投稿

ラベル(デニム)が付いた投稿を表示しています

私の好きなジーンズ「45rpm」2本目

イメージ
私の好きなデニム「45rpm」2本目

前回にひきつづき、45rpmのジーンズ。こちらも古着で購入したもの。前回紹介した45rpmジーンズと比較すると、こちらはダメージも大きく(小さな穴や、ほつれあり)サイズもワンランク大きいし、長さが短めという一品だった。そこまで値段が安いわけでもなく、購入を躊躇したのだが「なんとなく気になった」ので入手することにしたのだった。
後ろには「R」の刺繍。左側のポケットにスマホらしき「アタリ」がついていた。ちなみに自分は後ろのポケットにスマホを入れるとしたら、右側に入れる。ん? すると、前の所有者は左利き? などと、考えてみたりする。


前回のジーンズはジッパーフライだったが、こちらはボタンフライ。デザイン的にはボタンフライの方がかっこいい気がするが(個人の感想です)トイレの時などに焦ったりすることがあるので、機能的にはジッパーフライの方が使いやすくて好みである。

ポケットに印刷されている注意書き。フォントが明朝体なのが、45rpmらしい印象を受ける。そして一番右のジーンズアイコンは、どのような意味なのだろうか? このように干せ、ということなのかな?いや、たぶん違うだろう。

前回のジーンズと並べて撮影してみた。左側が今回のデニムで、右側が前回のデニム。色落ちの具合がよくわかる。前回の記事に「このくらいの色落ち具合が好み」と書いたのだが、こうやって並べてみると、これくらい色落ちした状態も淡いブルーのさわやかなトーンが綺麗で、かっこいい。春や夏の暖かい季節に合いそうなトーンだと思う。


記事の最初に「サイズが大きく、長さが短い」と書いたのだが、サイズの大きさを利用してやや下げ気味に履くようにしている。少し太めでルーズな感じになるので、車をいじる時や汚れそうな作業をする時などに履くことが多い。

もう少し太ってもウエストのサイズは大丈夫だが、そうすると長さが足りなくなるので、これ以上太らないように気をつけていきたいと考えている。歳を重ねてからのデニムとの付き合い方は「体重との戦い」であると、あらためて確信したのだった。

私の好きなジーンズ「45rpm」一本目へ

⧬ デニムの記事 一覧

⧬「45R」デザイナー・井上保美さんの本 井上保美さんの365日 着こなし見本帖

私の好きなジーンズ「45rpm」その1

イメージ
45rpmのデニム


以前、古着で購入した45rpmのジーンズ。前の所有者は、定期的に洗濯するタイプの方だったらしく、ほぼ均一で色落ちしていて、アタリと呼ばれるような変化はあまり見られない状態だった。全体的にコンディションが良かったので「キレイ目」の服装をする時に、愛用してきた一本である。



後ろには「R」の刺繍。シンプルなデザイン。写真では、今ひとつ伝わりにくいと思うのだが、すこし緑が入ったような独特の深みのあるトーンをしている。染めが違うのか生地が違うのか、詳しいことは素人の自分にはわからないのだが、とても綺麗な色合いだと思う。

ちょうどこのくらいの状態が好みなので、今の状況を保ちたいのだが、履けば洗うし洗えば色落ちする。変化を楽しむのがデニムの醍醐味のひとつではあるが「ここで色落ちをストップさせたい」時に、加工できる技術があれば使ってみたいような気もする。いや、それでも変化していく悲しみを感じつつ、現状を受け入れる方が「おもしろい」のだろうか? デニムに関しては、そうなのかもしれない。 45rpmとUNIQLOを比較してみる

色味を説明するために「4年間愛用した、UNIQLOデニム」と並べて写真を撮ってみた。左が45rpmで右がUNIQLOである。スマホで撮影した写真なので少々わかりにくいが、それなりに色味の違いを確認していただけると思う。夏場や暑い日には、UNIQLOのさわやかなブルーが合うけれど、秋から冬にかけては45rpmの深みのある色を合わせてみたい。
スタイルはストレートで、生地は若干厚め

スタイルはストレートで、生地は若干厚め。床に置いて写真を撮ると、左に向かってねじれているのがわかる。
昨今の流行では細身のジーンズが好まれるのかもしれないが、自分の中では「このくらいがちょうどいい」と感じる絶妙のシルエットである。シンプルではあるが細やかなデザインがされていて「なんとなく、いい感じ」を醸し出してくれるジーンズだと思う。



自分は、あまりジーンズを多く所有しているわけではなく、新しいジーンズを購入したら、今までのものを処分してしまうことが多い。しかし、この45rpmのジーンズは全体的な色味や形が気に入っているので、おそらくこれからもストックしておく一本になるだろう。

