2016年2月2日火曜日

読書ブログ「つまり、佐藤の本棚」更新。

三十五冊目は「やまなし 宮澤賢治」です。

小学校低学年のころを思い出して、書いてみました。
僕が小学校の低学年だった時の話。文化祭の時に、宮沢賢治の「やまなし」を演じた学年があった。その舞台を見た僕は、軽い衝撃を受けた。衝撃といっても、舞台の内容そのものにではない。「やまなし」の内容が、まったく意味が理解できないことに衝撃を受けたのだった。

つづき→ 読書ブログ 「やまなし 宮澤賢治」へ