Macbookのメモリを交換してみる。


愛用のMacbookも使用開始から2年が経過。色々なソフトやデーターなどが増えたことで、全体的に、動作が遅くなったと感じられることも多くなってきたが、買い替えをするまででもないので、気休めと気分転換に、メモリを交換してみることにした。
現在の、状態は、購入段階の「512MB+512MB=1GB」のまま。今回は「1GB+1GB=2GB」へ交換することにする。ネットで注文をして、数日後に到着したメモリを手に、さっそく作業開始。
ネットで交換方法を検索し、一通り頭の中にいれてから、Macbookのバッテリーをはずしてみる。するとそこに「メモリ交換方法」が、イラスト入りで掲載されているのを発見(ただし英語表記だが)。と、いうことは、Appleもユーザー自身でメモリ交換をすることを、推奨しているのか? などと考えつつ、一応イラストを確認してから作業続行。
レバーを引くと、メモリがはずせる仕組みになっているので、予想以上にスムーズに作業終了。バッテリーを装着して、起動してから、メモリを認識しているかどうかを確認。問題無し。ちゃんと2GBになっている。では、動作の方は向上したのかな? と、ソフトを立ち上げてみると、体感速度が1.5倍くらいにまで向上しているものがあった。よかった。これなら、メモリを交換したかいがあったというもの。
ただし、一番気になっていた「photoshop」は、残念ながら早くなった感じがしなかった。これは、メモリではなく、プロセッサのパワー不足なのかな? と思いつつ、でも全体的には向上しているので、よし、とすることにしました。次は、HD交換か??

このブログの人気の投稿

Macは、何年使えるのか?

神割崎キャンプ場で、春のキャンプ日記

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

はじめてのレザークラフト(土屋鞄製造所 レザークラフトキット編)

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