投稿

AppleMusicを解約したら、iPhoneの曲が聴けなくなった時の対処法

イメージ
AppleMusicを解約 → iPhoneの曲も削除される 先日、AppleMusicを解約しました。すると、もともとiPhoneに入れていたローカルの曲も再生できなくなったのです。解約すると、AppleMusicの曲が聴けなくなる(削除される)のは理解できる。しかし、もともと入れていたローカルの曲も聴けなくなるのは、おかしい。
ちょっと調べてみました。するとAppleMusicを契約した時に、iPhoneにあった元々の曲(ややこしいので以下ローカルの曲)もiCloudミュージックライブラリに同期されていたことがわかりました。AppleMusicを解約すると、iCloudミュージックライブラリが利用できなくなるので、iCloudミュージックライブラリの中にあるローカルの曲も利用できなくなっていたのです。
※ちょっとややこしいですね。しかし詳しく説明を試みても、私の説明ではさらにややこしくなる可能性があるので、ざっくりと先に進みます。
ITunesから、ローカルの曲が同期できない それならば、MacのiTunesの中に入っているローカルの曲とiPhoneを同期させればいいのではないか? さっそくiTunesを立ち上げてiPhoneと曲を同期させようとすると・・・「iCloudミュージックライブラリはオンです」と表示され、ローカルの曲と同期できない状況に。
AppleMusicを解約したら、iCloudミュージックライブラリも自動的にオフになると思い込んでいたのですが、どうやら設定の変更が必要なようです。でもまあ「iCloudミュージックライブラリをオフ」にするだけなので簡単と思いきや・・・・
いくつか設定を見てみたのですが「iCloudミュージックライブラリをオフ」にする方法がわかりませんでした。検索して見つけた「ここのボタンをオフにする」という情報ところに、そのボタンが表示されていなかったのです。どうすれば「iCloudミュージックライブラリをオフにできるのか?」さらに検索します。
iPhoneから「iCloudミュージックをオフ」にすればいい iPhoneから「iCloudミュージックライブラリ」をオフにできるという情報を見つけました。さっそく試してみます。「設定 → ミュージック」と進むと「iCloudミュージック」という項目があります。
こちらをオフにす…

Kindle本を、間違って購入してしまった。返品手続きは?

イメージ
まちがって「今すぐ購入」のボタンを押してしまう!
先日の深夜に、Fire7でKindle本を読んでいた時の事だった。「おすすめ」のページに表示されていた本を見ていた時、手が滑り本体を支えようとした際に「今すぐ購入」のボタンをタップしてしまった。

あわててキャンセルしようと思ったのだが、すでに購入した本のダウンロードが開始されている。正直、購入してまで読みたい本ではなかった。しかし手が滑ったとはいえ、購入ボタンを押してしまったのは事実である。諦めるしかないかな・・・と思っていた(注・いつもは「謝って購入してしまいましたか?」というようなメッセージが表示されていたように思う。しかしこの時は、その表示が見当たらなかった。あわてて消してしまったのか、別のところをタップしてしまったのかは、今となってはわからない)

しかし、何も調べないでそのままにしておくのは残念な気がしたので、キャンセル方法を調べて実行してみることにした。結論から書くと、簡単にキャンセルできたので、以下、方法をメモしておく。

(補足)自分の場合は、Fire7ではなく、Macからamazonにログインして手続きを開始した。ダウンロードされたKindle本は一度も開かず「未読」の状態である。

Amazonのページから「お問い合わせ」開始
1)ヘルプ&カスタマーサービスのページから「アカウントサービス」→「お問い合わせ方法」のページへ進む。

2)重要「お問い合わせフォーム」のボタンがあるので、タップ。



3)問い合わせしたい商品が表示されるので、それを選択。「お問い合わせ内容の選択」→「お問い合わせ方法の選択」と、順番に進む。

自分の場合は深夜だったので「チャット」を選択した。「平均待ち時間 1分未満」と表示されていたが、実際にはすぐにウィンドウが立ち上がりチャットが始まった。

間違って購入してしまったことを入力すると、担当の方が調べて該当する書名を提示してくれるので、そのままキャンセルの手続きをお願いし終了。たぶん5分もかからなかったと思う。確認のためにFire7を見てみると、ダウンロードされていた本が削除されていた。即座に反映されるんだな、と感心する。返金処理完了後、メールでお知らせしてもらえるとのことなので、あとはメールを待つだけである。


便利だからこそ、注意も必要 正確に数えたことはないのだが、今までに1…

ダイソーの「シミとりマーカー」で、シャツのしみは落ちるのか?

