投稿

プライムセールで、Fire7を購入した。

イメージ
アマゾンプライムデーで、Fire7を購入
今年(2018年)のプライムセールでは、特に購入予定のものはなかった。ところが、セール当日にamazonにアクセスしたところ、Fire7タブレット(8GB)が「3.280円」で販売されているのが目に止まった。

iPadもあるし、タブレットは必要ないと思っていたのだけど、あまりの安さに思わずタップしてしまったのだった。ちょうど車の中で使うタブレットが欲しいと思っていたし、Kindle Unlimitedで雑誌を見る時はiphoneの画面では小さくて見にくいから・・・などと、注文してから色々と理屈を考えてみたが、結局のところ衝動買いであることは間違いない。それにしても限定セールとはいえ、3.280円のタブレットとは、どのような製品なのだろう? わくわくしながら到着を待ったのだった。



Fire7が届いた!
Fire7は注文した翌々日に到着した。いつものamazonのダンボールを開けて中身を取り出すと、パッケージがお菓子の袋のような形状だった。コンビニの棚にお菓子と並んで陳列されている姿を目にするのは、そう遠い未来ではないのかもしれない、などと考えながら袋の中から本体を取り出した。






Amazon 専用タブレットとして、必要十分
電源を入れる。FireTVStickの時と同様、アカウントに紐付けされた状態で届くので、Wi-Fiの設定をすれば使用できるようになる。手に取った感じは、想像していたよりも見た目も悪くなく「それ、いくら?」「セールで3.280円」「今から買いに行くわ!」と即座に答えてしまうような質感だと思った。

小一時間ほど、Kindleを読んでみたり、primeビデオを再生してみたり、prime musicを聴いてみたりした。個人的な感覚からすると「Amazon 専用タブレット」として考えるならば必要十分の性能だと感じた。もちろん、iPad など最新のタブレットに慣れてしまった人には「もっさり感」が気になるだろう。雑誌の細かな文字を見た時に解像度の低さも感じるだろう。

しかしこれはあくまでも「5.980円(定価)」のタブレットなわけだ。「メインのタブレット」と考えると物足りないかもしれないが「Amazon専用タブレット+α」と考えて購入するのであれば、十分に満足できる製品だと思う。そしてこれからは、使用方法に最適化されたタブレットを複数…

「金継ぎのワークショップに参加する」

イメージ
連れが「金継ぎのワークショップに参加する」というので見学に行った。
このような状態からのスタート。遺跡で発掘された土器のように、かなりバラバラである。今回参加していた方が持ち込んでいた器の中でも、僕たちのものが一番バラバラだった。「断られるかな?」と心配しながら確認してもらったところ「大丈夫です」とOKをもらうことができた。恐縮しながらも「よかったね」と、胸をなでおろす。


今回のワークショップでは「接着剤」と「パテ」を使って形を整えていく方法で進んでいく。接着できる部分を組み立ててから、損失してしまった部分などをパテで整形していくわけである。「パテ」と聞いて、中学生のころにプラモデルを作った時のことを思い出した。特に深い意味はない。


「組み立てる時は、手早く!」ということで(固まってしまうと、合わなくなる場合があるらしい)カチャカチャと接着してから、包帯でぐるぐる巻くようにしてテープで固定する。なんだか痛々しい。「いやあ、この前の雨の日にバイクで転んでしまいましてね……」とでも言いそうである(←イメージ)


接着剤が固まったところで、余分な部分の接着剤をデザインカッターで削っていく。奥の方の狭い部分や細かなところ、力の入れ加減が難しいところなどは、店の方がサポートしていただきながら作業を進めていく。
一通り表面が整ったところで、次はヒビの部分に「漆」を塗っていく。「触るとかぶれますか?」と質問すると「かぶれますよ」とのこと。しかし「触っちゃだめ!」などと言われると「どれどれ」と試したくなりませんか? もちろん試しませんでしたけど。


ヒビに沿って、筆で漆を重ねていく。連れ曰く「(描く時は)息を止めていた」とのこと。真剣勝負だ。ちなみに僕は、横で「ほう」などと言いながら椅子に座って見ていただけである。


漆を引き終わると、その上に粉をふりかけていく。なんだか、長い人生を通り抜けてきた「渋み」が漂うような雰囲気になった。そして今回はここまで。乾燥と仕上げは店の方が担当してくれる。完成は一ヶ月後。さて仕上がりは如何に?完成したならば、続報として追記してみたいと思います。

今回「金継ぎ」をした器は、さほど高価な代物ではない。金継ぎを施す手間と費用を考えると、いわゆる「コストパフォーマンス」という視点とは真逆の行為を行っていることになる。しかし、人の感情は理屈では割り切れないものだ。むしろ、手間…

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

イメージ
ハトがベランダにやってきた。

それは5月のゴールデンウィークが終わり、10日ほど過ぎた時のことだった。「ハトがベランダに居る!」連れがスマホで撮影した写真を送ってきた。その時は「ふうん、このあたりにもハトがいるんだ。今まであまり見かけなかったけどな」程度にしか思っていなかった。たまたま移動して、少しベランダで休憩していると考えていたのだった。