ただ唯一の心配が、ウェストのサイズが合わなく(最近、危険になってきた)なってしまい、そもそも履けなく…

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

イメージ
uniqloセルビッジデニムの色落ち記録
昨年「このユニクロジーンズの色落ち記録は、今年で終わりにする」と書いた。なぜ終わりにしようと考えたかというと、実は別のジーンズを購入してしまったため、使用回数が少なくなるだろうと考えたからだった。
ところが、実際に一年過ごしてみると、わりと棲み分けのようなものが出来ていて、それなりにこのジーンズも使用する時間があった。特に、新しく購入したジーンズがやや厚手の生地だったので、夏場などはユニデニ(ユニクロデニムの略)に、だいぶ活躍してもらった。
そんなわけで、せっかく相棒として頑張ってくれているし、このブログの中でも「色落ち記録」の記事はそれなりにアクセスもあるし、ユニクロデニムの色落ち記録を四年間継続している人は少ないのではないか、と考え今年も掲載しておくことにした。予定は未定。作者の気持ちひとつで、ころころと変化するのである。



使用回数は、今までよりも減ったものの、こうして確認してみると、それなりに育っている気がする。成長期なのかもしれない。4〜5回履いたら、普通に洗濯しているので、メリハリのある色落ちではないが、静かに淡々と成長してくれたと思う。親はなくとも子は育つ、というやつだろうか。使い方を間違っているかもしれないが、つまりそういうニュアンスである。

裾はこのような状態である。波打ったかのような文様が、まるで手で描いたかのように刻まれている。(ちなみに裾は新品時から切っていない。軽くひとまくりすると、ちょうどいい長さだったので、そのまま履いていた)。ちなみに、若い頃はジーンズの裾が長めでも気にならなかったが、年齢を重ねてくると「だらしがない」ような印象になるので、最近は古着でも、ジャストサイズに裾上げすることが多い。


こちらの写真は、膝の周辺部分。普段はあまり気にかけることがなかったのだが、こうして改めて写真を撮ってみると、それなりに綺麗なグラデーションになっていた。右足の方が色落ちが大きいのは、足を組む時に右足を上にしてその上に手を置いている事が多いからだろう。


そんなわけで、これが私が四年間「育てた」ユニクロデニム(レギュラーフィット)である。自己主張は控えめだけど、とりあえず淡々と生活している、ような雰囲気に育ってくれたと思う。購入当初の段階で、だいたいこのレベルの色落ちをイメージしていたので、ひとまずこのデニ…

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

イメージ
裾上げデニムに、アタリをつけるには?
ジーンズをリジッドから育てるのは楽しい。時間と手間もかかるけれど、そうやって共に過ごしてきたジーンズには「人生の相棒」と呼びたくなるほどの、大切な一着になったりする。
それと同時に、私は古着のジーンズも好きだ。古着屋をめぐりながら「おっ、これはかっこいいな」と、いい感じに色落ちしたジーンズを見つけた時は、お宝を掘り出した時のような気分になる。
しかし、古着のジーンズの場合はレングスが合わない、という問題がある。短いものは諦めるしかないが、長すぎるものも困る。古着のジーンズの裾を切ると「とんでもなく、かっこわるく」なるからである。まるで別人になったかのような変貌を遂げることも、少なくない。 裾上げしたばかりの、のっぺりデニム 先月、ひさしぶりに古着で気になるジーンズを見つけて購入した。以前の持ち主は、裾上げをせずに裾を捲って履いていたらしく、そのまま履いているとズルズルと地面を引きずってしまう。最近は歳をとったせいなのか、裾はきっちりとした長さで履きたいと感じるようになった。そこで「かっこわるくなる」のを承知で裾上げをしてみた状態が、こちらである。

いかがだろうか。この、のっぺり感。清潔感あふれる、生真面目な青年のような表情になって帰ってきた。このまま履くのは、なんとなくムズムズする感じがするので、自分で手を加えてみることにする。
水で濡らし、乾かして縮ませる。 ジーンズは洗えば縮む。コインランドリーの乾燥機に回して急速に乾燥させれば、さらに縮みやすくなる。と、いうわけで裾を濡らして乾かしてみることで表情をつけていくことにする。
まずは自宅にあった、観葉植物に水をあげる水差しを使い、裾だけをたっぷりと湿らせる。別に水差しを使わなくてもいいのだが、なんとなく丁寧に作業している感じを出すために使ってみた。意外と便利だったので、お持ちの方は試していただきたい。


裾に「うねり(パッカリング)」が発生。 このような感じで、適当に。しかし、しっかりと芯まで湿らせてから乾かすことにする。本当ならドライヤーを使って、乾かした方がいいのかもしれないが、面倒なので石油ファンヒーターの前に置いて乾かすことにした。アマゾンのプライムビデオで映画を見ながら、乾かして、濡らして、また乾かすを三回ほど繰り返した裾の状態がこちらである。




