投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

コインランドリー

イメージ
誰もいないコインランドリーは、昭和の懐かしい雰囲気が感じられるから、わりと好きです。

とくにコインランドリーを使用した記憶があるわけではないのに、どうしてそのような懐かしさを感じるのかは謎です。

梅雨の晴れ間

イメージ
「おかあさん、今何時?」「夕方」と話している親娘がいた。梅雨の晴れ間の夕刻。今日は1日良い天気だった。

梅雨入り初日の空。

イメージ
宮城も本日ようやく梅雨入りした模様。「平年より14日も遅く、1967年と並んで最も遅い」という記録的な遅さだったらしい。
そして梅雨入りした途端、厚い雲が広がる空。「入り」は記録的な遅さだったけど「明け」はどうなるだろう? #仙台

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

先日、いつものように5キロ走ろうと思って家を出た。走り始めの数百mは快調で、今日はなんとなく調子がいいな、と思った。
ところが1キロほど走ったあたりで、足が重く感じられてきた。ややペースを落として走ってみたのだが、いつもより調子が出ない感じがしたので、4キロで切り上げることにした。

自宅に着いて、タイムを確認してみると、やはりいつもよりも遅い。どうしたのだろう? と考えてみたところ、2日前に献血をしたことが思い当たった。これが原因かな?

中1日休んだから大丈夫だと思い、気にせず走ってしまったのだが、やはり年齢を重ねると回復が遅くなるのかもしれない……と、ちょっとしんみりしてしまった。まあ、健康には影響のない量とはいえ血液を抜いていることは事実なので、数日は影響が残るのかもしれない。せっかく世の中の役に立てばと思って献血したのに、自分の体調を崩しては意味がないので、気をつけなければいけないなと思った次第です。(ちなみに今回は400mL献血で参加)

「日本赤十字」のホームページによると

また、献血後の血液の「量」は、水分を摂取することにより短時間で回復します。血液の「成分」が回復する速さは、その成分によって異なります。回復する速さには個人差がありますが、目安として、血漿成分は約2日、血小板成分が約4~5日、赤血球は約2~3週間で回復します。

とのこと。赤血球が回復するには2〜3週間とあった。なるほど。良い機会なので覚えておこう。自分の身体なのに、知らないことがたくさんありますね。勉強になりました。

参考
血液の基礎知識(日本赤十字社)

チチヤスのキャラクターロゴ

イメージ
チチヤスのキャラクターロゴ


表がこうで、






















裏がこう。なごむ。

走ることを始めてみる。その15 「減量記録 その2」

前回「ジョギングを始めてから九ヶ月間、体重が減っていない」ということを書いた。そして「実験的に糖質制限をプラスしてみる」と書いた。

さて、約一ヶ月ほど経過した今。 結果を、ご報告すると「約2キロ減」という状況になった。
え? たった2キロ? いやいや、自分にしてみると、2キロも減った、というのが正直な感想である。 具体的に何をしたか、書いてみよう。
1 )ジョギング 週に5キロを1〜2回  2 )夕食時に「糖質」を軽く制限
3)風呂にはいる時に、必ず体重を計測する
と、いったところである。 朝と昼は普通通りに食べる。夕方は糖質を控える(主に白米、デザート類カット)したところ約2キロ減ったというわけである。
しかも、他の人と食事をしたり、カレーなど米が中心のメニューの場合は「いや、俺、糖質制限してるんで」と別メニューを食べるのではなく、普通に食べた。デザートも出されたら、いただきます、と食べた。つまり「厳密なる糖質制限」というよりは、夕食の時に糖質制限を意識した、という表現が正しいかと思う。それで、2キロ減ったのだから、いかに普段、糖質を過剰に採っていたのかがわかるというものだ。 さらに、毎日体重を計測していると「これは土曜の夜に、ラーメンを食べたやつだな」などと、微妙な変化がなんとなくわかってくる。そして「せっかく500g落としたのに、あの一杯で元通りか・・・」と、内省するようになったのも効果的だったような気がする。
ちなみにスタート時の自分の状態は、178センチ 69キロと、いった感じだった。一応、標準体重の範囲なので、見た目、太っては見えないかもしれないが、腰回りにはちゃんと(?)脂肪がほんのりとまとわりついているという感じだった。
現在は、178センチ 67キロ。食事の内容や運動量などで、1キロ前後の増減はあるけれど、この周辺を上下といったところである。このレベルだと、あまり見た目の変化は感じられないのだけど、内蔵脂肪とか、その辺が減っているのかもしれない。くわしくはわからない。
それはともかく、ジョギングを始めてから9ヶ月間、まったく増減のなかった体重が、糖質を制限(意識)してみることで、目に見えて変化が表れたというのは自分の身体ながら面白い体験だった。これから一ヶ月ほど今の状況を継続してみて、リバウンドせず安定させてみたいなと考えています。

佐藤の本棚 更新

25冊目は「思ひ出 太宰治」について。
10代のころに読んで、とても印象に残った作品のひとつです。

http://hondana.wordproject21.com/2015/06/omoide.html

Googleフォトで、パノラマ加工。

イメージ
Googleフォトに写真をアップしたところ、自動的に複数の写真をつなぎ合わせて「パノラマ」に加工してくれた。すごいね。