投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

網張温泉キャンプ場へ:岩手で夏キャンプ 二日目

イメージ
夏キャンプ2日目。
先日テントを張った「妻の神キャンプ場」から車で移動すること約1時間30分。本日のキャンプ場は「網張温泉キャンプ場」である。

ここは予約制のキャンプ場なので、場所取りの心配がないから安心だ。夏休みシーズンのように混雑している時期に「予約してある」という安心感は大きい。テントがひしめきあう中で、さてどこにしよう・・・、とうろうろするのはなかなか寂しいものがある。ゆったりとした時間を楽しみにきたのに、場所の確保でせかせかしてしまったのでは本末転倒である。しかし今回は予約をしてあるから余裕だ。そんなわけで、途中で買い出しをしながらゆっくりとキャンプ場へと向かったのだった。



受付で手続きを済ませてから、指定された場所へ向かう。ここは荷物を降ろす時は車で乗り入れることができる。昨日の「妻の神キャンプ場」もギリギリのところまで車を入れることができたので、フリーサイトだけど実質オートキャンプのようなものだった。昔はそうでもなかったけれど、最近は「荷物の運搬が楽」という項目もキャンプ場選びのポイントのひとつになりつつある。なにせ荷物を増やさないように気をつけてはいるのだけど、ひとつひとつが結構な重さですからね。デスクワーク中心で、普段はマウスよりも重いものを持つことが少ないから(笑)キャンプ用品の運搬にはちょっとキツイものが…いやいや情けないですね。鍛えよう。
さて、いつも通りにテントを設置し、食事の準備を始める前に施設内にある温泉へ行く。夏休みということで混雑を覚悟して向かったのだけど、自分が行ったのは終了1時間前だったせいか、思っていたよりも客はまばらだった。露天風呂には自分しかいなかった。夏の強い日差しはすでに傾いていて、吹き込んでくる風が心地よかった。豊かな時間が過ぎていった。

幼稚園くらいの男の子がひとりで露天風呂にやってきた。そして大きな声で「ママー!」と、仕切りの向こう側にむかって呼びかけた。向こうから「なーにー?」と声が返ってきた。「熱いよ!」と言う。「熱いねー」と返ってくる。男の子は、熱い熱い、と言いながら内風呂の方へ戻っていってしまった。母親は、男の子が行ってしまってからも、何回かこちらに向かって話しかけてきたのだけれど、返事が返ってこないことに気づいたらしく、また静かな時間がもどってきた。



温泉からあがり、夕食の準備を始める。連れが食材の仕込みをしてく…

2015.8.20

イメージ
旅先で撮影してきた写真を眺めながら、来週また夏休みが始まらないだろうか、と、どうにもならないことを考えています。

岩手で夏キャンプ 初日 妻の神キャンプ場

イメージ
今年の夏キャンプは、岩手県へ行った。
合計で2泊3日の行程で、キャンプをしながら周辺の温泉を楽しむ予定だった。

初日は八幡平周辺の「妻の神キャンプ場」にテントを張った。実は、直前まで別の場所にする予定だったのだけど、移動の途中にこのキャンプ場の近くを通り「まあ、ここでいいか」と予定を変更して決めたのだった。フリーサイトとオートキャンプサイトの両方に空きがあったのだけど、当然のごとくフリーサイトを選んだ。料金が安いということもあるのだが、基本的にフリーサイトの開放的な雰囲気が好きだからだ(混まなければの話ですけどね)。

ここはサイトのすぐそばを松川という川が流れている。そして目の前には岩手山が見えるはずである。そう、今「はず」と書いたことからも予想がつくかと思いますが、当日は雨だったので岩手山は雲の中だったし、松川は轟々とした音を立てて流れていた。昼から落ち始めた雨は一晩中降り続き、タープを叩く雨音と川の音の中で「うーん、これ以上雨脚が強くならないといいのだが」と、テントの中にこもって近所のスーパーで買ってきたアルコールを飲みながら、ひさしぶりに雨の一晩を過ごすこととなった。

当日は、自転車で旅をしている5~6人組の女性チームが炊事場の近くでテントを張っていた。雨にも負けず、笑いながら楽しそうに作業をしていた。たくましい。このような状況では、なんだかんだで女性の方が強いような気がする。男は意外と小心者なので、ドキドキしながら過ごしてしまうのである。女性の前では「このくらいの雨、どうってことないよ」と平静さを装っているかもしれないが、内心は「だいじょうぶ・・・だよな」と思っている場合が多いと思う。



実際に当日は雨音が気になって数時間おきに目が覚めてしまい、真っ暗な空を眺めてみたりタープやテントの状況を確認したりしてしまった。タープに水が溜まらないように、微妙な斜度をつけて水の流れ道を作っていたのだけど、それでも今回の雨量では一部に水が溜まってしまっていたので時折揺らして水を流したりもした。そんなことをやらなくても、このレベルの雨量ならば朝までは十分に耐えきれるということは理屈ではわかっているのだけど、ついついやってしまってムダに労力を浪費してしまうのだ。

