読書ブログ更新「心理試験 江戸川乱歩」

読書ブログ更新しました。52冊目は、江戸川乱歩「心理試験」です。初めて読んだ時は、物語ではなく現実の記録を読んでいるような気分になって、ドキドキわくわくしたものでした。そんな、子どものころを思い出しながら書いてみました。

子供のころになりたかった職業のひとつが「スパイ」だった。なぜ、この職業に魅力を感じのかというと簡単で、家にあった「スパイのすべて」のような、子供向けの本を読んだからである。
その当時の僕がスパイに抱いていたイメージといえば「暗闇の中で、裏から世の中を動かす」とか「誰にも読めない暗号などを解読し分析する」というものだったと思う。

つづきを読む(無料)。佐藤の本棚「心理試験 江戸川乱歩」 

このブログの人気の投稿

平成最後の「AMAZON サイバーマンデー」

Macは、何年使えるのか?

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。

キーケースを購入する(土屋鞄製造所)