投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

2017年の「松の内」に、考えたこと。

イメージ
年末年始の慌ただしさから一段落。作業机の周辺を整理していたところ、見慣れない大きな茶封筒がクリアファイルの中から出てきました。手に取ってみると、先月兵庫県の商工会議所から依頼を受けて行ったセミナーの、受講生からのアンケートの束でした。

そうか。後で読もうと思って、ここに挟んだまま忘れてしまっていたんだ。今年の年末も気忙しかったからなあ。そんなことを考えながら、直筆のコメントを一枚一枚読んでいると、セミナー当日のことが彷彿としてきました。温かいコメントを読み、セミナーの後に名刺交換をしながら交わした言葉を思い出しながら、ふと「この受講生のみなさんに、お会いすることは、もうないかもしれないんだな」と感じたのでした。

「会うは、別れの始めなり」

私が起業をしてから、15年以上もの時間が過ぎました。その間に、たくさんの方達との出会いがありました。数年以上、ご縁が続いている方もありますが、大部分の方達とは(直接お会いするのは)その一度きりになってしまったことが少なくありません。とくにセミナーのように、一度に多くの方の前でお話しする場合は、なおさらです。

今までは、そのようなことを気にしたことはありませんでした。「縁がある方とは、またいつか会える」そんな風に考えていたように思います。ところが、私も40代半ばを過ぎたせいか、少しずつ「のこされた時間」について考えることが増えてきました。まして、今のようなペースで依頼をこなしていくことは、どんどん難しくなっていくことでしょう。

「会うは、別れの始めなり」

ご縁をいただいた方に、しっかりと向き合っていこう。これが最初で最後になるかもしれない。今、自分にできることを、ていねいに表現していこう。苦手な飛行機にも乗り、できる限り遠くの街まで行ってみよう。新年の気分が残っている松の内に、あらためてそう感じました。

今年は、色々な地域に出かけ、様々な場所でセミナーをする機会が増えていくかもしれません。この文章を読んでいる方とも、どこかでお会いする時がくるかもしれません。その瞬間のために、学び続け、しっかりと準備をし、表現し続ける一年にしたいと考えています。あらためまして、2017年もよろしくお願い致します。みなさまにとって、おおきくすばらしい飛躍の一年になりますように。

書き初め 平成29年

イメージ
今年(2017年)の元旦は、初日の出を拝んだ。人生初の「初日の出」である。もしかしたら、一度くらいはどこかで拝んだことがあるのかもしれないが、覚えていないということは記憶の中に存在していないということなので、今回の初日の出を人生初としておきたいと思う。

そして、せっかく清々しい気分になったということで、午前中に書き初めをすることにした。初日の出と元旦という雰囲気の中で、普段はやらないようなことをやってみたくなったのだった。そこで、連れが用意してくれた筆と墨汁を使って、なんとなく書きたいことを書いてみた。そのひとつが、こちら、


酉年なので「飛」という、何のひねりもない1文字だが、なんとなく右上がりの弾んだ感じに仕上がったのではないかと自分では思っている。素人が調子に乗って思っているだけなので、言い過ぎた部分は見逃していただきたい。
なんとなく筆が進み、水墨画をきどって「それっぽい」ものも描いてみた。タイトルは「山と湖」である。そう思って見ていただくと、右側の線は柔らかな山容を表し、左側の線は豊かな水をたたえた湖に見えてこないだろうか? みなさんのやさしさに期待したい(笑)

今年は、昨年まで継続してきた目標を粘り強く進めつつ、新しいことに「ひとつ」「ふたつ」挑戦する一年にしたいと考えている。とりわけ仕事の面では、時間が許す限り様々な地域にでかけて、講演する時間を増やしていきたいと思う。この文章を読んでいる方と、どこかの街でお目にかかれることを楽しみにしています。今年もよろしくお願いします。

読書ブログ更新「タンタンの冒険旅行 めざすは月」

子供のころ「ぼくがとぶ」を眺める度に「いつか飛行機に乗ってみたい」と思ったものだった。それと同時に「いつか飛行機に乗れる時がくるのだろうか?」とも、思っていた。「飛行機に乗るには、たくさんのお金が必要だし、そもそも飛行機に乗るくらい遠くに行くことなどないかもしれない」と、子供ながらに考えていたのだった。


つづきを読む タンタンの冒険旅行 めざすは月