それから数日後。私もベランダに鳩がとまっているのを発見した。それも身動きせずに、部屋の中をじっと覗き込んでいる。あきらかにこちらを「観察」している。僕は、その野生の動物が放つ鋭い視線に、一瞬戸惑ってしまった。まるで鳩がこの家の持ち主で、僕が侵入者のように思えたのだった。

気を取り直して、窓の近くに立つ。鳩は逃げない。少し身体を揺らした程度だ。まさか、飛びかかってこないよな、とおそるおそる慎重に窓を開けると、鳩は向かいの電柱へ飛び移った。そして、こちらをまたじっ、と見ている。空間でバチバチと火花が飛び散っているような気さえする。しかし、飛びかかってくる様子もないし、まして相手は空中にいるのだからこちらからはどうすることもできない。とりあえずその日は、ベランダの掃除をして様子を見ることにした。


パートナーを連れて、鳩が再訪する


翌日は土曜日だった。私は部屋の中で作業をしていた。ベランダのあたりでごそごそと音がした。鳩の鳴き声も聞こえる。もしや、と思いベランダを覗きこんでみると、いた! 鳩だ! しかもパートナーと二羽だ
私は窓に近づいて開けようとした。窓に手をかけた段階で鳩は近くの電信柱の上に飛んでいった。そこからこちらの様子を伺っている。なんとなく不安を感じたが、もうしばらくはこないだろう、と考え、窓を閉め、机に戻って作業を再開した。一時間ほど時間が過ぎてからキッチンへ行きコーヒーを淹れたり、周囲を掃除したりしていた。席をはずしていたのは3〜40分程度だと思う。ベランダの方からガサゴソという音が聞こえてきた。
まさか? と思ってベランダに行ってみると、先程の鳩がベランダに戻ってるではないか! 私は窓を開けた。鳩はまた二羽でそそくさと電信柱に戻っていった。「これは、ちょっと休憩にきたという感じではないな」と、危機感を覚えた私はネットで情報を検索してみることにした。

鳩の習性を調べて、対応開始。

いくつかホームページを見て得られた情報はこんな感じだ…

note更新情報 一覧

イメージ
ここ二ヶ月ほど、少し試してみたいことがあったので、noteに記事を集中して書いてみました。今のところ結果は出ていないのですが、なんとなく「なるほど」とわかってきたような部分もあるので、もう少しnoteを続けてみようと思います。

それでは、noteに更新した記事のタイトルをこちらにも紹介します。気になる記事があれば読んでみてください(すべて無料公開です)



UTme! でトートバックを作ったら → STAFF PICKに選ばれてた
UNIQLOのUTme!でTシャツとトートバックを作ってみたところ、トートバックが「おすすめ」に選ばれていた、という記事です。
UTme! でTシャツを作ってみた


起業家だけが知っている 人生の荒波を乗り越えるヒント
タイトルは大げさですが、自分が起業してから「このような工夫をしてきました」という内容のものを、いくつか書いています。このシリーズを更新すると、アクセス数が増えるので「働き方」について色々と考えている人が多いのだろうな、と感じています。

私(佐藤)が起業した時のこと
あなたの『可能性を見つける』質問とは?

あなたの可能性を育てるヒント【2本の柱を立てろ!】編

似顔絵を描いてもらって、考えたこと。

「何が言いたいのか、わからない!?」と言われて悩んでいる人へ

起業するって、大変ですか?



組写真

こちらは実験的に「組写真」を掲載してみました。今のところあまり反応がよろしくありません。noteは記事(情報系)やイラスト(マンガ系)が強いのかな、という印象です。もう少し工夫が必要な感じがします。
牧場を歩き回った日【ゴガツバレ】

新緑の季節を散歩した日。

格安のドライブレコーダーを購入してみる。

イメージ
格安ドライブレコーダーを購入してみる。
車にドライブレコーダーを設置することにした。知り合いが「もらい事故」をした時に「ドライブレコーダーはあったほうがいい」と、実感を込めて話していたのを聞き、そうか事故は自分に過失がある場合だけでなく、もらい事故もあるわけだから必要だよなと思っていたのである。
しかしながらドライブレコーダーといっても値段はかなり幅がある。オイル交換の際にカー用品で眺めてみた時には、おおむね1万円後半から3万円前後のものが主流のようだった。確かに必要だけれども、まだ急がなくてもいいかな、と思いつつ先延ばしにしていたのだった。
ところが、先日Amazonを見ていたところ、3千円以下で買えるドライブレコーダーを発見した。3千円以下?いくらなんでも安すぎないだろうか?大丈夫なのか?と思いつつも、レビューを見ると動作しているようなので「どうせ購入するなら、しっかりとしたものを」と先延ばしにするよりは「とりあえず買ってみよう」と勢いで注文してしまった。好奇心60%:実用40%といったところである。

