2016年8月2日火曜日

読書の記憶 四十一冊目 「ぐりとぐらの かいすいよく」

幼稚園に通っていたころの話。「ぐりとぐらの かいすいよく」という絵本の中に、 うみぼうず が、ぐりとぐらに泳ぎを見せる場面があった。僕は、この場面がとても好きだった。海の中を自由自在に、そして勢い良く水面に飛び出してくる、うみぼうず の姿がかっこよくて「いつか自分も、あんな風に泳げるようになりたい」「ぐりとぐらも、すぐに泳げるようになったのだから、自分も練習すれば泳げるようになるはず」
宮城県美術館の「ぐりとぐら展」で作品を観ている時に、思い出したことを書いてみました。つづき →  四十一冊目 「ぐりとぐらの かいすいよく