投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

読書ブログ更新 四十二冊目 「槍ヶ岳紀行 芥川龍之介」

教科書に掲載されている「歴史上の人物」には、リアリティを感じなかった。確かにこの世界に存在していたことは理解できる。しかし「その世界」は、今自分達が生活している「この世界」とは、どこか次元が異なっているのではないか。彼らと同じ時間の流れの先に、自分達の世界が続いているとは思えない。そんな感覚があった。

つづきを読む 佐藤の本棚 四十二冊目 「槍ヶ岳紀行 芥川龍之介」