2016年12月1日木曜日

読書ブログ 四十五冊目 「グスコーブドリの伝記 宮沢賢治」

小学六年生。修学旅行へ行った時の話。初日の夜、夕食のあとにミーティングがあった時のこと。その時ぼくは、学級委員をしていたので「今日のまとめ」のようなことを、クラスのみんなの前で話すことになった。話の内容は、もう覚えていない。せいぜい、今日はとてもよかったです、程度のことを適当に話したように思う。

つづきを読む(無料) グスコーブドリの伝記 宮沢賢治