新しいタイヤを購入する。


六月からタイヤの値段が上がる、という情報を耳にしたので、新しいタイヤを購入することにした。新品のタイヤの溝の深さに、ちょっと感動する。いかに前のタイヤが減っていたのかがわかる。

今回はサービスで「窒素ガス」を入れてもらった。店員さんに「燃費が向上するし、タイヤの寿命も伸びる」というようなことを言われたので、ちょっと期待してみたいと思う。ちなみに体感的なものは、自分のレベルではあまりよくわかりませんでした・・・。

交換後「100キロほど慣らし走行をして、その後チェックしてください」と、いうようなことを言われた。「急発進、急制動等を避けて、80km以下で走行」すればよいそうだ。そして100キロ走行後は増し締めをして確認するように、とのこと。まずは指示通りに、ていねいに走ってみようと思う。

追伸:現在500キロほど走行した。最初は、タイヤの転がり抵抗が少なくなったためブレーキのタイミングに若干戸惑ったりもしたが、最近は慣れた。燃費の方は現段階では3〜4%ほど向上した感じである。この程度だと誤差の範囲? ちなみに自分が交換した店では「窒素ガス」は無料で調整してくれるとのこと。せっかくなので、次回のオイル交換の時にでも確認してもらおうと思う。

追伸2:「窒素ガス」なのだが、旅先でガソリンスタンドに立ち寄った時、サービスで空気圧の確認をしてもらった際に通常の空気で補充をされてしまった。なので「もういいかな」と、それ以降は普通の空気を補充している・・・。

このブログの人気の投稿

平成最後の「AMAZON サイバーマンデー」

Macは、何年使えるのか?

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。

iPhone SEのバッテリーを交換する。