福島県 霊山

福島県の霊山に登ってきた。ちなみに、この霊山は「りょうぜん」と読む。「れいざん」と読みたくなるし、なんとなく宗教的な雰囲気も感じるが、正しくは「りょうぜん」なので、誰かと話をする時には、気をつけていただきたい。

それはともかく、霊山には、知人のブログで紹介されているのを見た時から、一度登ってみたいと思っていた。先日「霊山の紅葉は絶景だよ」「今年は紅葉が早いらしいよ」という情報を聞いて、それなら時期的にも今がちょうどいいから、と出掛けてみることにした。


霊山までは、仙台市の自宅から大体、2時間ほどで到着することができた。県道を南下して、相馬側から西に向かったのだが、ほとんど車もなく、かなりスムーズに移動することができた。自宅を出たのが。9時過ぎと、若干遅かったせいで、到着したのが11時半ころ。シーズン中は、駐車場がかなり混雑すると、聞いていたので、この時間で大丈夫かと心配していたのだが、予想に反してガラガラ。安堵と、あせって急いでいた自分に苦笑いをしながら、準備をする。

駐車場の目の前には、霊山の素晴らしい景色が広がっていた。奇岩が連なった、存在感たっぷりの山の姿が、秋晴れの青い空にくっきりと映える。思わず「あの岩のとがった、先まで登ってみたい!」と反射的に思う。国の名勝、日本百景に選ばれているということだが、それにふさわしい、圧倒的な風景だった。

写真を撮影して、数年前に設置されたらしい、綺麗なトイレで用を済ませてから、登り始める。よく整備された歩きやすい登山道を、ゆっくりと歩き始める。まだ紅葉には早かった(早すぎた)が、ところどころに見える、赤い色の葉がアクセントになっていて、これはこれで見応えのある綺麗な風景になっていた。

登山口に用意されていた、カラーのパンフレットを参考に、ひとつひとつポイントを回っていく。大体、15〜20分ごとくらいに「見下ろし岩」「天狗の相撲場」のようなポイントがあり、切り立った岩の上から、絶景を眺めることができる。切り立った岩の上から、遠くを眺める気持ち良さ(怖さ?)は、ぜひみなさんにも体験していただきたい。ちなみに、高所が若干、苦手な自分は「写真を撮影してください」と、頼まれる度に「ああ、いいですよ」と表面的には平静さを保ってはいたものの、風が吹いて体が左右に揺れる度にヒヤヒヤしていた。でも、怖い怖いと思いつつも、崖っぷちまで行ってしまう自分は、実は「高い所が好き」なのかも、しれない(笑)

そんな感じで、すべてのポイントに寄り道をしながら、ゆっくりと周回して、大体3時間くらいで下山することができた。通常、下山する時は「早くおりて、風呂に入りたい」と考えながら、足を早めるのだが、霊山の場合は「もう少し、ゆっくりしてもいいかな」と感じるのが不思議だった。頂上まで登らなくても、途中の「絶景ポイント」に立つだけでも、十分に醍醐味を感じることができると思うので、家族連れの方もぜひ登ってみていただきたい。ただし、安全確保だけは忘れずに。風に当てられると、かなりヒヤリとします。





日本百名山クルマで行くベストプラン

このブログの人気の投稿

Macは、何年使えるのか?

神割崎キャンプ場で、春のキャンプ日記

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

はじめてのレザークラフト(土屋鞄製造所 レザークラフトキット編)

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