2018年2月14日水曜日

「起業するって、大変ですか?」と、いう質問に答えます。

仕事などを通して出会った人達から「独立を考えている」というような相談を定期的に受けます。そのような時私は、「自分自身に、次の3つの質問」をしてみては、と提案するようにしています。みなさんも実際に、試してみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1つ目「働く時間は2倍で、収入は2分の1」
2つ目「今の職場で、1番になっているか」
3つ目「自分の人柄を、把握できているか」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このような質問をして「今の仕事の方がいいかもしれない」と感じるのであれば、「今」は現在の仕事を一生懸命取り組んだ方が、得るものが多いかもしれません。逆に「そんなの簡単ですよ。大丈夫ですよ!」と即答するようでも、少し自分自身を見つめ直す時間が必要かもしれません。
独立起業して、一度走り始めると、時間は一気に先へ進んでいきます。
それは立ち止まり、周囲を見渡す時間を見失うほどの強い勢いをもっています。
まずは、この3つの質問を自分自身に問いかけてみてください。
そこから「何かひっかかる部分」に、光を当ててみてください。
以上、定期的に届く「起業について」の質問に対する、現段階での私(佐藤)の回答でした。参考にしてみてください。(佐藤)

2018年2月5日月曜日

起業家・経営者向け「伝わる文章講座」

文章講座

起業家・経営者向け「伝わる文章講座」無料公開中


起業家・経営者向け「伝わる文章講座」現在「78のヒント」を無料公開中です。広告の文章を考える時のヒントに活用してみてください。
『指揮者が変わると、全く別の音に変わるクラッシック音楽のように、アレンジしていく視点を変えれば、自分でも気が付かなかった新しい可能性が生まれてくるもの。この講座では、言葉の天才である文豪の作品や日本文学の知識などに触れながら、あなたの感性を刺激するお手伝いをしていきます。(序文より)』

2018年1月15日月曜日

キーケースを購入する(土屋鞄製造所)

昨年末に、土屋鞄製造所のレザークラフトキットでツールボックスを作った事は前に書いた。自分で作ってみるのは楽しかったけれど、同時に製品が欲しくなってしまった。さてどうしよう、と考えていたところ連れがクリスマスにプレゼントをしてくれるというので、キーケースをリクエストすることにした。

土屋鞄製造所ヌメ革キーケース

届いたキーケースを見ていると、細かな部分の仕上げが丁寧で「やはり職人が作ったものは違う。コバの処理などすごい」と覚えたばかりの言葉を使ったりしながら、しみじみと見入ってしまった。これをひとつ完成させるには、どのくらいの時間が必要なのだろう。製品として販売できるレベルの技術を身につけるには、どれだけの期間を要するのだろう。

土屋鞄製造所ヌメ革キーケース

自分は一応、表現に関わる仕事をしているけれども、強くしっかりとしたものを表現するには、しかるべき時間の積み重ねと準備と手間が必要になってくる。細かな部分を丁寧に仕上げることで、全体の出来が決まってくる。これは、表現する仕事も物づくりの仕事も共通だと思う。前回、土屋鞄製造所のレザークラフトキットを作り、少し職人の世界を垣間見ることで、製品に対する見方が変わってきたような気がする。色々な意味で「よかった」と思っている。

ヌメ革キーケース

追伸:今回購入したタイプのキーケースは、キーレスのような厚みのある鍵をつけると、写真のように窮屈な感じになってしまう。少し下の方がはみ出してしまったりもする。なので、気になる方は購入前に店頭で確認してみた方がよろしいかと思います。以上追伸でした。