ラシーン車検

ラシーンの車検の時期となった。
この車は平成7年式。つまり、今年で17年目を迎えるという、かなりのオンボロ君だ。
実際のところ「今回は、車検を通すかどうか・・・」と迷っていたところもあったのだけど、ネットで検索してみると20万キロ近く乗り続けている方もいるようだし(自分のラシーンは13万キロ。年式の割には走行距離が少なめ?)かなり稀少な車になってきたので、廃車にするのも寂しい。デザインも気に入っているし、駐車場でもすぐに見つかるし、できれば乗り続けたい。というか乗りたい。
と、いうことで車検の見積もりを出してもらって、そこで判断することにした。当初の予定では15万円を越えないなら、車検を通し、越えるようなら買い替え検討ということにしていた。

で、実際に出てきた金額が16万円。実に微妙。狙ったように微妙な金額。でも、このくらいならまあ仕方ないか。むしろこの程度で済むなら・・・と車検を通すことにした。あくまでも自分なりにではあるけれど、定期的にメンテナンスもしているし、ラシーンの持病ともいえる「錆」も、パテ埋め加工の技術がアップしたので、かなり綺麗に補修できるようになったし、まあオッケーとしたわけだ。

ところが・・・その後が大変だった。「〇〇のパーツの値段が、△△で2万円ほど高くなりました」「〇〇も交換しなければいけなくなり・・・」と、出てくる出てくる追加料金。最終的に提示された金額は20万円近くになってしまった。ここまで費用がはねあがってくると「もはや、最初の見積もりの意味がないのでは」とも思ったが、途中で止めるわけにもいかないので、そのまま続行。最終的には中古パーツなども使ってもらい、18万円ちょうどで収めてもらった。

今回の見積もり金額がはねあがったのは、ブレーキ周りが原因だった。フロントはパット交換で済んだが、リアはキャリパーが要交換状態になっていたため、追加料金がかかってしまったというわけだ。もしも走行中にブレーキが故障するようなことがあれば、これはもう想像しただけでも恐ろしいことだから、今回チェックしてもらってよかったと思う。この部分は、外から見てもわからないので、古い年式の車に乗っている方は、定期的に検査してもらった方がいいかと思います。自分の場合は、特に違和感も出ていなかったし、ブレーキも効いていたので、わからなかった(気がつかなかった)のですが、逆にそれが危険につながる可能性がある、ということですからね。

とにもかくにも、ラシーンの車検も通したし、大きなトラブルがなければ、このままあと2年は乗れるわけだ。今、13万キロだから、2年間で15万キロ越えに挑戦と、いう感じかな。定期的にメンテナンスをして、おそらく最後になるだろう2年間を楽しく過ごせたらいいなと思う。せっかくなので、何か新しいパーツを追加してみようかな、とも考えている。外装はこのままで十分気に入っているので、内装をちょっといじろうかな。

このブログの人気の投稿

吹上高原キャンプ場へ

Macは、何年使えるのか?

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ

天童高原でキャンプ日記

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)