投稿

ソフトバンクから、ワイモバイルへMNPした感想(1ヶ月後)

イメージ
ソフトバンクからワイモバイルへMNP(1ヶ月後)
先月「ソフトバンクからワイモバイルへMNPした」記事を書いたところ、そこそこアクセスがありました。せっかくなので、1ヵ月ほどワイモバイルを使ってみた感想もメモしておきたいと思います。

速度について。今回ワイモバイルMNPするにあたって、筆者が個人的に気になっていたのが速度でした。料金が安くなるという事は、当然デメリットもあるわけで、真っ先に犠牲になるのが速度だと考えていたからです。

ところが実際に使用してみたところ、朝昼夜の通勤&休憩時間ですね、その時間帯でも特にストレスを感じる事はありませんでした。ソフトバンクと体感的には変わらないような印象があります。



これはGoogleのスピードテストを昼の12時40分に実行してデータです。この数値がどのくらいの「高速さ」を示しているのか、詳しくない筆者には判断できませんが、材料として掲載しておきます(テストは仙台市にて実行)。

ワイモバイルの公式サイトに「ワイモバイルはソフトバンクと同じネットワークなので、エリアが広く安定した高速通信が楽しめます。」とありますが、確かに安定して使えているというのが感想です。

通信容量について現在は「スマホベーシックプランS」を契約しています。通常は通信容量が3 GBなのですが、1年間はキャンペーンで4 GBまで使うことができます。

筆者の場合、1ヵ月平均で3GB程度の通信量でした。移動中は動画は見ませんし、大きなデータをダウンロードするときは、自宅などのWi-Fiがある環境で使用しているので、だいたいこの辺に収まっています。なのでSプランがちょうど良い感じです。

ただし、移動先などで、Macとテザリングをする時があるので、その時は若干容量が増えるようになると思います。(ワイモバイルはテザリング使用料無料)出張などが多い時期はSプランだと厳しいかな、という感じです。ソフトバンクの時は7GBまでの契約だったので、このあたりは使ってみて検討しようと考えています。

MNPの料金についてソフトバンクから、MNPで転出をした際に3300円(税込)の手数料がかかりました。月額の基本料金は「日割り計算」になっていましたが、通信料は定額のままでした。

ワイモバイルは日割り計算でした。筆者の場合は9日間で「858円(税込)」の請求でした。契約手数料はワイモ…

Kindleで出版!「なか見!検索」が表示されないので、サポートに問い合わせてみた。

イメージ
「なか見!検索」が、表示されない!?
Amazonのkindle本には「なか見!検索」という、一部を閲覧できる機能があります。先日、拙著「あなたの文章は読まれていないかもしれない(以下 あな文)」にも「なか見!検索」のラベルがついたので「どのように表示されるのだろう」と、読者になった気分で確認してみました。

「あな文」の場合「はじめに」と「第1章」の部分が対象になっていました。しかし、スマホで閲覧したのですが、かなり文字が大きく表示されていて読みにくい。
これはエラーだろうか? 私の設定が間違っていたのだろうか。せっかく閲覧してもらえても、これでは読みにくくて数ページで中断されてしまうのではないか、と考えサポートに問い合わせてみることにしました。

とてもていねいな返信をいただいたのですが、内容を割愛して説明すると、

1)現在 KDP サポートでは日本語で書かれたリフロー形式の「なか見!検索」はサポートされていない。

2)技術チームがサービス拡張に努めており、一部の「リフロー形式」のタイトルでは「なか見!検索」が表示されるケースもあるが、表示に関する調整の依頼は受けていない。

とのこと。なるほど。まだ「日本語のリフロー形式」のフォーマットでは、サービス拡張段階のため、調整は受け付けていないということらしい。

それならば仕方ない。おそらく、近い将来に適切な表示に改善されるはずなので、それまで待つことにしよう。もし「なか見!検索」を利用して「ちょっと見にくいな」という表示がされた場合は、以上の理由のためご了承いただきたい。

