投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

2011年12月31日。

イメージ

ラシーン 2011

イメージ
さて、今年も残り1日。
おかげさまで、ラシーンも無事に年を越せそうである。ありがたい。
現在(2011年12月)の段階で、走行距離は12万7千km。今年1年で、だいたい1万3千kmほど走行したことになる。燃費の方は、街乗りで8〜9km前後。高速道路で10〜11kmといったところだろうか。今時の低燃費の車と比較すると、決してほめられた値ではないし、1500ccとはいえパワーはないので(ボディもカクカクしているし)エアコンをつけると坂道もきついのだが、住めば都というか、親バカというか、よくがんばったなあ、という気分である。


今年は、青森・山形・長野と、3度ほど遠乗りをした。特に不具合もなかったし、修理した部分もない。オイル交換をして(5000kmに一度)クーラント液を補充し、夏タイヤを交換したくらいだ。それから錆の手入れもしたけど、これは古い車にはつきものなので、ほぼノーメンテナンスといえると思う。


来年の6月に車検なのだけど、最初にラシーンを購入した時には、ここで降りようかと思っていたのだけど、ネットで調べてみると、同じようなラシーンがまだまだ現役で走っているようだし、他に乗りたい車もないので、もう一回は車検を通そうかと考えている。目標は15万km。大切にして、最後まで元気に走ってもらおうと考えている。


それにしても、今年は仙台市内でも、何台かラシーンをみかけた。覚えているだけでも7台以上は見たと思う。カスタムペイントされたラシーンもあったりして、そんな風に大切にされているラシーンを見ると「負けられないぜ」と思ったりする。別に、勝ち負けではないんですけどね。




 予約【LUMYNO/ルミノ】(1/43)日産 ラシーン Type II(1997)ホワイト(420168)第50回 全日本模...
価格:4,777円(税込、送料別)

復興祈願「絆」バッチ。

イメージ
復興祈願として「絆」バッチを制作した。
このバッチを制作したのは、この「絆」の文字を書いて下さった、手描き看板職人・上久保さんからの電話がきっかけだった。


上久保さんとの会話の中で「今、大切なことのひとつは『風化させない』ことだ」という話題になった。今回の被害は、5年10年で復興するというものではない。10年、20年単位での復興への取り組みが必要なわけだから、風化させない取り組みも継続していかなければならない、という話になった。


そこで、何かを始めよう、まずはひとつ形にしよう、ということから制作したのが、このバッチである。このバッチを見てもらうことで、震災のことを意識に上げてもらいたい。そして会話を交わしてもらいたい。そんな希望を込めて制作した。


上久保さんの筆文字の力で、シンプルでちいさいけれど、存在感のあるバッチになった。もし、このバッチを目にすることがあれば、ぜひ話をして復興へ思いを寄せていただければ、うれしく思います。


※「絆バッチ」をご希望の方、各種媒体で「プレゼント」して下さる方には、提供しますのでご相談ください。問い合わせはこちら >>>

地底の森ミュージアムへ行く

イメージ
地底の森ミュージアムへ行ってきた。「地底の森」と聞くと、いったい何の施設なのだろう? と思うかもしれない。実際のところ、自分も「地下にもぐって楽しむアトラクションがある施設」だと思い込んでいた。子供達が、地底に設置された遊具(のようなもの)を使って、楽しむような場所だと思い込んでいたわけである。

そのようなわけで、ずっと足が向かなかったわけだけど、今回とある情報誌を見て「地底の森ミュージアム= 仙台市富沢遺跡保存館」ということがわかり、がぜん興味が湧いたので行ってみることにしたというわけです。

当館へ向かったのは、12月の下旬。かなり冷え込んでいて、小雪もちらつく気候だったので「もしかすると、自分たちしかいないのでは?」と心配をしつつ、駐車場に車をとめ、受付で入場券を購入し(大人400円 平成23年現在)扉を開けて中に進む。扉を開けたとたんに、湿気を多く含んだ温かな空気が、もわっ、と身体を包み込む。ゆるやかに地底の方向へと向かっていく廊下を歩いていくと、いやがおうにも期待感が高まっていく。これから別世界へ行くのだ、という気分になってくる。

そんな気分で曲がった先に広がるのは、富沢遺跡を発掘された状態のまま保管してある「地下展示室」。想像以上の広さ。そして、何ともいえない異様な(実際は、異様でもなんでもないのだけど、そのように感じてしまう。まさに異界といった印象だった)空間が目の前に広がっていた。

柵に近寄って目をこらしてみると、そこには保存のために特殊加工された湿地帯の跡が広がっていた。何かの骨かと思われた物体は、針葉樹林の木々だった。それらが、なんてことのない自然物だとわかっても、やはり不可思議な印象は消えることがなかった。いや、次第に「異様さ」から「神秘さ」に意識が変化してきたように思えてきた。もうしばらく、ここで眺めていたいような気分に変わってきた。


