ダイソーの「シミとりマーカー」で、シャツのしみは落ちるのか?

シャツに、シミを発見!

先日、金沢への旅から帰ってきて、着ていた服を洗濯しようとした時に気がついた。シャツに点々とシミがついている。しかも右側前面に、わりと広範囲に付着している。なんだこれは? どこでついたのだろう? 記憶が全然ないぞと思いつつ、驚いていてもシミは消えないので、普通に洗剤を使用し手もみ洗いをしてみることにした。


最初は「手もみ洗いをすれば、落ちるだろう」と考えていた。しかし、洗って乾かしてみても、ごらんの通り。シミが消えるどころか、頑固に残っている。わりと気に入っていたシャツだし、購入してからまだ数回しか着用していなかったので、なんとか落としたい。クリーニングに頼んだ方がいいかな、などと考えながらネットで検索してみると「ダイソーのシミとりマーカーが良い」という情報を見つけた。

よし、またダイソーにお世話になってみて、それでダメなら考えよう。そう考えて、さっそく試してみることにした。

「シミとりマーカー」購入



日中、移動した時にダイソーで「シミとりマーカー」を購入してきた。パッケージに「応急用」と印字されているが、すでに時間が経ったシミでも落ちるのだろうか? とりあえず試してみるしかないので、ざっと説明を読んでから使ってみることにした。


使い方は簡単。シミの部分を水で濡らしてから、そこをマーカーで擦るだけ。本番に移る前に、まずは目立たないところで試すべきだったな、とすぐに気がついたが、始めてしまったので引くわけにもいかないので続行する。加減もよくわからないのだが、なんとなく適当に続行する。迷いながらも続行する。

シミとり作業「完了」



筆者は「几帳面」と思われることも多いのだが、実はけっこうアバウトである。体育会系のノリというか「じゃあ、やってみますか!」と勢いで、どんどん進めていくことも多い。

今回も最初こそ慎重に始めたのだが、だんだんアバウトになり、最後の方ではだいぶ適当に作業してしまった。「何度も繰り返すのは面倒だから」と、必要以上に擦ってしまったような気がする。もしかすると、逆に生地を傷めてしまったかもしれない。しかし、もう後にはひけない。そう、いつも私は、後になってから「やりすぎだ!」と後悔するタイプである。

結果。シミは落ちたのか・・・?

作業を終えて、乾かすこと数分。手揉み洗いで落ちなかったシミを「シミとりマーカー」で落とすことはできたのか? 気になる結果は・・・


落ちている! ごらんの通り、ほとんど跡もなく消すことができた。正直「薄くなって、目立たなくなればOK」程度に考えていたのだが、試してみてよかったという結果になった。シミの原因がわからないので、すべてに有効かどうかはわからないのだが、とりあえず今回の汚れには十分に有効な商品であったことは確認できた。これで、クリーニングに出すこともなく、今日から着ることができる。

知人が「ダイソーがなくなったら、生活のスタイルが激変する。困る」と言っていたけれど、確かにダイソーへ行けば、日常のたいていのことに対応することができる。しかも、そのほとんどが100円(税抜)である。今回も助けていただきました・・・。

関連:ダイソーで買ったもの

こちら→ ダイソーで買ったもの一覧

人気のある記事

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

私の好きなジーンズ「45rpm」その1

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

ダイソーの腕時計(300円)を購入。