(補足)現段階では拙著は「なか見!検索」が、できない状態になってしまった。対象から外れたのか、問い合わせをしたので外してくれたのかはわからない。とりあえず、まだ調整段階であることは、間違いないようだ。

「はじめに」の部分を、全文公開 しかし、著者としては本文はもちろんのこと「はじめに」にも「心をこめ」文字通り「執筆」したので、ひとりでも多く読んでいただきたいと思っている。そこで、今回ブログに全文公開してみることにした。じっくりとご覧ください。



「あなたの文章は、読まれていないかもしれない(はじめに)
(ここから)

どんなに「すてきなこと」を考えていても、それを言葉にしなければ伝わりません。頭の中にある考えやイメージは「言葉」にすることで、はじめて相手に…

Kindleで出版してみて、わかったこと。考えたこと。

イメージ
kindleで出版してみて、わかったこと。 拙著「あなたの文章は、読まれていないかもしれない」略して「あな文」をKindleで出版してみて「表現するということ」に関して、いろいろと再確認したことがあります。
忘れないうちに記録しておこう、とnoteに記事を書き始めたところ、想像していたよりも長文になりました。自分で実感していたよりも「様々なこと」を感じていたのかもしれません。
これから「何かを表現したい」と考えている人、起業、転職など環境を変えてがんばろうと考えている人は、読んでみてください。何かヒントを見つけてもらえるかもしれません。


その(1)【ものづくりは「世の中に出しておわり」ではなく、そこからがスタート】
今回は、初めてということもあり、試行錯誤の連続でした。原稿のフォーマット確認から、Kindle出版への登録。不具合の修正や、校正の繰り返しなど。正月休み返上でコツコツ作業してアップロードしても「あ! ここがおかしい!」と、また修正が入る。

何度かサポートに相談したのですが、その度に詳細な返信が届き「ああ、こんなにていねいに返信してもらえたのだから、自分もがんばらなければ」と、変なところでモチベーションを保ちつつ乗り切りました。と、いいますか、現在進行形でがんばっています。ここがふんばり時。(つづきを読む


その(2)【これが今の自分の役割だから、と自我を守り、そして進め】
以前、大学生に頼まれて講演をした時の話です。内容は「私の仕事」だったか「人生論」だったかな、そんな感じのテーマが与えられて一時間くらい話をしました。ひととおり内容が進んで、質疑応答の時間になりました。女性の受講生が手をあげると、

先生は、どうしてそんなに自分に自信があるのですか? 迷ったりしないのですか?」

と質問をしてきたのです。いやはや、おどろきました。なぜって、私は「自分くらい自己評価の低い人間は、そんなに多くないだろう」と思っていたからです。(つづきを読む


その(3)【なぜ、あなたは書く? そして、誰に読ませたい?】
私は、仕事で相談を受けた際に「この商品(サービス)は、どのような人が対象ですか?」と質問することがあります。すると、

「全員です。すべての人たちが対象です!」

という返事がくることがあります。その気持ちはよくわかります。しかし出発点を確認するために「今まで、…

iPhoneSE2は、買いか待ちか?