ちなみにその日の夜「雨がすごい!川の近くから離れて!」と、どこかの河川敷で子供たちに向かって大人が呼びかけている夢を見た。実際…

Macを初期化しよう。

それは突然だった。明日からお盆休み。2泊3日の旅へ出発する前日の夜のこと。色々と検索をしながら旅の計画を楽しんでいた時、突然Macの動作が変になった。ワンクリックすると、しばらくの間レインボーカーソル(渦巻きのやつです)が、くるくると回る。なんてことのない作業なのに、動作がやたらと遅い。トラブルがあったかもしれない、と考えて、とりあえず「ディスクユーティリティ」を立ち上げてみて驚いた。ストレージの残量が数メガバイトしか残っていない。ギガバイトではない。メガバイトである。

数日前に、いらない写真やムービーを削除したばかりなので、最低でも10GBは余裕で容量が残っていたはず。特に何も保存していないし、新しいソフトもいれていない。せいぜいSafariでwebを見ていた程度である。

さて困った。仕事上のデータも入っているし、使用頻度の高いソフトも入っている。この場合ライセンスはどのように更新すればいいのだ? などと様々なことが頭に浮かぶ。が、そうやって眺めていても仕方ないのでセーフブートやPRAMクリアなど、一通りのことは試してみたが改善せず。iPhoneで検索して、可能な作業は実行してみたのだが自分のレベルでは対応できることはもうない。刻々と時間は過ぎていく。気がつくと午前3時。明日は出発だというのに。

こうやって同じことをぐるぐる繰り返していても仕方がないので、ジーニアスバーに予約を入れることにする。ちょうど旅から帰ってきた翌日の夕方に予約の空きがあったので申し込んでおく。気分を切り替えて、まずは旅をたのしもう。原因不明の不調は気にかかるが、優先順位は旅を楽しむことだ。と、机の上にMacbookAirをおいて出発したのだった。


旅から帰る。アップルストアへ向かう。混んでいる。担当の方に診てもらう。ひととおり確認してもらった結果「これは初期化するしかない」と、いうことになった。原因を尋ねると「不明」とのことで、とりあえず一旦リセットが最短距離での改善ということになるらしい。この時点で、すでにセーフブートでも立ち上がらなくなっていたので(グレーの画面で止まる)覚悟するしかなかった。その場で初期化してOSを再インストールしてもらえるというので、お願いした。30分くらいで完了。購入した時の懐かしい設定画面が表示される。こんにちは。

以上が、今回のMacbookAir初期化のいきさつであ…

living (short ver.): haco28. 公開しました。

イメージ
約六ヶ月ぶりの新作です。聴いてみてください。
映像に登場する風景は、仙台市郊外で撮影したものです。
音と良い感じで組み合わせることができた、と作者は感じております。





haco28. 宮城県仙台市にて2013年始動。
音+映像+言葉 の組み合わせで、実験的音楽を中心に制作進行中。
official http://haco-28.blogspot.jp

knot の腕時計

イメージ
今年の春に、腕時計を紛失してしまった。
普段、めったに物をなくさない方なので「腕時計を失くしてしまった」というダメージが自分で思っていたよりも大きかったらしく、新しい腕時計を購入することを躊躇したまま数ヶ月が過ぎてしまっていた。恋人と別れたからといって、すぐに新しい恋人と付き合う気持ちにはなれないのと同じである。いやもちろん、すぐに付きあっても構わないのだけれど、出会いのチャンスは逃さずに生かした方がいいと思うけれど(笑)今回は7〜8年ほど愛用した腕時計だったので少々冷却期間をおきたくなったのである。

とはいえ、腕時計がないと不便なので(スマホがあれば時間がわかるじゃないか、というのも事実ではあるけれどスマホをポケットから取り出して確認するのが面倒なのです)そろそろ新しい時計を購入しようと考えていた。そこで候補にあがったのが「knot」である。以前から、ここの腕時計は気になっていたのだけれど、当初は通販のみだった(と思う)ので購入を躊躇していた。ところが、ふと立ち寄った仙台LOFTにknotが置かれているのを発見。実物を見てみて「やはり、これはいい」と購入を決めたのだった。

ちょうど7月が誕生日だったので「自分への誕生日プレゼント」という名目で購入しようかと考えていた。すると、連れが「誕生日に、腕時計をプレゼントしてあげる」と切り出してくれた。ずっと腕時計なしで過ごしている様子を見て不憫(?)に思い、プレゼントしてあげようと考えてくれたらしい。これはうれしい。遠慮なく甘えてプレゼントしてもらうことにした。

そんなわけで、knotの腕時計を手に入れることができた。シンプルだけど上品だし、Made in Japanだし、なにより価格が安い。ぱっ、と見た感じでは、今まで使っていた某メーカーの腕時計にも勝るとも劣らない気品とクオリティだと感じた。このような言い方が正しいかどうかはわからないけれど、かなりお値打ち品だと思います。ぜひこの価格とクオリティでがんばって下さい。おすすめしておきます。

ひとつだけ、ベルトのデザインが気になった。これは好みの部分が強いと思うのだけど、もう少しベルトの幅や色味の点などで「何か」が欲しいなあと思ったわけです。おそらく、これからラインナップが増えてくると思うので気に入ったベルトが販売されたなら、付け替えて楽しんでみようかと思っています。

花火大会。

イメージ
花火を見たあと、映画館に寄って「バケモノの子」を観た。なんとなく夏らしい週末だったな、と思った。 


本棚更新。

つまり、佐藤の本棚更新しました。
二十八冊目は 「セロ弾きのゴーシュ 宮澤賢治」です。

http://hondana.wordproject21.com/2015/08/cello.html