投稿

湯殿山 注連寺へ

イメージ
「即身仏」という修行
小学生の頃、何かの本で「即身仏」について読んだことがあった。書名は忘れてしまったが、即身仏になる過程をイラスト付きで詳しく解説してある本だった。その本を読んだ子供の頃の私には、生きながら仏の道に入る修行とは、あまりにも過酷で現実離れしているように感じられたので「本当に行われていたこと」というよりは「架空の世界の話」だと思っていた。
大人になり、実際に即身仏の苦行は実践されていて、複数の即身仏が寺院に現存しているという話を聞いた時(庄内では6体の即身仏が安置されているとの事)は「一度、拝ませていただこう」というよりは「あまりにも厳格で尊く、近寄りがたい」という気持ちの方が強かった。自分のような俗人は、おいそれと近づいてはいけないのではないか。厳しい修行をされた即身仏に対して、観光気分で気軽に訪れるのは失礼なのではないか、と尻込みしてしまうような感情があったのだった。
ところが今回、偶然に行くことになった湯殿山神社で、偶然に立ち寄った店の方から注連寺で即身仏を拝むことを勧められた。ここまで偶然が重なったのならば、やはりこれはいくべきだろう。そして即身仏の前に座った時、自分はどのようなことを感じるのだろう。そのようなことを考えながら向かうことにした。

注連寺で「恵眼院 鉄門海上人」の即身仏を拝む
結論から書いてしまう。注連寺で対面させていただいた、即身仏「恵眼院 鉄門海上人」のお姿から受けたものは、私が事前に想像していたものとは大きく異なっていた。そこには、前に跪くものを優しく包み込み受け入れるような、温かい雰囲気が漂っている気がした。私のような凡人には計り知れない、大きく高い志と深く広い優しさのようなものが、その姿に現れている印象を受けたのだった。
即身仏という難行苦行の苦しさは、私には想像することすらできない。そして一生、その状況を体験することはないだろう。しかし、その修行を実践し成し遂げた上人が存在する。そして、こんなにも間近で拝むことができる。貴重な体験、というと浅い表現になってしまうけれども、このようなことを考える時間が得られることができてよかった。そう心から感じるひとときでした。






湯殿山 注連寺について
注連寺には、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで「訪れる価値あり」と選出された、天井絵画と鰐口を見学することができる。拝観を申し込むと、お寺の方が一…

湯殿山神社へ参拝する。

出羽三山 湯殿山神社を参拝する。
出羽三山とは、山形にある月山・羽黒山・湯殿山の総称である。三つの山それぞれに神社があり、今までに私(筆者)は、月山と羽黒山には数回参拝したことがあった。
ところが、湯殿山には一度も行ったことがなかった。いや「湯殿山に、行ったことがあるような気になっていた」というのが正確だろう。記憶がごちゃごちゃになってしまっていて、行ったつもりになっていた。そしてそのまま、今日まで過ごしてしまったのだった。
今年の夏休み、色々と事情が重なって予定が大きく変更になった。移動のルートを確認していると途中で「湯殿山」の近くを通ることがわかった。せっかく近くを通るのだから、参拝していこう。そう考えた私はさらに予定を変更して湯殿山へ向かうことにしたのだった。


「語るなかれ」「聞くなかれ」
湯殿山神社は古来より「語るなかれ 聞くなかれ」とされており、詳細を語ることができない神域である。湯殿山神社本宮では、参拝に際して現在でも履き物を脱ぎ、裸足になり、御祓いを受けてからでなければお詣りは許されない。俗世とは切り離された神域である。湯殿山ホームページより)」が現在でも守られている場なのである。

写真撮影禁止はもちろんのこと「語るなかれ」であるわけなので、私もこの記事には詳細を書かないでおく。ただ、実際にお詣りさせていただいた湯殿山神社の神域は「俗世とは切り離された」という表現そのままの場であり「参拝できてよかった」と、しみじみ感じた神社だったということを、個人的な感想としてお伝えしておきたいと思う。

