投稿

【北海道旅 4日目(4)】ニセコで温泉。

イメージ
ホテル甘露の森へ  有島記念館を後にし周辺を車で散策したあと、本日の宿である「 ホテル甘露の森 」へ向かう。今回なぜこのホテルを選んだかというと、北海道旅行を検討している時、偶然手にした書籍の中に「 一生に一度は出かけたい温泉宿 」と紹介されていたからである。  基本的に私たちが宿を決めるときは、場所と値段で決めてしまうことが多い。バリ島へ行った時は「 ヴィラに泊まりたい 」という目的があったので情報収集をしてから決めたのだが、それ以外は「なんとなく」で決めることも多い。宿にいる時間よりも外に出歩いている時間の方が長いので「清潔な場所であればいい」と考えてしまう。  そして何よりも、ガイドブックに紹介されている宿は高額なことが多いため予算に合わないことが少なくない(←これが最大の理由!?)。しかし予約サイトで「 ホテル甘露の森 」宿泊料を調べてみたところ、オフシーズンためか、予算内で収まる部屋があった。それならばここでいいよね、なにしろ「一生に一度は出かけたい温泉宿」なのだから、と予約することにしたのだった。 旅のトラブルは、時が過ぎればいい思い出  旅は、トラブルがつきものである。知らない場所へ行くのだから、予定外の出来事が起きるのは当然ともいえる。旅先のできごとは必然。むしろ時が過ぎれば、いい思い出になることも少なくない。心身にダメージが残るトラブルは全力で回避したいが、ある程度は 「そういうものだ」 と考えたほうがいいのだと思う。  今回はチェックインをして入室した部屋で、あるトラブルに遭遇した。フロントに電話して確認したところ、そのまま荷物を持って部屋でお待ちくださいと連絡があった。修理を担当する方が来て、しばし作業してもらったが改善せず「別の部屋へ移動」となった。  出来事に対する解釈と言うのは個人差がある。その時の個人的な感情の上下によっても、受け取り方は大きく変化する。普段であれば「仕方ないですね」で済ませた可能性があるのだが、今回は一連の対応に「?」という気分が残ってしまった。  自己分析してみると、今回は「一生に一度は出かけたい温泉宿」という解説を読んでいたため、 ホテルに対する期待値が勝手に上がってしまっていた のだろう。さらに、さらに「ニセコ = スキーリゾート」のイメージだが、あえてシーズンオフに「このホテルに宿泊するためにニセコにきたのだ」

【北海道旅 4日目(3)】十割そばからのベーグルで、有島記念館は休館日。

イメージ
昼食は、十割そば  昼食が食べられる場所をGoogle マップで調べたところ「 農家のそばや 羊蹄山 」が表示された。そういえば蕎麦が食べたいような気分だ。こちらに行くことにした。店へは道の駅からは車で10分というところ。「農家のそばや 羊蹄山」では「十割そば」を食べることができる。  以前、旅先で十割そばを食べた時、食感がざらざらしていてさほどおいしいという印象が残らなかった。それ以来なんとなく敬遠していたのだが、今回は、食べたいと思った。妻も十割そばがいいというので、2人で注文することにした。  直感というか、なんとなくの気分で選んだ事は、結果的にうまくいくことが多いような気がする。この店の十割そばとてもおいしかった。蕎麦の味がしっかりとして、喉越しもなめらか。つるつると美味しくいただけた。最初にこちらの十割そばを食べていれば、十割そばへの印象が別のものになっていただろう。おいしかったので「揚げそば」を買って帰ることにした。 学生時代の私は「蕎麦とパスタ」で、できていた。  思い返してみると、学生の頃は蕎麦とパスタばかり食べていたような気がする。特に蕎麦が好きで、蕎麦があれば充分だとうそぶいたりもした。なによりも、蕎麦は茹でてつゆを用意するだけで料理が終了というのも、めんどくさがりの学生にはぴったりであった。バイト代が入って懐が暖かい時は、スーパーでコロッケを買ってきて上に載せて食べた。   麺類中心の生活をしていたせいか、学生の頃は178センチで60キロ前後の体重だった。バイト先の店長から「ちゃんと食べてるか? 見てると心配になるよ」と、何度か食事をご馳走になった。その時は特に体調も悪くないし、自分では痩せているという感覚もなかったのだが、今思うと我ながら気になる体重である。コンビニの夜勤で働いてそのまま大学に行って、帰ってきたら蕎麦を食って寝る。あの生活は、さすがに痩せると思う。  ちなみに、今でもそばは好物だ。一人で昼食を作る時は、蕎麦で済ませることも多い。それでもこの年齢になってくると、デスクワークによる運動不足と加齢による基礎代謝の低下で体重が確実に増えていく。「食っても太らないんすよ」と言っていた、あの頃の自分に「そのうち嫌でも太るから」と言ってやりたい。 家にあるとうれしくて、コーヒーと一緒に食べたくなるもの  次に向かったのが「 SEED BAG