おわかりいただけるだろう…

uniqloジーンズの色落ち(三年経過)

イメージ
UNIQLOセルビッジジーンズを、3年間育ててみた
今年も三月が来た。三月になってふと、そういえば毎年この時期に記録していたことがあったな、と感じた。何だろう? 何かしら重要な記録だったような気がしていたのだが・・・と、しばし考える。「そうだ、Uniqloジーンズの色落ち写真を撮っていたのだ」と、思い出した時の微妙な脱力感。特に重要なわけでもなく、もはや誰も期待していないと思うのだが、せっかく思い出したので撮影しておくことにした。


そして、こちらが購入から三年使用したUniqloジーンズの写真である。ごらんの通り、昨年の状態よりも全体的に青みが増し、少し皺が増えた。そう、ただそれだけである。劇的な変化は特に見受けられない。普通に履いて(月に5〜6回)普通に洗濯して(月に1回)適当に保管していると、このようになるという感じである。全体図は、

こうなっている。ここ何回か、裾をまくって履いていたので跡が残っている。変化といえば、そのくらいだろうか。

しかしまあ、こうやって自分が三年も着用してきたジーンズをしげしげと見ると、それなりに愛着のようなものが湧いてくるのを感じる。ジーンズが好きな人から見れば特に反応が返ってこないような状態だと思うけれど、それでも「自分が育てたら、こうなってしまったのだから仕方がない」という、開き直りのような気分にもなってくる。

ファッションに正解も不正解もない(と、思う)。みんなが正解で、みんなが不正解である(と、考えてみたい)。そして、それぞれが「自分にとって最高の一着」なのだと思う。結局のところ、たぶんきっと、そうなのだと思う。

さて、とりあえず、このシリーズも三年続けられたので来年は写真を撮って記録をすることは止めようと思っている。もちろん、このジーンズは履き続けるし天寿を全うさせるまで愛用したいと思っている。と、いうわけで、三年続いた「uniqloジーンズの色落ち記録」は、これで終了としたい。ありがとうございました。


追伸:本当は、ここで終了する予定だったのですが、一年後に更新してしまいました。続きはこちらで。(5)uniqloジーンズの色落ち(あれから四年後)


関連:
(5)uniqloジーンズの色落ち(あれから四年後) (4)uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)
(3)uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)
(2…

uniqloジーンズの色落ち(二年経過)

イメージ
UNIQLOジーンズの色落ち(二年経過)
このブログの中で、コンスタントにアクセスがあるのが「uniqloジーンズの色落ち」についての記事である。もしかすると続きが気になっている人がいる、かも? しれないので、ちょうど、前回の記事から一年が経過したところで(つまり、購入した時から二年使用したということ)更新してみたいと思います。

さて、どのように色落ちは進んだのか? その答えはこちら。



いかがだろうか? そう、自分でも驚くほど「前回とあまり変化していない」と感じる出来映えである。もちろん、部分部分では細かな変化があるし全体的に青みが増してはいるのだが、「ぱっ」と見た感じでは二年という時間を通り抜けてきたという印象は、あまり受けない。
前回と同じ場所で撮影したので背景も一緒だから「同じ写真だよ」と言われたのなら、ああそうかと信じる人もいるかもしれない。(前回の「購入一年後のuniqloジーンズはこちら)もう少し「おっ!」という軽い発見が欲しいところだったが、これが現実なのだから仕方がない。

ちなみに、あれから新しいジーンズは一本も購入していない。もう少し細身のものが欲しいな、とか、値引きされているものを店頭で見かけて購入しようかと思ったことはあったのだが、なんだかんだで結局この一本と、以前に購入したジーンズを組み合わせて乗り切ってしまった。使用頻度は、平均すると月に3〜4回程度。洗濯は月に1回くらい。この程度の使用だと、一年経過したとはいえ、まあこのくらいの変化が適当なのだろう。
とりあえず、もう少し色落ちしたあたりが、好みの段階なので様子を見ながらこれを「育てて」みたいと考えています。次回(一年後)までに、どのくらい変化があるのか? 実は某メーカーのジーンズで気になるものがあるので、もしかしたらそれを購入してしまうかもしれない。もしそうなったらこれは使用頻度がさらに下がるだろう。「ジーンズを育てるということは、飽きとの戦いである」これが、私がこの2年間で体験から学んだことかもしれない。

関連:
(5)uniqloジーンズの色落ち(あれから四年後) (4)uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)
(3)uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)
(2)uniqloジーンズの色落ち(あれから一年後)
(1)uniqloジーンズを買う。

