走ることを始めてみる。その14 「減量記録 その1」

前回「ジョギングを始めてから九ヶ月ほど過ぎたのだが、体重は特に変化していない」というようなことを書いた。書いてからふと、このことについてもう少し考えてみようという気になった。

ジョギングを始める人の目的のひとつに「体重を減らそう」というものがあると思う。10代後半とは言わないけれど、20代前半くらいの締まった身体で、颯爽と走るイメージを描いているのではないかと思う。そう「痩せたい!」というのがジョギングを始めるきっかけのひとつというのが、アラフォー世代の素直な心の叫びだと思う。もちろん私の場合も「それ」はあった。

一応「5キロを気持ちよく走れるようになりたい」という表の目標はあったけれども、裏の目標として、前屈みになると腹の周りのダルダル感が目立つようになってきた。この調子だとそんなに遠くない未来に・・・が、存在していたということを正直に告白しておく。

恐ろしいことに、年齢を重ねると、今までと同じ量の食事でも体重が増えてしまう。ちょっと気を抜くと二キロくらいは、あっという間。さらに、10代のころなら一キロ増えても、2~3日ほど食事に気をつけて少し運動すれば元に戻った。ところが三十歳を過ぎたあたりからは「増やすのは簡単、減らすのはとんでもない苦しみ」を伴うようになる。私の場合は、休みの日に登山に行ったり、アウトドアを楽しんだりもしているのだけれども、日常がデスクワークの「動かない時間」が中心なものだから、どうしても「消費カロリー < 摂取カロリー」の状況が続いてしまう。そして、二キロ増えたまま一ヶ月が過ぎ、さらにそこにプラス一キロという雪だるま式増量状態になる。

だからこそ、ジョギングのように、ゼーハーと走ったり、ジムに通って汗を流したりする必要が出てくるわけなのだけど、それなのに「体重ですか? うーん、9ヶ月走ったけど、実はそんなに変わらないんですよね」では、ちょっとアレだな、としみじみ思ったというわけです。5キロ走れるようになったのは嬉しいし「表の目標達成」ではあるけれど、やはり裏の目標も意識してみたいと思ったわけです。

そんな訳で「体重を減らす」という目的を意識して、一ヶ月ほど走ってみようと考えている。具体的には、最近目にする「糖質制限」の考えを加えて、食事を気にしてみることにする。
と、いうよりも実は先週くらいからすでに始めてみている。目標は一ヶ月で二キロ減。週に1~2回、5〜6kmくらいの緩やかなジョギング+筋トレなので、このくらいが適性かな、と漠然と設置して調整していきたいと考えております。

これからジョギング&ダイエットを考えている、私と同世代のアラフォー仲間の参考になれば良いのだけど、どうなるでしょうか。もしも何の変化も起きなかったり、途中で挫折&リバウンドしたとしても、それはそれでリアルな記録として正直に公開しようと考えている。うむ、考えている。考えて・・・それでは結果は、一ヶ月に。

このブログの人気の投稿

吹上高原キャンプ場へ

Macは、何年使えるのか?

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ

天童高原でキャンプ日記

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)