松尾芭蕉 奥の細道「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」
ちなみに、松尾芭蕉はここ湯殿山にて「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」という句を読んでいる。学生の時にこの句を見た時は「湯殿山で温泉に入ったのだろう。その時、お湯がはねて着物の裾を濡らしたのだろう」と、特に深く考えることもなく解釈していた。
ところが今回、湯殿山神社を参拝させていただいて、この句の意味を体感することができた。実際に現地を歩いてみて「ああ、なるほど」と腑に落ちたのだった。これから湯殿山神社に行かれる方は、この句の意味を想像しながら現地へと向かっていただきたい。筆者と同じように「なるほど!」と感じていただけると思う。

湯殿山 注連寺へ
参拝を終えて、バス乗り場の近くにある売店へ行ったところ、店の方から「注連寺は行かれましたか?」…

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

イメージ
Amazon Fire7 タブレット にダイソー300円スピーカーを取り付けてみた先日購入したFire7は、最近ではすっかり「お気に入りのアイテム」のひとつとなった。こちらの記事(アマゾンプライムデーでFire7を購入)にも書いた通り、amazon専用機としてKindle本の読書とmusic unlimited の視聴に毎日活躍してもらっている。もちろんwebページを見ることもできるし、アプリを使用することもできるのだけど、やはり「もっさり感」は否めないので、amazon専用機として使うのがベターだと個人的には感じている。
しかし一点だけ、どうしても気になる点があった。そう、タイトルでも察しがつくと思うけれど「モノラルスピーカー」なので、音に不満を感じるようになってきたのだった。最初は「イヤフォンで聴けばいいか」と思っていたのだけど、やはりスピーカーで聴きたいこともある。なので、最初はBluetoothで手頃なものを・・・と探していたところ「ダイソーの300円スピーカーが良い」という情報を目にした。
ほう。ダイソーでスピーカーも売っているんだ。・・・買ってきた。こちらである。





思ったよりもコンパクトで軽い。「スピーカーは重い方が吉」という思い込みのある筆者としては「おもちゃのような音なのかな?」と予想しつつ配線をする。USBで電源を確保して、イヤフォンジャックで接続するタイプなので特に設定などは必要なし。


Fire7に接続した絵はこのような感じになる。ドキドキしながら音を鳴らしてみると「おお、想像していたよりも鳴っている」という印象。さすがに全体的な音質は物足りなく感じるけれど、本体のモノラルスピーカーで聴くよりは確実に情報量も多くなるし、なにせ300円である。これで文句を言ったならばバチがあたるかもしれない。Fire7を買ったけれど、スピーカーが想像していたよりもちょっと、という方は試してみてもよろしいかと思います。とりあえず筆者は壊れるまで使ってみようと思います。


ちなみに、Macのイヤフォンジャックに接続すれば、外部スピーカーとして使用することもできる。画面の左右に置くと、なんとなく強くなったような印象になる、ような気がする。もちろんいうまでもなくiphoneでも使用可である。

まとめると「Fire7を買ったけれど、スピーカーがちょっと」と感じている人には「試す価値あ…

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。

イメージ
アマゾンプライムデーで、Fire7(8GB)を購入
今年(2018年)のプライムセールでは、特に購入予定のものはなかった。ところが、セール当日にamazonにアクセスしたところ、Fire7タブレット(8GB)が「3.280円」で販売されているのが目に止まった。

iPadもあるし、タブレットは必要ないと思っていたのだけど、あまりの安さに思わずタップしてしまったのだった。ちょうど車の中で使うタブレットが欲しいと思っていたし、Kindle Unlimitedで雑誌を見る時はiphoneの画面では小さくて見にくいから・・・などと、注文してから色々と理屈を考えてみたが、結局のところ衝動買いであることは間違いない。それにしても限定セールとはいえ、3.280円のタブレットとは、どのような製品なのだろう? わくわくしながら到着を待ったのだった。



