【UNIQLO U】 セルビッジ レギュラーフィットジーンズ【色落ちレポート①】

ユニクロU セルビッジジーンズを購入

先日、ユニクロへ行ったところ、UNIQLO U セルビッチジーンズがセールになっていたのを発見。試着してみると、サイズ感もちょうどよく、履いてみたいデザインだったので購入することにした。


カラーはNAVY(リジッドデニム)を選択。ここ数年、古着のジーンズばかり購入していたので、新品を買うのは久しぶりである。糊が効いた独特の艶感。パリッとした社会人一年生のような清潔感が漂っている。個人的には、この状態の色も嫌いではない。と、いうか好みである。可能であれば、糊が効いたこの状態のままで履き続けたいと思ったりもする。


セルビッジということで、もちろん赤耳……と、思っていたのだが、ステッチは淡いピンク色だった。赤耳ならぬ、桃耳と呼べば良いのだろうか? 

ちなみに、このジーンズの定価は4.990円(税込)である。この価格でセルビッジのジーンズを購入できるというのは、毎度ながら驚きだ。しかも今回はセールで、だいぶ安く購入できた。ユニクロさんありがとう。


以前、このブログにもアップした、ユニクロセルビッジジーンズと、並べて写真を撮ってみた。ご覧の通りポケットが大きくなり、腰回りと股上にゆとりのあるデザインになっていることがわかる。裾に向かってややテーパードした綺麗なフォルムをしていて「Uniqlo U」っぽいデザインだと感じた。腰回りにゆとりをもたせつつも洗練された雰囲気になっているので、筆者のような中年男性でも履きやすいシルエットだと感じた。


ひとつ気になったのがレングスが短いということ。筆者は178cmで33インチを購入したのだが、写真のようにひとまくりすると、くるぶしのあたりが見えてしまう長さだった。やや腰履きにするとちょうどいい、という感じだった。おそらく、このような長さで履くことをイメージしたデザインなのだと思うけれど、気になる人は注意したいポイントですね。

そのようなわけで、ひさしぶりにリジッドデニムのジーンズを購入したので、ここから履き込んで色落ちを楽しんでみたいと思います。いわゆる「根性履き」ではなく、普通に履いてこまめに洗濯する予定。数ヶ月後に、過程をアップする予定なので、よろしければまた覗きに来てください。


【関連】ユニクロジーンズに関する記事 一覧





佐藤ゼミでは、文学作品を通して「考えるヒント」を提供していきます。夏目漱石・芥川龍之介・太宰治・宮沢賢治など、日本を代表する文豪の作品から海外文学まで、私(佐藤)が読んできた作品を取り上げて解説します。ぜひご視聴ください。そして何か気になる作品がありましたら、チャンネル登録(無料)&高評価で応援お願いします。

人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

ダイソーの100均アイテムで、カビ取り対策