2016年4月26日火曜日

植樹イベントに、参加する。


先日、宮城県亘理町の沿岸部で行われた植樹イベントにボランティアとして参加してきた。このイベントは、2011年の東日本大震災において被害を受けた亘理町の防潮林を再生させようと、地元のみなさんが中心となって行っている活動である。



新しく土が盛られた場所に、みなさんが育てた苗木をひとつひとつ植樹していく。この苗木を育てるにも、多くの方達の労力と時間が費やされているのだ。ひとりひとりの再生への願いが込められているのだ。そのようなことを考えながら作業を続けていく。さあ大きく育ってくれよ、と土をポンポンと叩きながら新しい土に新しい苗木を植樹していく。


この苗木達が成長して、防潮林として活躍してくれるようになるまでには、まだまだ時間が必要になるだろう。10年、20年、30年、いや、まだまだずっと先の遠い未来のことになるのかもしれない。それでも、いつかきっと、みんなが頭の中に描いている、あの豊かな風景が戻ってくる。大きく高く育った樹木を見上げながら、たくさんの住民が集い、笑顔で空を仰ぐ場所へと成長していくことだろう。今はまだちいさな苗木達を見ながら、そんなことを想像していました。


※この企画は「わたりグリーンベルト プロジェクト」が中心となって活動が行われています。年内も、また植樹イベントが予定されているそうなので、詳細はホームページでご確認下さい。 http://www.watari-grb.org