投稿

モモ(ミヒャエル・エンデ)あらすじ解説動画

イメージ
児童文学の名著 モモ(ミヒャエル・エンデ著)あらすじ解説動画を公開中です。子供の頃に読んで、もう一度読み返したいと考えている人も、はじめて読む人も、お子さんと一緒に読んでみようと考えている人も、ぜひご覧ください。読書を楽しむ「きっかけ」にしていただけたら、さいわいです。
・内容「モモ(第2部)までのあらすじ解説」「表紙(岩波文庫 ハードカバー版)を読み解いてみる」他

21分50秒の動画です。あとですぐに確認できるように「チャンネル登録」もお忘れなく。チャンネル登録(無料)はこちら→ 「佐藤ゼミ

銀河鉄道の夜(宮澤賢治)あらすじ解説動画を公開中

イメージ
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」解説動画を公開しました。 前半は「銀河鉄道の夜のあらすじ」を解説。後半は「物語を楽しむヒント」を解説しています。 
内容:  ・登場人物の解説  ・銀河鉄道の夜は、3つの場面で構成されている  1)最初の場面のあらすじ解説  2)銀河の場面のあらすじ解説  3)最後の場面のあらすじ解説  ・「牛乳」をキーワードに「銀河鉄道の夜」を読み込んでみる  ・銀河鉄道の夜は「幻想世界(ファンタジー)」の話ではない?? ・作者・宮沢賢治が「表現したかったこと」を想像してみる 他 
ひさしぶりに文学作品を読んでみたい社会人の方も、人生について考えてみたい人も、子供にちょっと解説してみたいお父さんも、読書を楽しむきっかけにしてもらえたら幸いです。

iPhoneSE2に保護フィルムを(ダイソーで購入)

イメージ
iPhoneSE2に、保護フィルムを貼ろう新しいiPhoneを購入して、まっさきにやることのひとつが「保護フィルム」を貼ることだろう。強化ガラスを使用しているので、そうそう傷はつかないと言われても、やはり気になってしまうもの。できるだけ早い段階で貼っておきたい。
以前、キャリアで機種変更をしていた時は、店頭でおすすめされた保護フィルムを購入したりしていた。しかし、専用の保護フィルムは1000円前後である。ダイソーなどの百均では100円(税別)で購入することができる。それならば、100円で購入したものを、定期的に交換すればいいのではないか? 
100円×10枚 = 1000円 なので、お得な気がする。実際には性能などを考慮すると、最初から1000円のものを購入した方がいいかもしれないが、とりあえず初期投資を抑えられるのはありがたい。
と、いうことで、今回は百均で保護フィルムを購入して、新しいiPhoneSE2に貼ってみることにした。結論からいうと、今回は百均で販売されていた4枚の保護フィルムを購入することになった。色々試すために4枚購入したのではなく、試行錯誤を行った結果4枚も購入することになったのである。しかも、最終的に「あまりよくない」という結果に終わってしまった。なので、これから購入する人のために、筆者の個人的な失敗談を書いてみたいので参考にしていただきたい。
保護フィルムは「透明度」で選びたい個人的に、保護フィルムを選ぶ時の基準のひとつが「透明度」である。ブルーライトカット仕様のものだと、色がついていたり透明度が落ちたりするので、曇ったガラス越しに見るような感じになってしまうフィルムもあるので注意が必要だ。
今回、最初に購入した2枚のフィルムは「透明度」が想像以上に落ちていて、画面が綺麗に見えなかった。ブルーライトカットの仕様になので、それを優先する人には良いと思うのだが、筆者には「濁っている」ように感じられたので2日ほど使ってみて止めてしまった。

左側が、ガラスフィルム。ほぼクリア。右側が、ブルーライトカット仕様の保護フィルム(樹脂製)。このように並べて比較してみると、透明度の差がおわかりいただけるかと思う。確かにブルーライトはカットしたいが、ここまで透明度が落ちてしまうと悩んでしまう。
一応「他の保護フィルムならば、ここまで透明度が落ちないのでは?」とも思い、別のフィ…

