投稿

ラベル(工藝)が付いた投稿を表示しています

木製のフォークを手作りしてみた。

イメージ
ダイソー手作りキットで、ディナーフォークを作る
ダイソーで「ディナーフォーク」を作るキットを見つけた。木材(ヒノキ)からフォークを削り出して作成していくキットで、中学校の図工の時間を思い出して作ってみることにした。ちなみに自分の中学校の頃の図工の先生は、非常に偏屈な性格で、なぜか自分は目をつけられていて、理不尽な理由で殴られたものだった。確かに自分も生意気だったと思うけれど、あの先生もかなりひどい人だったと思う。まあ、もう昔の話なのでどうでもいいのですが……。


そんな中学校のころの思い出を振り返りつつ、さっそく作り始める。まずは中に入っていた木片に図面を書くところから。この段階ですでに歪んでいるのだが、作りながら修正していけばいいかな、と適当に続行する。

とりあえず、ざくざくと削っていく。今回使用している道具は「カッターナイフ」と「彫刻刀」である。特別な道具は使用していない。鉛筆を削る要領で、ざくさくと削っていく感じである。ちなみに今回の作業を振り返ってみて「一番、大変だった」のが、この段階の作業だったように思う。自分はカッターナイフで削ったのだが、お持ちの方は小型の糸ノコなどで周辺を切り落としてしまった方が早いと思う。結構、指が痛くなります。
少しずつ作り込んでいく、おもしろさ
さらに削り込んでいきます。このあたりから、段々面白くなってきました。少し削っただけでも印象が変わってしまうし、一度削った部分は元には戻らないので、慎重にコツコツと、そして時々失敗しながら削っていく。気がつくと一時間以上も作業をしていたことに気づき「こんなに集中したのは久しぶりだ」と、しみじみと考える。肩や背中が痛いけれど、それ以上に充実感があった。
週末の「地道」な、たのしみ


さらにコツコツ削り続ける。写真の光の具合でお気付きの方も、いらっしゃるでしょう。すでに作成開始から、ここまでに数日の時間が過ぎてしまっている。週末の空き時間に、少し削って様子をみて、また少し削って、とコツコツ作業を継続し、ようやくこの形になった。
おそらく早い人ならば、数時間でこの段階まで作り込めると思うのだが、今回は急がず少しずつ作業を進めることにした。結果的に「よし、今日もフォークを削ろうかな」と「週末の楽しみの時間」ができてよかったと思う。ひさしぶりに「少しずつ作り込んでいく面白さ」を楽しむことができた。

「金継ぎのワークショップに参加する」

イメージ
連れが「金継ぎのワークショップに参加する」というので見学に行った。
このような状態からのスタート。遺跡で発掘された土器のように、かなりバラバラである。今回参加していた方が持ち込んでいた器の中でも、僕たちのものが一番バラバラだった。「断られるかな?」と心配しながら確認してもらったところ「大丈夫です」とOKをもらうことができた。恐縮しながらも「よかったね」と、胸をなでおろす。


今回のワークショップでは「接着剤」と「パテ」を使って形を整えていく方法で進んでいく。接着できる部分を組み立ててから、損失してしまった部分などをパテで整形していくわけである。「パテ」と聞いて、中学生のころにプラモデルを作った時のことを思い出した。特に深い意味はない。


「組み立てる時は、手早く!」ということで(固まってしまうと、合わなくなる場合があるらしい)カチャカチャと接着してから、包帯でぐるぐる巻くようにしてテープで固定する。なんだか痛々しい。「いやあ、この前の雨の日にバイクで転んでしまいましてね……」とでも言いそうである(←イメージ)


接着剤が固まったところで、余分な部分の接着剤をデザインカッターで削っていく。奥の方の狭い部分や細かなところ、力の入れ加減が難しいところなどは、店の方にサポートしていただきながら作業を進めていく。
一通り表面が整ったところで、ヒビの部分に「漆」を塗る作業へ移る。「触るとかぶれますか?」と質問すると「かぶれますよ」とのこと。しかし「触っちゃだめ!」などと言われると「どれどれ」と試したくなりませんか? もちろん試しませんでしたけど。


連れ曰く「(描く時は)息を止めていた」とのこと。真剣勝負だ。ちなみに僕は、横で「ほう」などと言いながら椅子に座って見ていただけである。


漆を引き終わると、その上に粉をふりかけていく。なんだか、長い人生を通り抜けてきた「渋み」が漂うような雰囲気になった。そして今回はここまで。乾燥と仕上げは店の方が担当してくれる。完成は一ヶ月後。さて仕上がりは如何に?完成したならば、続報として追記してみたいと思います。