Fire7が届いた!
Fire7は注文した翌々日に到着した。いつものamazonのダンボールを開けて中身を取り出すと、パッケージがお菓子の袋のような形状だった。コンビニの棚にお菓子と並んで陳列されている姿を目にするのは、そう遠い未来ではないのかもしれない、などと考えながら袋の中から本体を取り出した。






Amazon 専用タブレットとして、必要十分
電源を入れる。FireTVStickの時と同様、アカウントに紐付けされた状態で届くので、Wi-Fiの設定をすれば使用できるようになる。手に取った感じは、想像していたよりも見た目も悪くなく「それ、いくら?」「セールで3.280円」「今から買いに行くわ!」と即座に答えてしまうような質感だと思った。

小一時間ほど、Kindleを読んでみたり、primeビデオを再生してみたり、prime musicを聴いてみたりした。個人的な感覚からすると「Amazon 専用タブレット」として考えるならば必要十分の性能だと感じた。もちろん、iPad など最新のタブレットに慣れてしまった人には「もっさり感」が気になるだろう。雑誌の細かな文字を見た時に解像度の低さも感じるだろう。写真(カメラ)の性能も気になるだろう。

しかしこれはあくまでも「5.980円(定価)」のタブレットなわけだ。「メインのタブレット」と考えると物足りないかもしれないが「Amazon 専用タブレット+α」と考えて購入するのであれば、十分に満足できる製品だと思う。そして…

「金継ぎのワークショップに参加する」

イメージ
連れが「金継ぎのワークショップに参加する」というので見学に行った。
このような状態からのスタート。遺跡で発掘された土器のように、かなりバラバラである。今回参加していた方が持ち込んでいた器の中でも、僕たちのものが一番バラバラだった。「断られるかな?」と心配しながら確認してもらったところ「大丈夫です」とOKをもらうことができた。恐縮しながらも「よかったね」と、胸をなでおろす。


今回のワークショップでは「接着剤」と「パテ」を使って形を整えていく方法で進んでいく。接着できる部分を組み立ててから、損失してしまった部分などをパテで整形していくわけである。「パテ」と聞いて、中学生のころにプラモデルを作った時のことを思い出した。特に深い意味はない。


「組み立てる時は、手早く!」ということで(固まってしまうと、合わなくなる場合があるらしい)カチャカチャと接着してから、包帯でぐるぐる巻くようにしてテープで固定する。なんだか痛々しい。「いやあ、この前の雨の日にバイクで転んでしまいましてね……」とでも言いそうである(←イメージ)


接着剤が固まったところで、余分な部分の接着剤をデザインカッターで削っていく。奥の方の狭い部分や細かなところ、力の入れ加減が難しいところなどは、店の方にサポートしていただきながら作業を進めていく。
一通り表面が整ったところで、ヒビの部分に「漆」を塗る作業へ移る。「触るとかぶれますか?」と質問すると「かぶれますよ」とのこと。しかし「触っちゃだめ!」などと言われると「どれどれ」と試したくなりませんか? もちろん試しませんでしたけど。


連れ曰く「(描く時は)息を止めていた」とのこと。真剣勝負だ。ちなみに僕は、横で「ほう」などと言いながら椅子に座って見ていただけである。


漆を引き終わると、その上に粉をふりかけていく。なんだか、長い人生を通り抜けてきた「渋み」が漂うような雰囲気になった。そして今回はここまで。乾燥と仕上げは店の方が担当してくれる。完成は一ヶ月後。さて仕上がりは如何に?完成したならば、続報として追記してみたいと思います。

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

イメージ
ハトがベランダにやってきた。

それは5月のゴールデンウィークが終わり、10日ほど過ぎた時のことだった。「ハトがベランダに居る!」連れがスマホで撮影した写真を送ってきた。その時は「ふうん、このあたりにもハトがいるんだ。今まであまり見かけなかったけどな」程度にしか思っていなかった。たまたま移動の途中に、少しベランダで休憩していると考えていたのだった。

