、ツアーの鑑賞時間は、わずか10分。 もう少し、先の方まで歩いてみたいな、と足を踏み出した瞬間に呼び戻されてしまった。 しぶしぶと、名残を惜しみながら、車にもどる。せめて、20分くらいは見ていたかったよなあ、と思いつつ帰路につく。登山の時と同じく、帰路の記憶はかなり曖昧だ。なんとなく下山して、なんとなく車から降りた。次のツアー参加客が、期待に満ちた表情で、自分達が降りて来た雪上車に乗り込もうとしていた。

そんな風にして、蔵王の樹氷めぐりツアーは終了した。 遠刈田温泉まで戻り、食事をして、日帰り温泉の「神の湯」であたたまってから、帰宅の道へついた。次は、雪上車を使わずに、自分の足で頂上を目指してみたい。樹氷の中を…

みやぎ蔵王の樹氷を見に行く。

イメージ
蔵王の樹氷を見に行ってきた。
数年前に、ラジオで「蔵王の樹氷めぐりツアー」の話を聞いてから「いつか参加してみたい」と、思いつつも天候や日程の都合が合わずに、参加することができなかったこのツアー。今年(2011年)になって、ようやく行く事ができた。
集合場所の遠刈田温泉に近づくと、雪をかぶった蔵王連邦の姿が見えてきた。ついさきほどまでの「眠い。つかれた。こんなに苦労してまでして、樹氷を見にいく価値があるのだろうか?」というような気分は、あっという間に、後方100kmにまで吹き飛んでしまう。自然と笑顔になってくる。 今年は良い雪が降ったので、例年よりも「おおきく育っている」という情報を聞いていたので、いやがおうにも期待は高まってくる。天気もいいし(晴天無風)まさに樹氷ツアー日和だな、と思いながら、送迎バスの停留所へと向かった。
バスの中は、平日だというのに、補助席にも人が座るような「満員」状態。「◯◯さんは、いますかー」「ちゃんと返事してくださーい」などと、ツアー仲間同士の確認の声が飛び交うのも、楽しい。年齢層は、60代と思われる方が中心で、かなり高めの雰囲気。リタイアしてから、ゆっくりと旅をしているんですと、というご夫婦の姿が多い。自分のすぐ前を歩いていた、70代と思われるご夫婦は、しっかりと手をつないでいた。楽しそうである。独身の自分は、素直に「うらやましい」と思ってしまった(笑)

そんな風にして、乗客の期待を詰め込んだ送迎バスは「すみかわスノーパーク」というゲレンデに到着する。 久しぶりに一面の雪景色に興奮しながら、周りの風景などを眺めていると、山の上の方から緑色の雪上車が降りてくるのが見えた。独特の存在感を漂わせながら、ぐぉーん、というような地響きを放ちつつ(これは、冗談。そんな音が聞こえてきそうだということ)数台が連なってこちらに向かってくる様子は壮観だ。こいつとなら、極地へだって楽々と行けるのではないかと感じる頼もしさ。
他の乗客のみなさんも写真を撮ったり、パンフレットを眺めたりしながら、楽しそうにしている。楽しいという気分は、年齢も性別も国籍だって(たぶん)関係ないのだろう。自分も、窓の外に広がるゲレンデの写真を撮影しながら、出発の時間を待った。空は雲一つない天気。これなら目的地周辺も、快適な状況だろう。(みやぎ蔵王の樹氷を見に行く(その2)へつづく

macbookに外付けDVDを。

イメージ
少し前から、macbookのDVDドライブの調子が悪くなっていた。Disc作成の際に、エラーが頻発するようになっていたので「これは危ないかな」と感じていたのだけど、先日とうとう10回に1回くらいしか、成功しないようになってしまった。
もちろん読み込みの方も、かなり不安定で、キュンキュンと何度か読み込んで認識するような状態で「これではMacそのものにも悪影響があるのでは」と思い、DVDドライブの修理を検討することにした。
とは言っても、内蔵ドライブの交換は、かなりの金額がかかりそうだったので、外付けのDVDドライブを購入する方向で、近くの家電店へ行ってみることにした。
思ったよりも(と、いうよりも想像以上に)DVDドライブの価格が安い。どんなに安くても7〜8千円はするだろう、と思っていたのだけど、なんと4千円ほどで購入できるモデルもある。これは買わなければ、と思い、店内の商品を見てみたのだけど、ほとんどのドライブが「win対応」といったような表記のものばかりで、Mac対応のものは見つからなかった。下手に購入して、トラブルになっても困るので、ひとまず帰宅。あらためてネットで調べてみることにした。
一通り調べてみてわかったことは「付属のソフトが、win対応というだけで、Macで使用できないというわけではない」ということ。むしろ「Macには、あらかじめソフトがインストールされているので、接続すれば認識する」という、力強い情報もあった。
よし、それならば、購入してみるか、と、ネット上で「Macで動作した」と書かれていたモデルを注文してみることにした。BUFFALOのDVSM-PN58U2Vというモデルで、色はホワイトにした。
DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 USB2.0用 ポータブルDVDドライブ。

数日後、ようやく届いた商品を、コーヒーを飲みながら、いそいそとMacbookに接続してみる。あっさりと認識。試しに、近くにあった音楽CDを読み込んでみる。これも、あっさり読み込む。全く問題なし。こんなに簡単なら、さっさと買えばよかった、と思いつつ、試しにCDを作成してみることにした。
・・・が、なぜか「ディスク作成」をクリックした途端にiTunesが落ちる。Macを再起動してみても、落ちる。ネットで情報を探してみても、類似の情報を見つけることができない。読み込みができているのだ…