iPad2 ホームボタン故障&交換。

今年の1月に購入したiPad2のホームボタンが効かなくなった。
押しても叩いても(これは冗談)反応しなくなってしまったので、とても使いにくい。大げさにいうと、常にフリーズしているような感覚で、本当に困ってしまった。
まもなく1年の保証期間も終わるので、とにもかくにもアップルストアでチェックしてもらうことにした。(ちなみにiPadの種類はiPad2 16GB Wi-Fiです)

webで予約をして、当日は家族にアップルストアへ持って行ってもらったのだが、結論から書くと「本体無料交換」ということになり、新しいiPadを持って帰ってくることになった。交換前のiPadにはOnlineStore限定の刻印サービスでメッセージを書き込んでもらっていたのだが、新しいiPadに刻印してもらうと数日かかるということだったので、今回はそのまま持ち帰ることにした。ここまでは順調だった。新しいiPadに交換してもらって、ほっ、とひと息というところだったのだが・・・。

自宅で渡されたiPadは初期状態になっていた。つまり何のデーターもアプリも写真なども何もない、まっさらな状態だった。ここまでは、予想通りだ。さて、iCloudに保存しておいたデータで復元するか・・・と、最初から設定をやり直してみたのだが、バックアップのデータが見つからない。正確にいうと「昨晩バックアップしたデータ」がiCloud上に残っているのだけど、それを使って復元ができないのだ。「復元に使えるデータがない」というような認識になってしまうのだ。

これは参った。
いや別に、アプリのデータが消えてしまうのは仕方ない。というか、あきらめもつく。ひとつひとつダウンロードしても、なんとかなる。しかし問題は、写真とムービーだ。フォトストリームのデータにアクセスできないので、すべて消えてしまったのだ。なんてこった。

確実に昨晩のバックアップデータは、iCloudにある。確認できる。なのに、それを使って復元できない。なぜ? なぜ? と設定を確認してみたり初期化してみたりして、色々触ってみたのだが結果は同じ。おかしい。これで復元できるはずなのに・・・と、小一時間悩んでいたところ、突然画面に「アップデートのおしらせ」が表示された。そしてピンと、きた。故障したiPadのOSは、iOs6.0.1だ。しかし、今回アップルストアから渡されたiPadはiOS6だ。この.0.1のバージョンの違いが、復元用データとして認識しない原因ではないか?

いそいで、iOS6.0.1にアップデートしてみる。そして、初期化を行いiCloudから復元をタップしてみると・・・あるある。予想通り、昨晩のバックアップのデータをiCloudから選択できるようになっていた。おそるおそるタップして様子を見る。そしてしばしの沈黙。

完璧だ。写真もムービーも、アプリのデータも、一通り復元できた。どんどんダウンロードされてくる。これで元通りだ。良かった。

店頭で渡されるOSのバージョンが、常に最新という訳ではないから、最初にこちらをアップデートしておけば、スムーズに復元できたというわけだ。もしも、これからiPadを修理&交換して、自分のように復元データにアクセスできない方は、OSのバージョンをチェックしてみることをオススメします。なんてことのない基本的な確認だけど、それを見逃してすべてのデータを初期化してしまっては、せっかくの写真など、すべて消えてしまっては残念ですからね。(Mac本体に写真を保存しておけば済むわけですけど)そんな訳で、バックアップの重要性と、iCloudでの復元の確認事項を再確認した一日でした。

ちなみにiphone4Sもホームボタンの効きが今ひとつの時があるのだが・・・これは保証期間が過ぎたから・・・考えるとヒヤヒヤするので、深く考えないようにすることにする。ひやひや。







人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

iPhoneSE2に保護フィルムを(ダイソーで購入)

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入

「ローズマリー」で、鳩対策(その2)

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)