イメージ
ネットニュースでiPhoneSE2の噂を目にする回数が増えてきた。SE2の発売を待っていた筆者は「発表されたら、即予約」と息巻いていた。ところが、情報を調べているうちに、少々迷いがでてきて・・・。
iPhoneSE2は、買い? 筆者は現在、iPhoneSEを愛用している。発売日が2016年3月で、予約してすぐに購入したから、今年の3月で4年使用したことになる。今までiPhoneを3GS→4S→5S→SEと、だいたい2年間隔で機種変更してきたので、SEは今までの2倍の期間使ってきたことになる。
このサイズ感がよかった(ジョギングする時に、腕に巻いて走ってもそこまで気にならなかった)し、とくに不便なところもなかったので「SE2が販売になったら買い換えよう」と思っていたものの、なかなか発売されず、結局ここまできてしまったというわけである。
しかし、4年も使用すると時折不具合が出るようになってきた。毎日使用するものでもあるし、肝心の時に使えなくなっては意味がないので、SE2が出たらすぐに買い換えようと、思っていた。 SE2は、iPhone8のサイズ? ネット上のニュースを見ていると「SE2は3月末に発売」という情報を、複数のサイトで目にするようになった。もちろん公式に発表されたわけではないので、確定事項ではないのだが「さすがに、そろそろ」という気配が漂っている。
そこで色々と情報を探ってみたところ、気になる点がひとつ。それは「iPhone8のサイズになるらしい」ということだった。
個人的に、iPhoneSEのサイズが気に入っている。片手でもてるし軽くて扱いやすい。しかし、iPhone8のサイズになると「ちょっと大きい」ような気がする。今まで買い換えを検討しなかった理由のひとつが、SEのサイズ感だったということは否めない。
いや、もちろん使っていれば慣れるのは自分でもわかっている。コストダウンのためにiPhone8のボディを流用することもわかる。しかし、どこか引っかかるのは、SEを4年も使ってきて馴染んでいるからだろうか。急に迷いが生じてきてしまったのだった。
SE2ではなく、iPhone11にしようか? そこで急に浮上してきたのが、SE2ではなくiPhone11にしようか、ということだった。個人的にiPhone11は「完成度の高いパッケージ」だと感じている。スペックやカメ…

ソフトバンクから、ワイモバイルへMNPした話。

イメージ
softbank から Y!mobileへMNP
筆者は15年以上、ソフトバンクを利用してきたヘビーユーザーである。30代でiPhone3GSを手にしてから、40代の現在まで、ずっとiPhone&Softbankの組み合わせで過ごしてきた。

以前から、格安SIMに興味はあったものの、解約料金がかかってしまったり、タイミングを外してしまったり、なんとなくめんどくさそう、と、そのままなんとなくソフトバンクを継続利用していた。

しかし、現在の使い方や利用料金などから考えても「格安SIMで十分なのではないか?」と、思い立ち契約更新の時期を迎えるにあわせて、MNPを検討してみることにしたのだった。

選択肢は、ワイモバイルかUQモバイル候補は、YモバイルかUQモバイルにしようと考えていた。料金的に安い業者もあるのだけれども「時間帯によって通信速度が遅くなる」のは気になるので、安定していると評価されている2社に絞ったのだった。

色々と検討してみた結果、直前までUQモバイルの方向で考えていた。しかし「Yahoo!プレミアム会員」を継続したいこと、キャリアメールがもらえること、仕事で10分未満の電話をすることも多いこと、Yahoo!ショッピングやPayPayモールなどの還元が、それなりに大きな金額になっていたことを考慮して、YモバイルにMNPすることに決めた。なんとなく新鮮味が薄れるような気もするが、結局なじみの店にしてしまった、ということである。

そのようなわけで、乗り換え先はワイモバイルに決定した。あとは粛々と手続きを開始するだけである。さて、結果はいかに?

Y!mobileへMNPの手続き開始では、ここから、SoftbankからY!mobileへMNPした時の、おおまかな流れを記録しておきたいと思う。まずは、ざっくりと全体像を把握していただき、実際の作業の目安にしていただきたい。(今回の内容は、ソフトバンクからのMNPで、SIMカードのみの契約。iPhoneはそのまま使用する内容である)

事前準備 開始(1)使用していたiPhoneをSIMフリーに
当初、ソフトバンク→ワイモバイルへは「そのまま移行」すればよいと思いこんでいた。しかし実際は「SIMフリー」の手続きが必要なのだった。あわてて申し込みを始めなくてよかった。