遺跡の上に設置されたスクリーンで、当時の様子を再現した映像を見た後、展示室へ向かう。遺跡から発掘された資料をもとに研究された解説を読んでいくと、いつの間にか「この世界」に強い魅力を感じている自分に気づく。
残された跡から、当時の人たちの行動を推測し、考えていく作業というのは、とても興味深いことに思えた。未来は知ることはできないけれど、過去は知ることができる可能性がある。そして、過去を知ることで現在の自分たちにつながる「何か…

仙台市歴史民族資料館へ

イメージ
仙台市歴史民族資料館へ行ってきた。
この資料館は、榴ヶ岡公園の敷地内にある。それまでに榴ヶ岡公園へは何度も行ったことがあったし、この建物も目にはしていたのだけど、まさかここが歴史民族資料館になっていたとは、全く気がつかなかった。人間は、興味があるものしか視界に入ってこない、というのは本当なのだ、ということを体験から学ぶことができた。

今回、この仙台市歴史民族資料館へ向かったのは、12月の中旬。かなり冷え込む一日だったので、自分たちくらいしか客がいないのではないか、と心配していたのだけど、さにあらず。自分たちの他にも、7〜8人くらいの先客がいた。みんな、熱心に資料をのぞきこみ、うなづくようにして見入っている。中には、ひとつの資料に数分以上の時間をかけて、ていねいに回っている人もいる。この寒い日に、わざわざ資料館にくるくらいの人だから、きっとこのような分野が好きなのだろう(人のことは言えないが)。そんな熱心な人たちに混ざりながら、自分も展示物を見て回る。


ここ仙台市歴史民族資料館では、明治時代から昭和にかけての仙台に関する資料が展示されている。
民族資料館の名前の通り、一般的な生活や風景に関する資料が並んでいるので、とても身近に感じるし、身近なだけに「生きて、生活している」という生々しさのようなものも感じる。

そういえば、祖父が生きていたころに、この「豆炭」を使っていたよな、とか、このタイプと同じ掃除機が家にあったかもしれない、とか、ひとつひとつに深いシンパシーを感じる。
実家にあったものも、ここに寄贈すれば展示してもらえたのだろうか? 自分たちが「もう古いからいらない」と捨ててしまっていたものでも、ほんの30年、40年後の人たちにしてみれば、貴重な資料になりえるのだろうか? そんなことを考えながら、懐かしみながら展示物を見て回った。

考えてみれば、ほんの数十年前までは、仙台駅前も小さな駅舎がひとつあるだけの場所だったわけだ。人が歩き、立ち止まり、その横を車が通り過ぎるような場所だったわけだ。そこに路面電車が走り、道が整備され、ビルが建ち並んで今の風景を作っていく。ほんの(と、いう表現が正しいかどうかは別として)数十年のできごとだ。少なくとも、僕の祖父が見ていた風景とは、全く異なるものになっていることは間違いない。きっと、僕の孫の世代になれば、もっともっと違う風景になっていくのだろ…

2011.12.13

イメージ

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密を観に行く。

イメージ
いよいよ、とうとう「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」を観てきた。数年前に「スピルバーグ監督によって、映画化されるかもしれない」という噂を耳にしてから、ずっと楽しみにしていた映画だったので、期待感は最高潮。数日前から、タンタンの冒険旅行を読み返したりして、この日に備えていた。


だいぶ前にも書いたかもしれないが(書いていないかもしれないが)自分がタンタンの冒険旅行に魅力を感じたきっかけのひとつが、スノーウィーだった。主人公のタンタンに寄り添い、けなげに動き回るスノーウィーの活躍ぶりを見て「なんて、かわいいヤツだ!」と思ったことが、きっかけだった。


実家で犬を2匹飼っていて、子供の頃から犬好きだったから、スノーウィーに実家の犬の様子を重ねていたのかもしれない。スノーウィーを通して、自分の犬の思い出を見ていたのかもしれない。そんなこともあって、動いているスノーウィーを、3Dで観ることができると考えただけで、楽しみでしかたがなかった。映画の予告編で、ほんの数秒だけ動いているスノーウィーを見ただけで、思わず「うおっ!」とつぶやいてしまったほどだから、自分がどれほどスノーウィーのファンなのかを想像していただきたい。


そんな期待を抱えつつ映画館へ向かう。

今回は「3D・字幕版」で鑑賞した。やはり「冒険」は3Dで観るべきだろうという考えから、最初から3Dで観ることは大前提だった。 久しぶりに3D版を観るということで、初めて知ったのだけど、今は通常版にプラス300円さらに眼鏡代100円が加算されるようになっていた。つまり「1.800円+300円+100円=2.200円」ということになる。別な意味でも気合いがはいった(笑)少しも逃さずに、じっくり観てやろうという気分になる。
さて、実際のストーリの感想は、これから観に行く人たちのために、書かないでおこうと思う。ただ、ひとつだけ書いておくならば、映画を観終わってしばらくしてから「ああ、面白かったな」と、じわじわとくる作品だったと思う。ひさしぶりに、映画らしい映画を観たという気分だ。こんな風に、映画館でもう一度観たいと思う映画に出会えるということは、なかなかうれしいことですね。 できれば何度か観たいので「半券を持っている人は、空席がある時のみ2回目以降は800円で鑑賞可」など「3回目以降は300円」というような割引制度があれば、映画好きならば何度か通…

