2017年4月13日木曜日

読書ブログ更新「桜の森の満開の下 坂口安吾」


読書ブログ更新しました。五十四冊目 は「桜の森の満開の下 坂口安吾」です。大学生のころに友人と話したことを思い出しながら書きました。
大学生のころの話。二月だったと思う。僕は友人達と車で移動していた。途中で長い並木道を通った。そこは桜で有名な並木道で、春には見事な風景が広がるとのことだった。しかしその時はまだ、冬の色のない桜の木が淡々と並んでいるだけだった。
つづきを読む 読書の記憶 五十四冊目 「桜の森の満開の下 坂口安吾