uniqloジーンズの色落ち(四年経過)


uniqloセルビッジデニムの色落ち記録


昨年「このユニクロジーンズの色落ち記録は、今年で終わりにする」と書いた。なぜ終わりにしようと考えたかというと、実は別のジーンズを購入してしまったため、使用回数が少なくなるだろうと考えたからだった。

ところが、実際に一年過ごしてみると、わりと棲み分けのようなものが出来ていて、それなりにこのジーンズも使用する時間があった。特に、新しく購入したジーンズがやや厚手の生地だったので、夏場などはユニデニ(ユニクロデニムの略)に、だいぶ活躍してもらった。

そんなわけで、せっかく相棒として頑張ってくれているし、このブログの中でも「色落ち記録」の記事はそれなりにアクセスもあるし、ユニクロデニムの色落ち記録を四年間継続している人は少ないのではないか、と考え今年も掲載しておくことにした。予定は未定。作者の気持ちひとつで、ころころと変化するのである。




使用回数は、今までよりも減ったものの、こうして確認してみると、それなりに育っている気がする。成長期なのかもしれない。4〜5回履いたら、普通に洗濯しているので、メリハリのある色落ちではないが、静かに淡々と成長してくれたと思う。親はなくとも子は育つ、というやつだろうか。使い方を間違っているかもしれないが、つまりそういうニュアンスである。

デニム赤耳

裾はこのような状態である。波打ったかのような文様が、まるで手で描いたかのように刻まれている。(ちなみに裾は新品時から切っていない。軽くひとまくりすると、ちょうどいい長さだったので、そのまま履いていた)。ちなみに、若い頃はジーンズの裾が長めでも気にならなかったが、年齢を重ねてくると「だらしがない」ような印象になるので、最近は古着でも、ジャストサイズに裾上げすることが多い。



こちらの写真は、膝の周辺部分。普段はあまり気にかけることがなかったのだが、こうして改めて写真を撮ってみると、それなりに綺麗なグラデーションになっていた。右足の方が色落ちが大きいのは、足を組む時に右足を上にしてその上に手を置いている事が多いからだろう。



そんなわけで、これが私が四年間「育てた」ユニクロデニム(レギュラーフィット)である。自己主張は控えめだけど、とりあえず淡々と生活している、ような雰囲気に育ってくれたと思う。購入当初の段階で、だいたいこのレベルの色落ちをイメージしていたので、ひとまずこのデニムは(今度こそ)ここで一区切りにしたいと思う。

このブログの人気の投稿

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

今のところ、PayPayをメインに利用しています。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

吹上高原キャンプ場へ

網張温泉キャンプ場へ:岩手で夏キャンプ 二日目