zoff 100% made in Japan を購入

イメージ
zoff のメガネ(made in Japan)Zoffであたらしいメガネを買うことにした。今使っているメガネだと、目が疲れやすくなってきたので、作業用の「少し度を下げたメガネ」が欲しくなったからだ。店舗で眺めているうちに、あるメガネが目にとまった。ものすごく細く、そして繊細で、軽い。なんとなく他のメガネとは雰囲気が異なっているように感じた。店員さんに聞いてみると「100% made in Japan」というシリーズで、すべて日本で作られているとのこと。
ただ、鼻の部分と耳にかかる部分が特徴的な形状をしているので、確認が必要ということだった。たしかに、鼻パッドがないので安定感が気になるし、なによりも耳にかかる部分(テンプル)が耳に巻き込むような形状なので、少し癖があるように感じられた。
説明を聞いてから、ひととおり他のメガネも見てみたのだが、すでに自分の中では、このメガネにしようと決まっていた。デザインとコンセプト(100% made in Japan)が気に入っていたので、多少癖があったとしてもそれ以上の魅力を感じていたからだ。そして、第一印象で決めていた通り、そのままこのメガネを購入することにした。
「100% made in Japan」は鯖江製自宅に戻ってから、あらためてZoffのサイトをのぞいてみた。「100% made in Japan」シリーズの特設ページがあった。読んでみると、このフレームは「鯖江」で作られていたことを知った。なるほど、鯖江のフレームなら間違いない。そして鯖江のフレームのメガネが、zoffのお手頃価格で手に入るのは、お得である。買ってよかったとしみじみする。


実際に使ってみると、鼻の部分は気にならなかった。フィット感があるので、動いてもずり落ちたりしない。テンプルの部分は、とりはずしの時にやや抵抗があったが、使っているうちに慣れてきた。そしてなによりも、今まで使ってきたメガネの中では最軽量なので、重さの負担が少ない。


素材はチタン。もっとも細い部分は「髪の毛の細さ」と、いっても大げさではないような細さ(0.75mm!)「こんな針金のような素材で大丈夫か?」と心配になるくらいだ(見た目は細いが、かなりの強度としなやかさがあるので、普通に使う分には心配は必要ないとのこと)そして、気になったのが、この細いフレームに印字された「ZOFF」のロゴ。もは…

何歳になっても「伸びていく人」「伸び悩む人」の違いとは?【起業家の教え】

イメージ
「伸びていく人」「伸び悩む人」の違いとは?
「トーク力を身に付けたい」と考えている人に「確かにトーク力も重要です。ただ、あなたの場合は文章力を身につけた方がいいですよ。一見遠回りに見えますが、その方が伸びると思います」とアドバイスをして「なるほど、では文章力から鍛えてみます」と実行できる人は、まちがいなく伸びます。
たいていの人は実行できません。「オレは文章力ではなく、トーク力を磨いた方がいいはず」と考えを変えることができずに「あの先生はダメだ」と批判を始めます。そして「言い方がイヤ」「オレの方が歳上なのに、話し方が上から目線」「服装のセンスが悪い」などと、関係のない部分までも批判して「自分は間違っていない」という理由を集め始めます。
そして別の先生のところへ行く。最初はなんとなくよかったものの「あなたは文章力を身につけた方がいいですよ」と、同じ指摘をされる。批判を始める。そこをやめて先生を探す。このようなサイクルを繰り返してしまうのです。
先生と生徒の「気持ちのよいサイクル」これは極端な例ですが、もしかすると、同じような体験をしている方もいらっしゃるかもしれません。なぜ、そのようなことがわかるかというと、私は20年以上教育の現場で仕事をしてきたので、伸びる生徒と伸びない生徒の特徴がわかるからです。
伸びる生徒は「やってみます」と、演習を積み重ねます。半年後には一定の演習量を積み重ね、スキルアップを実現します。適切な指導ができる先生ならば、生徒の伸び具合に合わせて次の課題を提示したり、もっと才能を伸ばすために他の先生を紹介してくれたりするでしょう。たとえそこを離れたとしても互いに感謝の気持ちはつづくし「気持ちのよいサイクル」が生まれていくのです。
学生時代の「学習体験」にヒントありこのような記事を読んで「何か、気になる」ことを感じた方は、学生時代のことを思い出してみてください。中学生・高校生の頃を振り返り「成績が伸びた時、伸びなかった時」を思い返してみると、伸びた時は先生の指導を素直に実行していたし、伸びなかった時は「あの先生はダメだ」と批判を繰り返していたと思います。
(もちろん、間違った指導方法の先生もいるので客観的な判断は必要です。私も、学生時代は先生によく殴られました。あれは指導ではなく、個人的な感情を優先しただけだと思う。学生時代は先生を選べないので厳しいですね。先生…

iPhone SE2に、ワイヤレス充電器を

イメージ
iPhone SE2に、ワイヤレス充電器
iPhone SE2はワイヤレス充電に対応している。試してみたいと思ったものの、充電器は別途購入しなければならない。ネットで検索してみると、500円台から数千円のものまである。500円は魅力だが、すぐに使えなくなっても困るので迷っていたところ、ネットに手頃なものが出品されていたので、それを購入してみることにした。