すばらしい天気。

イメージ

ラシーン、タイヤ交換。

イメージ
ラシーンのタイヤをスタッドレスに交換した。この作業をするのは、毎年12月ということもあって、「今年も一年、やたらと早かったな」と考えながら、ジャッキアップしたり、重いタイヤを運んだりしている。
取り外した夏タイヤ(通常のやつです)を点検してみたところ、フロントタイヤが、かなり片減りしていることに気がついた。スリップマークが出ているから、次回(6月)の車検では新品と交換しなければ、ならないだろう。
このタイヤに替えてから、約3万kmほど走行したとはいえ、ちょっと減りが早いような気がしている。今年は高速道路を多めに走行したとはいえ、せいぜい3千kmといったところ。このくらいだと、さほど負担もかからないだろうし、そもそもスピードがでない車だから・・・いや、でもこんなものかな。 痛い出費だけど、タイヤは車と地面と直接触れている部分だし、安全を見て早めに交換しようと思っている。いくら四駆だとはいえ、タイヤがすり減っていては、いざという時に、ふんばれないですからね。


ちなみに、ラシーンのタイヤサイズは14インチだ。スカイラインの時は16インチだったので、タイヤも高くて大変だったけれど、14インチタイヤだと比較的安いのでちょっと、ほっとしている。

深夜の連続ツイート「食べたかったパン」

イメージ
理不尽な対応をされても、気迫をこめてブレずに進み続ける。足を止めない。その努力が本物なら、いつか理解者が表れる。必ず誰かが見ていてくれる。でも、それは3ヶ月後かも、1年後かもしれない。だから、続けてみる。「もしかしたら、あと少しかも」と思いながら歩いてみる。


(つづく)不平不満を口にすると、辿り着くのが遅くなる。同じところを、ぐるぐる回って時間だけが過ぎ去ってしまう。だから、とにかく歩く。時には走ったり、跳ねてみたりもする。いろいろやる。たくさん水を飲んで、なるべく早く寝てゆっくり起きる。犬をなでたりするのもよい。


(つづく)ならないものは、ならないけれど、なるものは、なんとかなっていく。必ず、どこかが変化している。そして、ふっ、と横を見ると、ずっとそばにいてくれた人の存在に気づいたりする。食べたかったパンが買えたりもする。うまい。・・・と、いうことを、今回僕は体験から学びました。

MacBookAir 充電できない??

イメージ
愛用のMacBookAirに充電ができなくなってしまった。ケーブルを接続しても、通電ランプがつかない。もちろん充電されない、という状況である。

このMacBookAirは、今年の夏に購入したばかりの、最新モデル(2011)なのだけど、購入した直後から同じような充電の不具合が断続的に生じていた。その時は、ケーブルつなぎ直すと通電していたので、なんとかそのまま使い続けていたのだけど、今回完全に故障してしまったというわけだ。

果たして、Air本体に問題があるのか? それともケーブルなのか? 本体だと面倒だな、と思いつつ修理方法をアップルのwebで確認したところ、AppleStoreに直接持ち込んでチェックしてもらう形になるということが、わかった。予約時間もwebから手続きできるので、即座に予約をして持ち込むことにした。

当日、applestoreにて担当の方にチェックしてもらったところ、どうやらケーブルの方に問題があるとのこと。特殊な使い方をしていた訳ではないし、購入直後から同じような症状が出ていたわけだから、初期不良ということだろう。
保証期間なので、ケーブルを新品に交換してもらうことになり、それで終了。本体の故障ではなかったので修理も必要なく、まあよかったと、ほっとする。

今まで、Mac4台とiphone2台購入してきたけれど、これで初期不良に当たったのは、macが1台とiphoneが1台ということになる。一対一のひきわけだ。まあ、おおごとにならなくて良かったな、と思っている。とりあえず、不具合を感じたら、すぐにチェック&修理ですね。機械は、黙っていても自然に治ってはくれませんから。

SENDAI光のページェント 2011

イメージ
2011年、仙台光のページェントが開催された。
報道によると、東日本大震災の津波により倉庫が全損。保管していた電球等を失ってしまったという。その困難を越えて、開催された今年の光のページェント。この日を迎えるまでに、どれだけの苦労があったのだろう。どのくらいの「やさしさ」が集まったのだろう。今年はこうやって、開催されること自体が奇跡的なことなのだ。


毎年、12月になると、定禅寺通りを灯し続けてくれていたSENDAI光のページェント。それは「あたりまえ」のようで「あたりまえ」ではないことなのだ。ほんとうにありがたく、奇跡的なことだったのだ。
これからも、この場所にたくさんの人たちの笑顔が集まり、今日ここに来ている子供達が大きくなるその時まで、10年も20年もキラメキ続けてほしい。みんなで上を見上げて写真を撮ったり、歓声を上げたりしながら、うれしい時間を刻み続けてほしい。心からそう思いました。


SENDAI光のページェント オフィシャルサイト
※募金や協賛についての詳細も確認することができます。


仙台市 定禅寺通りのマップ

大きな地図で見る

缶コーヒーの、おいしい音。

イメージ