イメージ
シャツに、シミを発見! 先日、金沢への旅から帰ってきて、着ていた服を洗濯しようとした時に気がついた。シャツに点々とシミがついている。しかも右側前面に、わりと広範囲に付着している。なんだこれは? どこでついたのだろう? 記憶が全然ないぞと思いつつ、驚いていてもシミは消えないので、普通に洗剤を使用し手もみ洗いをしてみることにした。

最初は「手もみ洗いをすれば、落ちるだろう」と考えていた。しかし、洗って乾かしてみても、ごらんの通り。シミが消えるどころか、頑固に残っている。わりと気に入っていたシャツだし、購入してからまだ数回しか着用していなかったので、なんとか落としたい。クリーニングに頼んだ方がいいかな、などと考えながらネットで検索してみると「ダイソーのシミとりマーカーが良い」という情報を見つけた。
よし、またダイソーにお世話になってみて、それでダメなら考えよう。そう考えて、さっそく試してみることにした。
「シミとりマーカー」購入

日中、移動した時にダイソーで「シミとりマーカー」を購入してきた。パッケージに「応急用」と印字されているが、すでに時間が経ったシミでも落ちるのだろうか? とりあえず試してみるしかないので、ざっと説明を読んでから使ってみることにした。

使い方は簡単。シミの部分を水で濡らしてから、そこをマーカーで擦るだけ。本番に移る前に、まずは目立たないところで試すべきだったな、とすぐに気がついたが、始めてしまったので引くわけにもいかないので続行する。加減もよくわからないのだが、なんとなく適当に続行する。迷いながらも続行する。
シミとり作業「完了」

筆者は「几帳面」と思われることも多いのだが、実はけっこうアバウトである。体育会系のノリというか「じゃあ、やってみますか!」と勢いで、どんどん進めていくことも多い。
今回も最初こそ慎重に始めたのだが、だんだんアバウトになり、最後の方ではだいぶ適当に作業してしまった。「何度も繰り返すのは面倒だから」と、必要以上に擦ってしまったような気がする。もしかすると、逆に生地を傷めてしまったかもしれない。しかし、もう後にはひけない。そう、いつも私は、後になってから「やりすぎだ!」と後悔するタイプである。
結果。シミは落ちたのか・・・? 作業を終えて、乾かすこと数分。手揉み洗いで落ちなかったシミを「シミとりマーカー」で落とすことはできた…

最終回(高速バスで仙台→金沢への旅 No.17)

イメージ
さらば、金沢
21世紀美術館で、今回の金沢旅の日程は終了となった。私たちはバスに乗り金沢駅へと向かった。冷たい雨が強目の風と共に降り続いていた。帰りの高速バス出発の時間までは、4時間ほど時間が空いていた。4時間と言えばけっこうな時間である。2時間の映画ならば2本見ることができるし、サッカーの試合ならば(延長がない場合)2試合ほど見ることができる。当初は、歩ける範囲を散策してみる予定だったのだが、この雨と風では難しいと判断し、駅ビルで出発までの時間を過ごすことにした。

4時間もあるなんて、意外と持て余すかと思ったのだが、駅ビルでお土産を買ったり雑貨を眺めたり、食事をしたり、荷物を整理などしているうちに時間が過ぎていった。連れは、ギリギリまで会社の人へのお土産を探していた。旅に出るたびに、結構な量のお土産を買っているので「会社の人達も、そんなにお土産を買ってくるの」と聞いてみた。すると「買ってくる人は買ってくるけれども、買ってこない人は買ってこない」とのこと。「ちなみに、一番買ってくる人はだれ?」と聞くと、すこし考えてから「自分かもしれない」と答えていた。まあそうだろうな、と思った。

スマホが、突然不調に そんなことを話しながら、スマートフォンで撮影した写真を整理していると、突然調子が悪くなった。メッセージを送ろうとしても送信されないし、FaceTimeを起動しても使用することができない。全体的に動作がもっさりとして「何かちょっとおかしいな」という気配がした。