今回手に入れたのは、RAVPOWERのワイヤレス充電器。ACアダプタもセットになっていた。本体は思っていたよりも小さく軽い。これならテーブルの横に置いておいても、さほど邪魔にならないだろう。


写真のように、本体の上にiPhoneを載せると充電が始まった。とくに設定する必要もなく、ただ置くだけだった。ちなみに筆者はRingkeのクリアケースを使っているのだが、ケースをつけたままでも問題なく充電することができた。

裏返しにしても充電できるのだろうか、と思いひっくり返してみたが充電は始まらなかった。間違って、こちらを上にして置かないように注意しよう。
今までは、充電の度にケーブルに接続するのが面倒に感じていた。ワイヤレスだと、ただ置くだけなので楽に充電ができるのは便利に感じる。まだ数日しか使っていないのだが、今のところは「買ってよかった」と思っている。これからしばらく使ってみて、何か気になる部分が見つかったならば追記してみたいと思う。

(追記)数週間使ってみた感想を追記。「ワイヤレス充電器は熱くなる」という情報を目にしていたので気になっていたのだが、確かに熱くなる。そこまで気になるほどではないのだが、最近は冷却ファンがついているワイヤレス充電器もあるので、試してみるのもいいかもしれない。
時々、中心をはずれてしまって充電できていない時があった。家を出る時に「充電されていない!」という状態を確認するのは、なかなかの衝撃なので注意したい。
iPhone関連記事Apple Storeで、iPhoneSE2を購入 iPhoneSEとSE2の「重さ」が気になった。 iPhoneSE2は、買いか?待ちか? iPhoneSE2に保護フィルムを
AppleMusicを解約したら、iPhoneの曲が消去された
iPhone SEのバッテリーを交換
iPhoneのリンゴループから、復活した時の手順。
iPhone SEを予約する

スマートフォンにストラップを
iPhone…

iPhoneSE(初代)と、iPhone SE2(シムフリー)の重さが気になった

イメージ
iPhoneSE(初代)からiPhoneSE2へ機種変更先日、iPhoneSE(初代)から、iPhoneSE2へ機種変更した。AppleStoreで注文して、ワイモバイルのSIMを入れて使っている(関連記事はこちら)。iPhoneSE2は3色(黒 白 赤)の展開なのだが、特に深く考えず「連れのiPhoneが黒だから、自分は白にしよう」という感じで決めた。
実際に届いたiPhoneSE2のホワイトは、想像していた以上に上品な佇まいだった、派手すぎず、かといって、粗雑でもない。なんとなく「時間にゆとりのあるマダム」が使っていそうな雰囲気だったので、輩である自分には「少し合わないかな」と思ったりもしたのだが、別にそんなことを気にする人もいないと思うので、とりあえず大切に使おうと思う。
iPhoneSE2の背面はアップルのロゴマークが中央に置かれているだけで、文字表記などは排除されている。非常にシンプルなデザインだ。全体的な質感と合わせて、個人的に気に入っている。


そして、数週間ほど使ってみて気になった点がある。それは「サイズ」と「重さ」である。最初に手にした段階で「思ったよりも大きい&重い」と感じていた。しかし同時に「すぐに慣れるだろう」とも思っていた。
しかし、自宅に帰ってきてiPhoneSE(初代)を手にとってみると、その軽さとコンパクトさに「こんなに軽くてコンパクトだったのか!」と驚いてしまう。シンプルに「こちらの方が使いやすい」と感じてしまう。
重量差35g  → 500円玉5枚分サイズと重さを比較すると、 iPhoneSE(初代) 4インチ 113g iPhoneSE2               4.7インチ  148g
である。重量差「35g」 え? たった35g? と数値でみると、そこまで差はないように感じるのだが、持ち替えてみるとiPhoneSE2の方が「ズシリ」とくる感じがある。500円硬貨が1枚7gなので「35g = 500円玉5枚分」になるので、機種変更を考えている方は、iPhoneSE(初代)の画面に500円玉を5枚並べて持ってみていただきたい。意外重く感じると思う。

iPhoneSE(初代)が、個人的にベストサイズ!?自分は、外にいる時はゲームや動画の閲覧をすることは、ほとんどない。そこまで大きな画面は必要ないので(もちろん、大きいにこしたことはない)iPho…