⧬ デニムの記事 一覧

uniqloジーンズの色落ち(一年経過)

イメージ
UNIQLOジーンズ(セルビッチ)の色落ち 1年経過
今からちょうど一年前、ユニクロでセルビッチの生デニムジーンズを購入した。時の流れるのは早いものである。もう一年過ぎてしまったのか。あまりにも早すぎて、今が西暦何年なのか(2016年である)平成何年なのか(平成28年)即答できないくらいの早さで時間が過ぎていく。

中学生の頃は「1年あれば、なんでもできる」と息巻いていたが、今では「1年では短すぎる」と感じてしまう。これは決して良いことではないような気がするので、少し反省したいと思う。反省したところで、どうにもならないかもしれないが、とりあえず意識することが大切だと思うので心に留めておこうと思う。

さて話をもどそう。ユニクロのジーンズである。
あれから一年ほど、ジーンズは「これだけ」を着用してきた。平日は仕事があるので、ほとんど着用しなかった。週末もジーンズ以外で過ごすことも多かったので、この一年で着用したのは月に4回として、50回前後ではないかと思う。洗濯は3〜4回ほど着用したあと、普通に洗濯機で市販の洗剤を使って洗った。特にややこしいメンテナンスや気配りはしていない。そんな状況で一年間過ごしたジーンズがこれである。



いかかだろうか。そう、なんの変哲もない。とくに感慨もない仕上がりとなった。まあ、適当に着用して、適当に履いていると、こんな感じになるという見本である。全体的に色合いが淡くなり、手が触れる部分は白くなる。ストレスがかかる部分は柔らかくなり、そうでない部分はわりにシャンとしている。適当に履いているわりには、ほどよい感じに濃淡ができているのは、生地が良いからだろう(たぶん)。
丈の長さは、裾上げをしなかったので最初は「やや長め」だったのだけど、今は「ちょうどいい」感じになっている。1センチまではいかないが、5ミリは確実に縮んでいると思う。ちなみに、昔愛用していた某有名メーカーのジーンズよりは縮みが少なかった。色落ちも、ユニクロジーンズの方が若干緩やかのような印象である。

そして、ついさきほど「とくに感慨もない」と書いたばかりなのだが、こうやってあらためて観察していると、わりに「しみじみ」とした気分になってくる。他の人から見ると、なんてことのないジーンズなのだが「それでもオレにとっては、まあ、ね」というような気分になってくるのも不思議である。そんなものである。
そんなわけで…

UNIQLOジーンズを買う。

イメージ
ユニクロで買ったセルビッチジーンズを、育ててみる
ユニクロに行ったところ、セルビッチの生デニムを発見。良さそうだったし、ちょうど限定価格で安かったから購入してみることにした。

今は生デニムとかリジッド、などと呼ぶそうだけど、自分が学生のころは「ノンウオッシュ」と呼んでいたような気がする。当時はインターネットはなかったから、雑誌などを見て情報収集をして色々と地道に研究したものだった。
雑誌で「ジーンズをはいたまま風呂に入り、タワシでこする」というノウハウを見つけた時は「確かにこれなら、身体に合わせてきれいに色落ちしそうだ」とワクワクして試してみたくなったのだけれど、そうかといって実家の風呂でそんなことをしたら親に怒られそうなので、シャワーを浴びながらこっそりと擦ってみたものだった。そしてそんな苦労のわりには特に好みの色落ちにならなかったのも、また良い思い出である。
そういえば「ノンウオッシュは、洗うと縮む」ということを甘く考えていて、洗う前に裾上げをしてしまい、裾がくるぶし近くまで短くなってしまったこともあった。ガンガン洗えばきれいに色落ちする、と思い込んで、こまめに洗っていたところ、ただの白っぽいジーンズになってしまったこともあった。
周りを見ると「絶対に洗わない」ということで、遠目で見ても汚れて色が変色?しているようなジーンズをはいている人もいたし「裾上げはしない」と言って、20センチくらい捲って履いているような人もいた。「俺はロッカーだからスリムしか履かない」と言って、遠くから見ると下半身だけがひょろりとして見える人もいた。
現在のように、簡単に情報を入手できない時代だったから勘違いや失敗も多かったけれど、その分(よくもわるくも)個性的な人は、とことん個性的だったような気がする。
まあそれはともかく、久しぶりにノンウオッシュのジーンズを購入したので、昔を思い出しながら色落ちを楽しんでみようかなと考えています。 最初の色合いがこれ。実は個人的にはこの状態の色も好きなので「このままでもいいかな」という気持ちもあったりします。


関連:
(5)uniqloジーンズの色落ち(あれから四年後) (4)uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)
(3)uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)
(2)uniqloジーンズの色落ち(あれから一年後)
(1)uniqloジーンズを買う。