2018年4月17日火曜日

佐藤の本棚「69冊目」更新



私の「佐藤の本棚」も、ようやく69冊目を更新することができました。目標の100冊まで、のこり31冊。後半戦へとさしかかってきました。

このあたりから、80冊後半くらいまでがキツそうですけれど、急な坂が続きそうですけれども、勢いをつけて登り切ってみたいと思います。年内に100冊の壁を乗り越えられるか? いや、厳しいかな? と思いつつも淡々と足を進めていきたい。と、思っております。

69冊目は はじめてのおつかい 林明子」です。

今までに公開した作品一覧は、こちらです。

2018年4月15日日曜日

格安のドライブレコーダーを購入してみる。

格安ドライブレコーダーを購入してみる。


車にドライブレコーダーを設置することにした。知り合いが「もらい事故」をした時に「ドライブレコーダーはあったほうがいい」と、実感を込めて話していたのを聞き、そうか事故は自分に過失がある場合だけでなく、もらい事故もあるわけだから必要だよなと思っていたのである。

しかしながらドライブレコーダーといっても値段はかなり幅がある。オイル交換の際にカー用品で眺めてみた時には、おおむね1万円後半から3万円前後のものが主流のようだった。確かに必要だけれども、まだ急がなくてもいいかな、と思いつつ先延ばしにしていたのだった。

ところが、先日Amazonを見ていたところ、3千円以下で買えるドライブレコーダーを発見した。3千円以下? いくらなんでも安すぎないだろうか? 大丈夫なのか? と思いつつも、レビューを見ると 動作しているようなので「どうせ購入するなら、しっかりとしたものを」と先延ばしにするよりは「とりあえず買ってみよう」と勢いで注文してしまった。好奇心60%:実用40%といったところである。


今回購入したのはこちら↑ 注文してから数日で商品が届いた。開けてみると、思っていたよりもコンパクトで軽い。さっそく取り付けてみることにする。

ちなみに映像を記録するにはSDカードが必要になる。今回のドライブレコーダーには付属していなかったので、別に購入していた16 GBのカードを使用した。このSDカードは千円くらいだったから、ドライブレコーダー本体とSDカードで合計4千円以内で購入できたということになる。安い。本体にカードを装着して、フォーマットを済ませてから車に取り付けることにする。


ドライブレコーダーを取り付けてみる


今回購入したドライブレコーダーの取り付けは、いたって簡単。ただ吸盤でガラスに貼り付けるだけ。そこからコードを這わせてシガーソケットから電源を取るだけである。特に特別な技術もいらない。少し工夫をすれば、うまい具合にコード隠しながら処理することもできるだろう。自分の場合は両面テープを使ったりして、ある程度邪魔ならないようにまとめて貼り付けておいた。概ね15分もあれば設置完了だ。

エンジンをかけると自動的にスイッチが入って録画が始まる。いつものように運転をして、帰宅してからパソコンに本体を接続して動画ファイルを確認してみた。

うん確かに「最高にクリア!」と言うわけではないけれども、最低限情報は写っているという印象である。画角は、もう少し広い方が良さそうな気もするが「ドライブレコーダーがないよりは、設置しておいた方がいい」という点からも購入して良かったと感じた。あとは耐久性だろうけど、それは使ってみないとなんともいえない。が、しかし、値段から考えても一年使用できれば、まあよし、と考えている。


ドライブレコーダーを取り付ける意味


今後、ドライブレコーダーは必須のアイテムになるのではないだろうか。トラブルの防止ということもあるし、同時に「自分の運転が録画されている」ということで「安全運転!」の意識も芽生えるのではないかと考えるからだ。監視される、というよりは、自分の運転を客観的に眺めるという意味でも、ドライブレコーダーは意味のあるアイテムではないかと思う。


2018年4月4日水曜日

Bloggerが、カスタムドメインもHTTPS使用可能に。

全く気がついていませんでした。どうやらBloggerのカスタムドメインもHTTPSの使用が可能になっていたようです。昨日、なんとなく「設定」の項目を確認していて気がつきました。いやあ、気がついてよかったです。何か通知などは届いていたのだろうか? 見落としてしまっていたのかな?

さて、それはともかく、今、あなたにご覧いただいているこのブログ「人生を長い旅と考えるなら」にも、ちゃんと鍵のマークが表示されていると思います(されてますよね?)


今までは、独自ドメインはHTTPSが使用できなかったので「ゆくゆくは、他のブログに移転した方がいいのだろうか?」などと考えたこともあったのですが、これで他に移る理由がなくなりました。一安心です。

ちなみにHTTPSを使用するには「設定」→「基本」のページにある「HTTPSの使用」という項目を「はい」にして、しばらく待つだけです。自分の場合は「はい」にしてから1時間ほど待ってアクセスしてみたところ、無事に反映されていました。

反映を確認したならば「HTTPSリダイレクト」も「はい」に変更することができます。「HTTPSリダイレクトって何?」と気になった方は・・・まあ、調べてみてください(←実はよくわかっていない)。

たぶん、http://satotaka.reword21.com/  にアクセスしても https://satotaka.reword21.com/ にリダイレクトされるシステムだと思います。小さい文字で書いているのは、たぶん、そうだろうという推測だからです。

自分の場合は「はい」にしておきました。それにしても、全く気がつかずに素通りしてしまうところでしたが、無事に変更することができてよかったです。自分と同じように、Bloggerでカスタムドメインを使用している人は、確認してみてください。

2018年3月6日火曜日

uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)

UNIQLOセルビッジジーンズを、育ててみた(最終回)


今年も三月が来た。三月になってふと、そういえば毎年この時期に記録していたことがあったな、と感じた。何だろう? 何かしら重要な記録だったような気がしていたのだが・・・と、しばし考える。「そうだ、Uniqloジーンズの色落ち写真を撮っていたのだ」と、思い出した時の微妙な脱力感。特に重要なわけでもなく、もはや誰も期待していないと思うのだが、せっかく思い出したので撮影しておくことにした。

uniqloジーンズ

そして、こちらが三年目のUniqloジーンズの写真である。ごらんの通り、昨年の状態よりも全体的に青みが増し、少し皺が増えた。そう、ただそれだけである。劇的な変化は特に見受けられない。普通に履いて(月に5〜6回)普通に洗濯して(月に1回)適当に保管していると、このようになるという感じである。全体図は、


こうなっている。ここ何回か、裾をまくって履いていたので跡が残っている。変化といえば、そのくらいだろうか。

しかしまあ、こうやって自分が三年も着用してきたジーンズをしげしげと見ると、それなりに愛着のようなものが湧いてくるのを感じる。ジーンズが好きな人から見れば特に反応が返ってこないような状態だと思うけれど、それでも「自分が育てたら、こうなってしまったのだから仕方がない」という、開き直りのような気分にもなってくる。

ファッションに正解も不正解もない(と、思う)。みんなが正解で、みんなが不正解である(と、考えてみたい)。そして、それぞれが「自分にとって最高の一着」なのだと思う。たぶんきっと、そうなのだと思う。

さて、とりあえず、このシリーズも三年続けられたので来年は写真を撮って記録をすることは止めようと思っている。もちろん、このジーンズは履き続けるし天寿を全うさせるまで愛用したいと思っている。と、いうわけで、三年続いた「uniqloジーンズの色落ち記録」は、これで終了としたい。ありがとうございました。



uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)


uniqloジーンズの色落ち(あれから一年後)


uniqloジーンズを買う。