高速バスに乗車する時は「申し込み確認のメール」を見せなければいけないから、もしスマホが起動しなくなったら面倒なことになるな、と思った。今はスマホが一台あれば、旅先でも困ることがない。しかしそれは、スマホが故障してしまえば、一気に身動きが出来なくなるということでもある。あと数時間、バスに乗車するまでは動いてくれよ、と思いながら、メッセージを送ったりアプリを立ち上げたりしてみる。やはり動作がおかしい。再起動しても、エラーになって先に進めない。

とりあえずカメラは正常に動作していたので、金沢で最後の記念写真を撮った。駅に設置されていた「ひゃくまんさん」である。


バス乗り場へ移動、そして出発 そうこうしているうちに、高速バスの出発時刻になったので、指定のバス乗り場へ向かった。バスは定刻通りにやってきた。列に並び、スマホ…

金沢21世紀美術館へ(高速バスで仙台→金沢への旅 No.16)

イメージ
旅先での雷雨は、試練にも等しいひがし茶屋街のバス停に到着した時点で、かなり強い雨脚になっていた。そして急速に肌寒くなってきた。自分は、移動をする時にできるだけ荷物を持たないようにしている。その時も、荷物はコインロッカーに預けていたので、羽織るものを持っていなかった。まさか、ここまで急変するとは思わなかった、と嘆いてみても誰かが届けてくれるわけでもなし、なんとか最後まで乗り切ろうと思う。
次に向かうは、金沢21世紀美術館。この空模様だと、屋外を歩くのは厳しいが、屋内ならば大丈夫だろうと考えたのだ。しかし、昨日は入館を諦めるほどの長蛇の列だった。雨が降ったことで、自分たちと同じように予定を変更して美術館へ行く人も多いのではないだろうか。少々不安を抱えつつも、まずはバスで向かってみることにする。

石浦神社へ参拝する

バスを降りる。「令和」とダイナミックな金色の書が目にとまる。引き寄せられるように鳥居をくぐる。石浦神社のご由緒は公式ホームページによると「金沢最古の宮」であるとのこと。ああ、こちらが金沢で一番古いお宮だったのだ。謹んで参拝させていただくことにする。

参拝後、連れが「御朱印をいただきたい」というので、雨の寒さが少々辛くなり始めていた自分は、一足先に道路向かいの美術館へ移動した。雨脚は強まりはしないが、弱まってもいない。残りの時間は、このまま雨になりそうだ。

金沢21世紀美術館 ふたたび 美術館へ到着し、まずはチケット売り場へと向かう。チケットを購入するために並んでいる人は、数人しかいない。よかった。これならスムーズに鑑賞できそうだ。繰り返しになるが、今回の旅はだいぶタイミングがいい。到着早々、白山比咩神社に参拝させていただいたので、そのご利益かな、と都合のいいことを考える。
金沢21世紀美術館は「21世紀」とあるように、現代アートの美術館である。今年で15周年という新しい施設だ。個人的に「現代アート」の作品は「あたり はずれ」が大きいように感じている。この場合の「あたり はずれ」とは「正解 不正解」の意味でも「芸術的価値の高低」でもなく(そもそも筆者は、現代アートの芸術的な価値を判断できるほどの、感性も知識も持ち合わせていない)「個人的に、ツボにはまるかどうか」ということである。
以前訪問した「十和田市現代美術館」では「これは!」という作品にであることができた…

金沢城から、ひがし茶屋街へ(高速バスで仙台→金沢への旅 No.15)

イメージ
金沢城へ
兼六園の道路を挟んで向かい側に、金沢城がある。まさに「お向かい」という位置なので、観光するには便利である。当初は、兼六園のあとに立ち寄ってみようかと考えていた。ところが、石川門のところで横を歩いていた上品なご婦人が「ここは、無料のところだけでいいわよね」と話しているのが聞こえてきた。その言葉を耳にした途端、自分も無料のところだけでいいかな、と思ってしまった。

結局、無料の区間を軽く散策してから、次の目的地「ひがし茶屋街」へ移動することにした。雨が降らないうちに、もう一度ひがし茶屋街を歩いてみたいと思っていたので、そちらを優先することにした。

