仙台市天文台へ行く。

仙台市天文台で「100万人のキャンドルナイト」のイベントが行われたので行ってきた。
当日の天文台では、時間ごとに様々なイベントが行われていて、家族連れや恋人達、友達連れでにぎわっていた。ちびっこ達が、知的好奇心を満載にして、色々なものに夢中になっている様子を見るのは、なかなか良いものだ。僕も子供ができたのなら、こうやって連れてきてあげようと思ったりする(まだ結婚すら、していませんけどね・笑)


そんなイベントの中で、自分が参加したのは「天体観望会」だ。これは施設の望遠鏡を使って、その時に観測することができるものを見る事ができるという内容だ。僕は、子供のころから「望遠鏡」が欲しくて、家族に「望遠鏡が欲しい」と折々にねだっていたのだけど、その願いは叶わず大人になってしまったという思い出があるので、こうやって大きな望遠鏡を目の当たりにできるというだけでも、わくわくしてくる訳である。
しかし、それにしても、なぜあんなに望遠鏡が欲しかったのだろう? と自問自答してみる。そこで、子供の頃に家においてあった天体観測の絵本を見て、星に興味をもったからだ、ということを思い出した。あの絵本の名前は何だったろう? そんなことを考えながら、あいまいに検索をしてみると・・・あった! あっさりと見つけてしまった。その絵本とはこれだ。






とりあえず「黄色の表紙」ということだけは確実に覚えていたので、写真を見た瞬間に「まさにこれだ!」とうれしくなった。2人の子供が会話をしながら、星座の解説をしてくれるのだけど、そのイラストの雰囲気が好きで何度も眺めていたことを思い出す。そして今回、作者H.A.レイ氏というドイツ生まれの絵本作家だということも知った。どうやら子供ながらに、異国の雰囲気を感じて楽しんでいたのかもしれない。


さて話を戻そう。「天体観望会」についてだ。このイベントでは、スタッフの方が、その日観測できる天体を解説しながら見せてくれるのだけど、今回見せてもらった中で個人的に心に突き刺さったのが「土星」だった。なぜそんなに突き刺さったのかは、自分でもわからない。ただ「本当に土星は存在するのだ」とか「今、僕たちが見ている土星の映像は、今よりも過去の時間に土星から発せられた光なのだ」とか、そんなことを色々と考えてしまったからだと思う。もちろん、あの「輪」が魅力的だということもあると思う。まあ、とにかくそんなことや子供の頃に見ていた絵本の記憶などと重なって、大人になった僕の心にグサグサと突き刺さってきたのだと思う。


もしも子供の頃の僕が「望遠鏡」を手にしていたのなら、全く別の世界に進んでいたのだろうか。その小さな望遠鏡で、何を見ていたのだろうか。そんなことを考えると、なんだか不思議な気分になる。そして、まだまだ人生楽しいぞ、という気分にもなる。今度は別の季節に「天体観望会」に参加して、別の星を見てみたいものだと思いました。

このブログの人気の投稿

天童高原でキャンプ日記

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ

吹上高原キャンプ場へ

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

Macは、何年使えるのか?