SIMフリーはMySoftbankから手続きをする。指示にしたがって作業を…

文章力を上げたい人へ! 新刊「あなたの文章は、読まれていないかもしれない」出版しました。

イメージ
文章力を磨く!「佐藤式 文章講座31」を解説


拙著「あなたの文章は、読まれていないかもしれない」を、Kindle出版にて販売開始しました。本書は、私(筆者)が15年ほど前から連載してきたメールマガジン「伝わる文章講座」に掲載していた記事の中から、とくに好評をいただいた記事を中心に「佐藤式 伝わる文章術」のエッセンスを解説したものです。
いわゆる「文章表現のテクニック」ではなく「伝わる文章とは?」から始め、自分らしい文章を書き続けるための「考えるヒント」を31章にわけて収録しました。
さらに、本書の理解を深めてもらうために「読者限定 音声セミナー(未公開版)」も無料でプレゼント中です。
本書を読み、セミナーを聞いていただくことで「伝わる文章力の基盤」が育っていくことを実感していただける内容に仕上げました。ぜひ読んでみてください。そして、新しいステップへ進むためのヒントを掴んでいただけると嬉しく思います。

(内容紹介より)
数千枚以上の文章を添削してきた文章指導の専門家が「伝わる文章とは何か?」と思考実験を繰り返してきた中で見つけた文章力アップのヒントを解説したものです。掲載された31のエッセイを読み込むことで、あなたの中に「伝わる言葉を探すための土台」が育ち、様々なテクニックを自分自身で発見できるようになるでしょう。経営者、起業家、広報など「仕事で文章を書く」人たちから、趣味や副業などを通して、長く使える本物の文章力を育てたい人におすすめです。本書の理解を深め応用へと発展させる「読者限定セミナー(音声)付」

ご購入はamazonで!



佐藤式「伝わる文章力を高める31のエッセンス」を解説。仕事の文章作成からSNSまで「自分らしい文章」を書きたい人へおすすめの一冊です。

AmazonでEchoDotを購入し、使ってみた感想。

イメージ
EchoDotを購入する。 amazonで 「Echo Dotとamazon music unlimited一か月分」がセットで、999円というキャンペーンをやっていた。参考価格が6.760円なので、実に85%OFFという価格である。スマートスピーカー(という定義で良いのだろうか?)に興味があったので「999円なら」とアマゾンのマーケティングに乗って購入することにしたのだった。
アマゾンの「置き場所」オプション 余談であるが、amazonの受け取りにはオプションがあり「宅配ボックス、ガスメーターボックス、玄関、自転車のかご、車庫、建物内受付/管理人」などから選べるようになっている。とりわけ気になったのが「自転車のかご」というオプションである。選べるということは「自転車のかごに入れておいてください」というニーズがあるということだろう。

ちょっと試してみたい気もしたが、先日駐輪場から自転車を盗まれたこともあり、そこまで安心できる環境ではないので、選択肢から外すことにした。では、他に何が利用できるだろう、ということで受け取りの際に配達員の方に質問してみたところ、私たちの環境だと「***」に対応できるという(セキュリティ保護のため伏せ字にしました)。

そこまで高価なものでなければ、受取りを待つ時間や、再配達を依頼する手間を考えれば「***」でも十分だと感じたので、次回からは「***」で指定してみようと考えている。
コンパクトだが、やや重量感あり
話を戻そう。EchoDotが届いたという場面から再開する。ブルーの箱に書かれたキャッチフレーズは「コンパクトでお好みの場所に」である。商品のコンセプトは「コンパクト」なのだということがわかる。さっそく本当にコンパクトかどうか確認してみる。すでに箱の段階でだいぶコンパクトさはわかっているのだが、いちおう確認してみよう。


中には、本体と電源ケーブルが入っていた。コンパクトさを示すために、横に500円を置いてみた。個人的には、ちょうどいいサイズ感だと思った。ただ、想像していたよりも重量があるように感じられた(EchoDotの本体は300g)。iPhone11が(194g)で、iPhoneSEが(113g)なので、両方お持ちの方はふたつまとめて持った時の感覚に近いと思っていただきたい。

EchoDotで、何ができる? さて、電源を入れて…