走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

先日、いつものように5キロ走ろうと思って家を出た。走り始めの数百mは快調で、今日はなんとなく調子がいいな、と思った。
ところが1キロほど走ったあたりで、足が重く感じられてきた。ややペースを落として走ってみたのだが、いつもより調子が出ない感じがしたので、4キロで切り上げることにした。

自宅に着いて、タイムを確認してみると、やはりいつもよりも遅い。どうしたのだろう? と考えてみたところ、2日前に献血をしたことが思い当たった。これが原因かな?

中1日休んだから大丈夫だと思い、気にせず走ってしまったのだが、やはり年齢を重ねると回復が遅くなるのかもしれない……と、ちょっとしんみりしてしまった。まあ、健康には影響のない量とはいえ血液を抜いていることは事実なので、数日は影響が残るのかもしれない。せっかく世の中の役に立てばと思って献血したのに、自分の体調を崩しては意味がないので、気をつけなければいけないなと思った次第です。(ちなみに今回は400mL献血で参加)

「日本赤十字」のホームページによると

また、献血後の血液の「量」は、水分を摂取することにより短時間で回復します。血液の「成分」が回復する速さは、その成分によって異なります。回復する速さには個人差がありますが、目安として、血漿成分は約2日、血小板成分が約4~5日、赤血球は約2~3週間で回復します。

とのこと。赤血球が回復するには2〜3週間とあった。なるほど。良い機会なので覚えておこう。自分の身体なのに、知らないことがたくさんありますね。勉強になりました。

参考
血液の基礎知識(日本赤十字社)

このブログの人気の投稿

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

吹上高原キャンプ場へ

Macは、何年使えるのか?

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

神割崎キャンプ場で、春のキャンプ日記