2016年3月2日水曜日

読書ブログ更新

三十六冊目 「微笑 芥川龍之介」

中学三年生の初夏。友人と地元の海へ行くことになった。部活動も引退し、時間と体力をもて余していた僕たちは「受験勉強」という課題はひとまず横において「せっかくの夏なのだから、少しくらい夏らしいことをしておこう」と、海へ遊びに出かけたのだった。

つづき↓
佐藤の読書ブログ 微笑 芥川龍之介