投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

15年前のスニーカー

イメージ
先日、物置の中から古いナイキのスニーカーが出てきた。正確には忘れてしまったけれど、15年以上前に購入したものだと思う。いや、もう少し前かもしれないが、20年は過ぎていないように思う。

全体的に色褪せてはいたものの、まだ履けそうだったし、赤のラインが挿し色になって良い感じに見えたので、ここ一ヶ月ほど休日の時に愛用していた。




ところが、今日の朝に下駄箱を見て異変に気がついた。スニーカーのソールの部分が剥がれてしまっていたのだ。使用していた期間を考えると、このようなダメージが発生する確率が高いことは理解していたのだが、実物を目にするとそれなりに驚いてしまう。



せっかくなので、ソールの裏の部分を観察してみた。なにやら印字されていることに気がついた。この部分はソールを剥がしてみないと目にすることができない部分だから、見られることが目的で印字されているわけではないだろう。なんとなく貴重な部分を目にしたような気になった。

それにしても、ここまで酷使されて、スニーカーはどのように感じていただろう。数年ぶりに太陽の下に引っ張り出されて、気分良く最後の時間を迎えられただろうか。いいかげん、休ませてくれよと思っただろうか。

このスニーカーと一緒に何キロくらい歩いたのか、誰とどこへ行った時に履いていたのか、それはもう忘れてしまった。とりあえず、それなりに長い時間と距離だったことは間違いない。今まで、共に歩いてくれてありがとう。そんなことを考えながら、写真を撮ってここに記録を残してみた。

はじめてのスカイマーク航空。(仙台ー神戸)

イメージ
子供のころ「大人になったら、一度くらいは飛行機に乗れるだろうか」と思っていた。当時の自分には「飛行機=お金持ちが乗るもの」という印象があって、自分のような一般人には利用する機会がない交通手段だと考えていたからだ。

ところが最近では、一般人の自分でも定期的に飛行機を利用できるようになった。LCCや「早割」のような制度を活用すると、新幹線よりも費用を抑えて購入できるようになったからだ。さらにスマートフォンがあれば、予約から支払いの手続きまですべて終えることができる。もしも子供のころの自分にメッセージを伝えることができるならば「大人になれば、乗れるようになるぜ」と、教えてやりたい。行こうと思えば、海外にだって飛べる時代がくるぞ、と。


さて、話を戻そう。
先日、大阪方面へ行くことになった。スマートフォンで航空券を検索したところ「最安値」のところにスカイマークの便が表示されているのを見つけた。調べてみると「平成29年の7月に、仙台ー神戸間の運行が再開」されたのだそう。さらに「いま得」という制度を利用すると、かなり安く購入することができる。神戸からなら大阪へも移動が楽だし、なによりも再開されたばかりのスカイマークに乗ってみたいという興味もあり、利用してみることにした。


今回利用したのは仙台国際空港9:15発の便。実は(と、いうほどのものでもないが)自分は飛行機が苦手である。出発の日程が近づくにつれて「また飛行機に乗るのか・・・」と思ってしまう。定期的に天気予報を確認して、どうかすばらしく安定したフライトになりますように、と願ってしまう。

しかし不思議なもので、空港アクセス線を降りて空港に向かう通路を歩いている時になると「さあ、いこう!」というポジティブな気分になる。開き直って、どんとこい、という感じになってくる。


その勢い(?)のまま、スカイマークの自動発券機へ向かう。コンビニで支払った時に渡されたコードを発券機に読み込ませれば、上の写真のような搭乗券が発券される。あとはそれを持って、搭乗ゲートへ向かうだけである。そして今気がついたのだが、出発時刻と日付が両方とも「9・15」だった。便名も「SKY15」だ。だから何、というわけでもないのだがなんとなく目にとまったので書いてみた。
シートはレカロ製。前後にも窮屈感はなく(筆者の身長は178cm)1時間ほどのフライトならば必要十分…