投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

アースアワーの夜

イメージ
アースアワーに参加した。照明を消して、ふとんにくるまって(←寒かったので)真っ暗な天井を、眺めていたら、小学4年生の時のことが頭に浮かんできた。その時僕は、学級委員をやっていて、副委員の女子と放課後に残って作業をしていた。その女子に(わりとマセた女の子だった)
「あんたは、女子の気持ちに鈍感だよ」と、いうようなことを言われたのだった。なぜ今、そんなことを思い出したのかはわからない。わからないけれど、その時の自分と今の自分が、ほとんど変わっていないことは確実だと思った。その時から、同じような時間を、積み重ねてきたのだなと思った。
そしてこれからも、この場所で、同じような時間を積み重ねていきたい。色々なことを考え、色々なことを表現していきたい。真っ暗な部屋の中で、そんなことを考えました。

地震から、10日。

あの日から、10日。「もう」10日なのか、「まだ」10日なのか。 時間の感覚が、すごく曖昧になっている。
避難所で、地域の人達と一緒に過ごした夜も、ロウソクと懐中電灯の灯りだけで一週間過ごした日々も、なんだか遠い昔のような気さえしてくる。本当に自分が体験した出来事なのかと、別の世界の出来事だったのではないかとさえ、思えてくる。
価値観の違い、だとか、趣味が合わない、などと、そんなことで迷ったり、ぶつかったりしていた日々が、とてもむなしく感じる。もっと他にも色々なことが、できたじゃないか、と思えてしかたがない。
まだまだ、暗くて寒い避難所で頑張っていらっしゃる方も多い。他県での生活を余儀なくされた方も多い。毎日、毎日、緊急車両が走り去って行く音が聞こえる。朝も夜も。そして、それを運転している職員のみなさんのことを考えると、本当に頭が下がる。
とにかく、時間を無駄にしてはいけない。自分のためだけではなく、少しでも多くの方に役立てるように活用しよう。自分のような仕事をしている人間が、世の中の役に立てるのは、もう少し先になるだろう。その時のために、今から精一杯の準備をして、備えていこう。今できることに加えて、少し先の世界に向けて、しっかりと準備をしていこう。今自分は、そんな風に考えています。

KICK-ASS

イメージ
KICK-ASSを観た。映画館で観た友人から「おもしろかった!」と、熱い感想を聞かされたキックアス。自分も映画館で観たいと思っていたのだけど、地元仙台ではかなり短い期間(1週間くらい?)しか劇場で公開されなかったので、あっさりと見逃してしまい残念に思っていた。
なので、DVDレンタルが始まったら、すぐに観ようと楽しみにしていたキックアス。 レンタル開始の3日後に、ツタヤへ行き早速借りて観てみたのだが・・・期待以上の面白さだった。

事前に聞いていた情報では「オタクの主人公が、コスプレをしてヒーローを気取る」というものだったので、なんとなくストーリー展開の予想はしていたのだけど(そして、ほぼ予想通りの展開ではあったのだけど)実際に観てみると、痛快で爽快で、スピード感があって、ぐいぐいと映画の世界に引き込まれてしまった。
作り込みがしっかりしているから、全然しらけないし、臨場感もあるし、ヒロインのミンディのアクションも力強くもかわいらしいので(どうやら、ミンディのアクションシーンのほとんどは、本人自身が演じているらしい。すごいね)後でもう一度、観てみたいなと思わせる作品だった。 自分も娘ができたのなら、このように育てたいと思ってしまうくらいに(まあ、実際には無理ですけどね)、強くたくましいミンディ。そして、彼女を育てた父親の愛情と深い絆。意外と自分は、このような設定に弱いということにも、気付かされた作品だった(笑)
まだ、これから観る方も多いと思うので、内容には触れないでおくけれど、ツタヤで見かけたら(TSUTAYA限定らしい)、ぜひ借りてみてください。面白いですよ。

 【送料 90〜】キックアス/ 6インチアクションフィギュア: 2種セット