【北海道旅 4日目(2)】70年の時を越えた水が、尽きることなく流れていく。【名水の郷きょうごく】

イメージ
調光レンズは、ドライブには不向き?  そういえば、今回車を運転していて気がついたことがある。私はJinsのメガネに「調光レンズ」を入れて使用している。以前別の記事( JINS で「調光レンズ」を購入する )にも書いたけれど、このレンズはとても優秀で、かなり重宝している。ところが車を運転してる時は、 レンズの色が黒くならない ことが多いのである。  レンズは紫外線に反応するらしいから、車内では紫外線の量が少ないため反応しにくいのだろう。一応、度入りのサングラスも持っているので、運転する時はそれに変更すればいいだけの話なのだが、やはりめんどくさい。荷物を極力減らしたいので、旅に出る時などは1本だけ持ってでかけたい。  旅を終えてから、Jinsの前を通った時に「 可視光調光レンズ 」というレンズがあることを知った。説明によると「紫外線だけでなく目に見える光でもカラー濃度が変化するレンズ」なのだそう。つまり、車内でも光があれば色が変化してくれるらしい。 まさにこれが欲しかった。  今のメガネは、作ってから1年も経っていないので、もうしばらく愛用してから次はこちらを検討してみようかと思っている。遠近両用にして可視光調光レンズにすると、それなりの値段になりそうだが止むを得ない。つまり歳を重ねるというのは、そういうことなのである。 名水の郷きょうごく「ふきだし公園」  何の話だったか? そう、道の駅の話だった。次の目的地「 名水の郷きょうごく 」には「 ふきだし公園 」が隣接している。道の駅の裏手の道を通り整備された歩道を降りていくと、流れる水の音が近づいてくる。そこには、まるで設計された日本庭園のように、美しく苔むした岩の間から、文字通り「ふきだす」ように水が湧き出してくる様子を、間近で眺めることができる。  公式webサイトに情報によると「 湧水量は一日およそ8万トン。これは約30万人の生活水に匹敵し、アイスランドの人口に相当します。 」とある。アイスランドの人口に相当するほどの水量なのである。なぜアイスランドなのか? とにかく、それほどの水量が尽きることなく流れていく。  この水は「羊蹄山に降った雨や雪が溶岩や火山灰の中をしみわたり 約70年の歳月をかけて流れ、ろ過、浄化されキレイで美味しい水がわいています 。」とのこと。70年! ほぼ一人の人生に相当する年月をかけて浄化さ