今回購入したのはこちら↑ 注文してから数日で商品が届いた。開けてみると、思っていたよりもコンパクトで軽い。さっそく取り付けてみることにする。
ちなみに映像を記録するにはSDカードが必要になる。今回のドライブレコーダーには付属していなかったので、別に購入していた16 GBのカードを使用した。このSDカードは千円くらいだったから、ドライブレコーダー本体とSDカードで合計4千円以内で購入できたということになる。安い。本体にカードを装着して、フォーマットを済ませてから車に取り付けることにする。


ドライブレコーダーを取り付けてみる
今回購入したドライブレコーダーの取り付けは、いたって簡単。ただ吸盤でガラスに貼り付けるだけ。そこからコードを這わせてシガーソケットから電源を取るだけである。特に特別な技術もいらない。少し工夫をすれば、うまい具合にコード隠しながら処理することもできるだろう。自分の場合は両面テープを使ったりして、ある程度邪魔ならないようにまとめて貼り付けておいた。概ね15分もあれば設置完了だ。
エンジンをかけると自動的にスイッチが入って録画が始まる。いつものように運転をして、帰宅してからパソコンに本体を接続して動画ファイルを確認してみた。
うん確かに「最高にクリア!」と言うわけでは…

Bloggerが、カスタムドメインもHTTPS使用可能に。

全く気がついていませんでした。どうやらBloggerのカスタムドメインもHTTPSの使用が可能になっていたようです。昨日、なんとなく「設定」の項目を確認していて気がつきました。いやあ、気がついてよかったです。何か通知などは届いていたのだろうか? 見落としてしまっていたのかな?

さて、それはともかく、今、あなたにご覧いただいているこのブログ「人生を長い旅と考えるなら」にも、ちゃんと鍵のマークが表示されていると思います(されてますよね?)


今までは、独自ドメインはHTTPSが使用できなかったので「ゆくゆくは、他のブログに移転した方がいいのだろうか?」などと考えたこともあったのですが、これで他に移る理由がなくなりました。一安心です。

ちなみにHTTPSを使用するには「設定」→「基本」のページにある「HTTPSの使用」という項目を「はい」にして、しばらく待つだけです。自分の場合は「はい」にしてから1時間ほど待ってアクセスしてみたところ、無事に反映されていました。

反映を確認したならば「HTTPSリダイレクト」も「はい」に変更することができます。「HTTPSリダイレクトって何?」と気になった方は・・・まあ、調べてみてください(←実はよくわかっていない)。

たぶん、http://satotaka.reword21.com/  にアクセスしても https://satotaka.reword21.com/ にリダイレクトされるシステムだと思います。小さい文字で書いているのは、たぶん、そうだろうという推測だからです。

自分の場合は「はい」にしておきました。それにしても、全く気がつかずに素通りしてしまうところでしたが、無事に変更することができてよかったです。自分と同じように、Bloggerでカスタムドメインを使用している人は、確認してみてください。

uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)

イメージ
UNIQLOセルビッジジーンズを、育ててみた(最終回)
今年も三月が来た。三月になってふと、そういえば毎年この時期に記録していたことがあったな、と感じた。何だろう? 何かしら重要な記録だったような気がしていたのだが・・・と、しばし考える。「そうだ、Uniqloジーンズの色落ち写真を撮っていたのだ」と、思い出した時の微妙な脱力感。特に重要なわけでもなく、もはや誰も期待していないと思うのだが、せっかく思い出したので撮影しておくことにした。


そして、こちらが三年目のUniqloジーンズの写真である。ごらんの通り、昨年の状態よりも全体的に青みが増し、少し皺が増えた。そう、ただそれだけである。劇的な変化は特に見受けられない。普通に履いて(月に5〜6回)普通に洗濯して(月に1回)適当に保管していると、このようになるという感じである。全体図は、

こうなっている。ここ何回か、裾をまくって履いていたので跡が残っている。変化といえば、そのくらいだろうか。

しかしまあ、こうやって自分が三年も着用してきたジーンズをしげしげと見ると、それなりに愛着のようなものが湧いてくるのを感じる。ジーンズが好きな人から見れば特に反応が返ってこないような状態だと思うけれど、それでも「自分が育てたら、こうなってしまったのだから仕方がない」という、開き直りのような気分にもなってくる。

ファッションに正解も不正解もない(と、思う)。みんなが正解で、みんなが不正解である(と、考えてみたい)。そして、それぞれが「自分にとって最高の一着」なのだと思う。たぶんきっと、そうなのだと思う。

さて、とりあえず、このシリーズも三年続けられたので来年は写真を撮って記録をすることは止めようと思っている。もちろん、このジーンズは履き続けるし天寿を全うさせるまで愛用したいと思っている。と、いうわけで、三年続いた「uniqloジーンズの色落ち記録」は、これで終了としたい。ありがとうございました。



uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)

uniqloジーンズの色落ち(あれから一年後)

uniqloジーンズを買う。