円長寺さんで、御輪堂を回す 昨日、ひがし茶屋街を歩いた時は、場所によってはまっすぐ歩けないほどの混雑だった。今日は、もう少し空いているような予感がしたので、もう一度行ってみることにしたのだった。結論から書くと、昨日の混雑が嘘のように、歩いている人の姿は半分以下になっていた。いや三分の一かもしれない。これならゆったりと散策できそうだ。

バスを降りて歩いていると、ふと魅了される風情のお寺が目にとまった。円長寺さんだった。昨日はあまりの混雑に気がつかなかったのだ。拝見させていただくことにする。円長寺さんの敷地内には「御輪堂」が建てられている。こちらに設置されている書架(仏教の経典が納められているのだそう)は回転式になっていて、書架を回すとお経を読んだのと同じ効果があるのだそう。



「ゆっくり回してね 写真もOK アップロードもOK」と張り紙があったので、謹んでキュルキュルと回させていただいた。一人では重くずっしりと感じたので、途中から連れと二人で力をこめてゆっくりと回させていただいた。そして「アップロードもOK」のお言葉にしたがって、こちらにアップさせていただいた。ありがとうございました。

本日、ひがし茶屋街へ来なければ、円長寺さんを訪問させていただくことなく、御輪堂を回すことなく、仙台へ帰るところだった。これだけでも、再訪した価値がありました。ありがとうございました。

ひがし茶屋街 ふたたび 円長寺さんを出て、ひがし茶屋街へ向かう。やはり人の姿は、昨日とは桁違いに少なくなっている。昨日は写真を撮ろうとすると、後ろからくる人にぶつかりそうになって恐縮してしまったが、今日は立ち止まり放題である。


町家の軒下を、ツバメが飛び交う…

特別名勝 兼六園へ(高速バスで仙台→金沢への旅 No.14)

イメージ
文化財指定庭園 特別名勝 兼六園へ 兼六園は、金沢について調べた時「おすすめの場所」として、ほとんどの観光案内に大きく取り上げられている観光スポットである。しかし今回自分は「兼六園は天気が良ければ行きたいけれど、天気が悪ければどうしようかな」と、考えていた。春の冷たい雨に降られながら庭園を回るのは、ちょっと遠慮したいと感じていたのだった。絵に描いたような軟弱さである。

食事を終えた時点で、小雨が降り始めていた。天気予報では午後から「強めの雨」だったので、少し怪しい様相である。今くらいの雨模様ならば大丈夫そうだけど、これより強くなったならばどうだろう。そんなことを考えながら、しばしバスに揺られ兼六園に到着した。


結論から書いてしまおう。予想以上に、魅了されている自分がいた。自分は日本庭園には詳しくないのだが、それでも「ああ、この方向から見ると様々な要素が見事に配置されている」と素人ながらに感じる風景が、至る所に存在した。雨が降りそうなくらいで、断念しないでよかった。

天気予報通り、兼六園に到着した頃から雨が落ち始めた。春の冷たい雨、というよりは、静けさを感じる雨だった。私たちは、途中で購入してきた100円の傘をさして歩いた。水面にできる波紋が綺麗だった。



日本三名園「偕楽園」の思い出偕楽園後楽園、そしてここ兼六園を総称して「日本三名園」と呼ぶらしい。自分は小学五年生の時に、偕楽園へ行ったことがある。しかし全くと言っていいほど、その当時の記憶がない。お土産やさんで、ガマの油が売られていて、友人がそれを買っていた記憶だけが、ぼんやりと残っている。わりと小さな容器に入っていて「これ、使ったらすぐになくなりそうだね」「貴重だから、もったいないな」などと話したような気がする。せっかく、偕楽園へ行ったとしても残った記憶が「ガマの油」というのは、我ながら苦笑いするしかないが、小学生ならば仕方がないとも思う。
今回、兼六園にやってきたので、後楽園へ行けば日本三名園すべてを訪問したことになる。後楽園のある岡山へは、まだ一度も行ったことがないので「いつか行ってみたいリスト」に登録しておこうと思う。後楽園へ行くことができたなら、あらためて偕楽園を再訪してガマの油以外の思い出を作ってみたいと思う。 日本最古の「噴水」 兼六園をぐるりと回り、まもなく一周というあたりで雨が弱まってきた。なん…