それから数日後。私もベランダに鳩がとまっているのを発見した。しかも相手(ハト)は身動きもせずに、部屋の中をじっと覗き込んでいる。あきらかにこちらを「観察」している。私は野生の動物が放つ鋭い視線に、一瞬戸惑ってしまった。まるで鳩がこの家の持ち主で、私が侵入者のようにさえ思えてきた。

気を取り直して、窓の近くに立つ。鳩は逃げない。少し身体を揺らした程度だ。まさか、飛びかかってこないよな、とおそるおそる慎重に窓を開けると、鳩は向かいの電柱へ飛び移った。そして、またこちらをじっ、と見ている。互いの空間でバチバチと火花が飛び散っているような気さえする。しかし飛びかかってくる様子もないし、まして相手は空中にいるのだからこちらからはどうすることもできない。とりあえずその日は、ベランダの掃除をして様子を見ることにした。


パートナーを連れて、鳩が再訪する


翌日は土曜日だった。私は部屋の中で作業をしていた。ベランダのあたりでごそごそと音がした。鳩の鳴き声も聞こえる。もしや、と思いベランダを覗きこんでみると、いた! 鳩だ! しかもパートナーの鳩と一緒だ!
私は窓に近づいて開けようとした。窓に手をかけた段階で、鳩は近くの電信柱の上に飛んで行き、そこからこちらの様子を伺っている。なんとなく不安を感じたが、とりあえずしばらくはこないだろうと考え、窓を閉め、机に戻って作業を再開した。一時間ほど時間が過ぎてからキッチンへ行きコーヒーを淹れたり、周囲を掃除したりしていた。席をはずしていたのは3〜40分程度だと思う。ベランダの方からガサゴソという音が聞こえてきた。
まさか? と思ってベランダに行ってみると、先程の鳩がベランダに戻ってるではないか! 私は窓を開けた。鳩はまた二羽でそそくさと電信柱に戻っていった。「これは、ちょっと休憩にきたという感じではないな」と、危機感を覚えた私はネットで情報を検索してみることにした。

鳩の習性を調べて、対応開始。

いくつかホームページを見て…

note更新情報 一覧

イメージ
ここ二ヶ月ほど、少し試してみたいことがあったので、noteに記事を集中して書いてみました。今のところ結果は出ていないのですが、なんとなく「なるほど」とわかってきたような部分もあるので、もう少しnoteを続けてみようと思います。

それでは、noteに更新した記事のタイトルをこちらにも紹介します。気になる記事があれば読んでみてください(すべて無料公開です)



UTme! でトートバックを作ったら → STAFF PICKに選ばれてた
UNIQLOのUTme!でTシャツとトートバックを作ってみたところ、トートバックが「おすすめ」に選ばれていた、という記事です。
UTme! でTシャツを作ってみた


起業家だけが知っている 人生の荒波を乗り越えるヒント
タイトルは大げさですが、自分が起業してから「このような工夫をしてきました」という内容のものを、いくつか書いています。このシリーズを更新すると、アクセス数が増えるので「働き方」について色々と考えている人が多いのだろうな、と感じています。

私(佐藤)が起業した時のこと
あなたの『可能性を見つける』質問とは?

あなたの可能性を育てるヒント【2本の柱を立てろ!】編

似顔絵を描いてもらって、考えたこと。

「何が言いたいのか、わからない!?」と言われて悩んでいる人へ

起業するって、大変ですか?



組写真

こちらは実験的に「組写真」を掲載してみました。今のところあまり反応がよろしくありません。noteは記事(情報系)やイラスト(マンガ系)が強いのかな、という印象です。もう少し工夫が必要な感じがします。
牧場を歩き回った日【ゴガツバレ】

新緑の季節を散歩した日。