【北海道旅 4日目(1)】道の駅をはしご、する。【洞爺湖 →ニセコ】

イメージ
早朝の羊蹄山と、鏡面の洞爺湖  翌朝5時半に目が覚めた。だいぶ早く眠ったのでだいぶ早く目が覚めた。すぐにカーテンを開け窓の向こうを見る。今日も天気は良さそうだ。まだ湖面に波が立っているけれども、もう少しすれば穏やかになっていくだろう。写真を撮って、もう一度布団に戻る。  8時を過ぎたあたりから、 湖面が鏡のようになめらかになった。 その上を観光船が右から左へと横切っていく。湖畔を散歩している人の姿が見える。その横を原付バイクが通り抜けていく。ホテルの窓際の席に座り、そんな風景を眺めながら朝ごはんにすることにする。  今日のメインは、昨日のパンとチーズ、それにハチミツをかけて食う。うまい。それぞれの素材が良質である事はもちろんだが、背景が羊蹄山と洞爺湖だから、そこに旅情が加算されてくる。これほど「おいしい時間」は、そうそうないと思う。 そして、もう二度と同じ時間はやってこない。 一期一会 と、表現してしまうと使い古された状況になってしまうけれど、つまりそういうことなのだと思う。 →  夕方の「洞爺湖の写真」はこちら 洞爺湖は、一周42km。つまり、あの距離。  チェックアウトの前に、洞爺湖畔を散歩してみることにした。遊歩道には、彫刻や撮影用のモニュメントが点在していた。調べてみると「 人と自然がふれあう野外彫刻公園 」ということで、洞爺湖を囲むように複数の彫刻が設置されているのだそう。  ちなみに、洞爺湖は一周約42kmである。そう、フルマラソンの距離と同じで、実際にここでマラソン大会が開かれているのだそう。私はフルマラソンを走ったことはないし、これから挑戦することもない(と、思う)のだが、自転車でなら挑戦してみたいような気がする。いや、自転車でも、今の体力ではリタイアしてしまう可能性が高いかな。  さらにこの遊歩道は「 美しい日本の歩きたくなる道 500選 」に選ばれているそうだ。地元の仙台市も選ばれているのだろうか、と思い調べてみたところ「 杜の都仙台 広瀬川散策路 」が500選に選ばれていた。全長7kmなので、これならば私でも十分に歩くことができる。いつか歩いてみようと、ひそかに次の目標を設定した。 洞爺湖から「とうや水の駅」へ  洞爺湖と羊蹄山を背景に写真を撮っていると、チェックアウトの時間が近づいてきた。ホテルに戻り、チェックアウトしてから車に乗り込む。この

【北海道旅 3日目(4)】洞爺湖と北海道の少し早い夜【レストラン望羊蹄】

イメージ
ホテルの窓からの「洞爺湖」  洞爺湖へは18時に到着した。まもなく日没だが、まだ周囲には太陽の光がほんのりと残っていた。気温がどんどん下がってきていて、風が吹くと自然と背中が丸くなる。駐車場に車を止め、荷物を取り出しチェックインすることにする。  今回の宿泊地は「洞爺観光ホテル」である。昭和の雰囲気を感じる観光ホテルで、どこか懐かしいような気分になる。今までここに多くの人達がやってきたのだろう、そしてそれぞれの時間を過ごしたのだろう、そんな気配を感じる。  最近では「昭和レトロ」という言葉もあって、若い人たちに人気があるという。彼らが感じる「昭和レトロ」と昭和生まれの私が感じる「昭和レトロ」は、同じようでわりと違うのかもしれない。それでも「昭和レトロ」という言葉を通して共有できるのは、嬉しいような気がする。  鍵を受け取ってから、エレベータに乗って部屋へ向かう。「洞爺観光ホテル」と印字された長いキーホルダーのついた鍵で扉を開け、部屋の中に進む。その視点の先に、羊蹄山が夕方の太陽の光を浴び、ゆったりと落ち着いていた。 北海道らしい景色を見た、と思った。  雲一つない、なめらかな空と風で波打つ湖面。その真ん中に、白い雪の残っている羊蹄山の姿がある。窓際に近づいて写真を撮る。空の色が、昼から夜へと切り替わる境界線。静寂なり。 北海道らしい景色を見た、と思った。 あと30分も遅れていたら、この風景は見られなかっただろう。丘の駅で、大沼だんごをもう1箱食べなくてよかったと思う。  若い頃は「ホテルは寝るところ」と考えていて、ギリギリまで外出して夜遅くにチェックインすることが多かった。少しでも多く歩いて回って何かを見ていたかった。しかし今回の「洞爺観光ホテル」のように「部屋からの風景」もセットの場合、夜にチェックインしていては、この景色を見られなかった。これから、このホテルを利用される方は、日没前の時間も楽しんでいただきたい。美しいです。  夕暮れの洞爺湖と羊蹄山を堪能した後、夕食を食べに行くことにする。今回は素泊まりのプランしか空きがなかったので、夕食は外食になる。北海道旅、初日の経験を生かし、夕食には若干早い時間ではあるが、早めに行動することにする。太陽が落ち、寒くなる事を想定し、持参していたダウンベストを薄手のコートの下に着込んで出発した。 レストラン望羊蹄で、北海道の夜