Cabin zeroのトラベルバックを買う。

「機内持ち込み可」のバックパックを探す

時折活用している小型のバックパックが、だいぶくたびれてきた。ちょうど仕事で飛行機を利用することになったので、それに合わせてバックパックを買い換えることにした。

cabin zero トラベルバッグ
飛行機移動のバックで、個人的に大切にしているのは「サイズ」である。とりわけ国内線の場合は機内持ち込み可能サイズにして、荷物を預けることなくスムーズに移動したい。そこで候補に上がったのが、Cabin Zeroのトラベルバックである。

28Lの方なら国内線の機内持ち込みサイズにも収まるし、デザインもシンプルなのでビジネススーツと合わせても、まず大丈夫だろう。値段も予算内。店頭に実物を確認に行ったところ、店員さんの「今年の夏に、とてもよく売れました」というセールストークにも背中を押され、購入を決めることにした。

自宅に戻って、さっそく荷造りをしてみると、形状がスクエアなので思っていたよりも荷物を入れることができた。ノートパソコンと資料、着替えなどを入れてもまだ余裕がある。自分のスタイルには、このサイズ(28L)がちょうどよかったようだ。

「OKOBAN」に登録する


okobanタグ
さらに、このトラベルバックには「OKOBAN」という個別識別コードが、ひとつひとつに与えられている。ここに自分の情報を登録しておけば、空港でロストバゲッジをした際にも本人に連絡がくる可能性があるというわけだ。さっそく記載のウェブサイトにアクセスしてメールアドレスを登録しておいた。

とりあえず自分の場合は、国内線利用で「1〜2泊」程度の出張の場合はCabin Zero(28L)+トートバックの組み合わせで対応できそうである。これからこのバックと一緒に、何キロくらい移動するのだろう。そんなことを考えていると、わくわくしてくる。


追記

先日、仙台国際空港→伊丹空港の国内線(JAL)で、このバックを使ってきた。もちろん機内持ち込み対応サイズだった。ちなみにこのシリーズには44Lもあるのだが、自分が使用しているのは28Lの方なので、お間違えのないよう。

このブログの人気の投稿

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

バターナイフをつくろう「はじめての木工クラフト日記(その5)」

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。