投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

湯殿山 注連寺へ

イメージ
「即身仏」という修行
小学生の頃、何かの本で「即身仏」について読んだことがあった。書名は忘れてしまったが、即身仏になる過程をイラスト付きで詳しく解説してある本だった。その本を読んだ子供の頃の私には、生きながら仏の道に入る修行とは、あまりにも過酷で現実離れしているように感じられたので「本当に行われていたこと」というよりは「架空の世界の話」だと思っていた。
大人になり、実際に即身仏の苦行は実践されていて、複数の即身仏が寺院に現存しているという話を聞いた時(庄内では6体の即身仏が安置されているとの事)は「一度、拝ませていただこう」というよりは「あまりにも厳格で尊く、近寄りがたい」という気持ちの方が強かった。自分のような俗人は、おいそれと近づいてはいけないのではないか。厳しい修行をされた即身仏に対して、観光気分で気軽に訪れるのは失礼なのではないか、と尻込みしてしまうような感情があったのだった。
ところが今回、偶然に行くことになった湯殿山神社で、偶然に立ち寄った店の方から注連寺で即身仏を拝むことを勧められた。ここまで偶然が重なったのならば、やはりこれはいくべきだろう。そして即身仏の前に座った時、自分はどのようなことを感じるのだろう。そのようなことを考えながら向かうことにした。

注連寺で「恵眼院 鉄門海上人」の即身仏を拝む
結論から書いてしまう。注連寺で対面させていただいた、即身仏「恵眼院 鉄門海上人」のお姿から受けたものは、私が事前に想像していたものとは大きく異なっていた。そこには、前に跪くものを優しく包み込み受け入れるような、温かい雰囲気が漂っている気がした。私のような凡人には計り知れない、大きく高い志と深く広い優しさのようなものが、その姿に現れている印象を受けたのだった。
即身仏という難行苦行の苦しさは、私には想像することすらできない。そして一生、その状況を体験することはないだろう。しかし、その修行を実践し成し遂げた上人が存在する。そして、こんなにも間近で拝むことができる。貴重な体験、というと浅い表現になってしまうけれども、このようなことを考える時間が得られることができてよかった。そう心から感じるひとときでした。






湯殿山 注連寺について
注連寺には、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで「訪れる価値あり」と選出された、天井絵画と鰐口を見学することができる。拝観を申し込むと、お寺の方が一…

湯殿山神社へ参拝する。

出羽三山 湯殿山神社を参拝する。
出羽三山とは、山形にある月山・羽黒山・湯殿山の総称である。三つの山それぞれに神社があり、今までに私(筆者)は、月山と羽黒山には数回参拝したことがあった。
ところが、湯殿山には一度も行ったことがなかった。いや「湯殿山に、行ったことがあるような気になっていた」というのが正確だろう。記憶がごちゃごちゃになってしまっていて、行ったつもりになっていた。そしてそのまま、今日まで過ごしてしまったのだった。
今年の夏休み、色々と事情が重なって予定が大きく変更になった。移動のルートを確認していると途中で「湯殿山」の近くを通ることがわかった。せっかく近くを通るのだから、参拝していこう。そう考えた私はさらに予定を変更して湯殿山へ向かうことにしたのだった。


「語るなかれ」「聞くなかれ」
湯殿山神社は古来より「語るなかれ 聞くなかれ」とされており、詳細を語ることができない神域である。湯殿山神社本宮では、参拝に際して現在でも履き物を脱ぎ、裸足になり、御祓いを受けてからでなければお詣りは許されない。俗世とは切り離された神域である。湯殿山ホームページより)」が現在でも守られている場なのである。

写真撮影禁止はもちろんのこと「語るなかれ」であるわけなので、私もこの記事には詳細を書かないでおく。ただ、実際にお詣りさせていただいた湯殿山神社の神域は「俗世とは切り離された」という表現そのままの場であり「参拝できてよかった」と、しみじみ感じた神社だったということを、個人的な感想としてお伝えしておきたいと思う。

松尾芭蕉 奥の細道「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」
ちなみに、松尾芭蕉はここ湯殿山にて「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」という句を読んでいる。学生の時にこの句を見た時は「湯殿山で温泉に入ったのだろう。その時、お湯がはねて着物の裾を濡らしたのだろう」と、特に深く考えることもなく解釈していた。
ところが今回、湯殿山神社を参拝させていただいて、この句の意味を体感することができた。実際に現地を歩いてみて「ああ、なるほど」と腑に落ちたのだった。これから湯殿山神社に行かれる方は、この句の意味を想像しながら現地へと向かっていただきたい。筆者と同じように「なるほど!」と感じていただけると思う。

湯殿山 注連寺へ
参拝を終えて、バス乗り場の近くにある売店へ行ったところ、店の方から「注連寺は行かれましたか?」…

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

イメージ
Amazon Fire7 タブレット にダイソー300円スピーカーを取り付けてみた先日購入したFire7は、最近ではすっかり「お気に入りのアイテム」のひとつとなった。こちらの記事(アマゾンプライムデーでFire7を購入)にも書いた通り、amazon専用機としてKindle本の読書とmusic unlimited の再生に毎日活躍してもらっている。もちろんwebページを見ることもできるし、アプリを使用することもできるのだけど、やはり「もっさり感」は否めないので、amazon専用機として使うのがベターだと個人的には感じている。
しかし一点だけ、どうしても気になる点があった。そう、タイトルでも察しがつくと思うけれど「モノラルスピーカー」なので、音に不満を感じるようになってきたのだった。最初は「イヤフォンで聴けばいいか」と思っていたのだけど、やはりスピーカーで聴きたいこともある。なので、最初はBluetoothで手頃なものを・・・と探していたところ「ダイソーの300円スピーカーが良い」という情報を目にした。
ほう。ダイソーでスピーカーも売っているんだ。・・・買ってきた。こちらである。





思ったよりもコンパクトで軽い。「スピーカーは重い方が吉」という思い込みのある筆者としては「おもちゃのような音なのかな?」と予想しつつ配線をする。USBで電源を確保して、イヤフォンジャックで接続するタイプなので特に設定などは必要なし。


Fire7に接続した絵はこのような感じになる。ドキドキしながら音を鳴らしてみると「おお、想像していたよりも鳴っている」という印象。さすがに全体的な音質は物足りなく感じるけれど、本体のモノラルスピーカーで聴くよりは確実に情報量も多くなるし、なにせ300円である。これで文句を言ったならばバチがあたるかもしれない。Fire7を買ったけれど、スピーカーが想像していたよりもちょっと、という方は試してみてもよろしいかと思います。とりあえず筆者は壊れるまで使ってみようと思います。


ちなみに、Macのイヤフォンジャックに接続すれば、外部スピーカーとして使用することもできる。画面の左右に置くと、なんとなく強くなったような印象になる、ような気がする。もちろんいうまでもなくiphoneでも使用可である。

まとめると「Fire7を買ったけれど、スピーカーがちょっと」と感じている人には「試す価値あ…