登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ

9月の連休を利用してキャンプへ行ってきた。
最初は「神割崎キャンプ場」へ行く予定だったのだけど、ちょうど「ツール・ド・東北2014」の日程と重なっていることに気がついた。石巻から神割崎へと続く道はレースのルートと重なってしまう。そこで、運営の邪魔になるといけないので同じ宮城県内の「登米森林公園キャンプ場」へ変更することにした。自分の場合、直前の変更はプラスに働くことの方が多い。おそらく今回は登米でキャンプをすることで、何か面白い体験ができるのかもしれない。たぶんそうだ。

キャンプ地へ向かう前に、南三陸の方まで足を伸ばし「さんさん商店街」で買い物をした。モアイ像も見た。お土産に「かりんとう」を買い、ソフトクリームを食べた(それにしても、旅先でソフトクリームが食べたくなるのはなぜなのだろう?)。

商店街をひとしきり散策したあと、まだ時間には余裕があったので、そこから車で10分ほど移動したところにある、ホテル観洋の日帰り温泉に立ち寄ることにした。露天風呂から太平洋を眺め、のんびりとした気分でほんわかとしていると、時間はすでに午後3時を回ってしまっていた。秋の太陽は早い。夕食の食材も買いに行かなければいけない。いそいで本日のキャンプ地へと向かう事にする。

登米森林公園キャンプ場は、登米町から車で20分も山の方へ向かって走った先にある。静かな山間の道をゆっくりと走っていくと道沿いに採石場が見えてくる。こうやって山から切り出された石が、トラックで運ばれて様々なところで使われていくのだろう。この周辺では、どのような石が採取できるのだろう。普段見慣れない風景に、思わず車を止めて眺めてみたくなったけれど、時間もないので先を急ぐことにする。

県道から左に折れ、やや細い山道を上がっていくと事務所の建物が見えてきた。受付で手続きをして、利用料金を払って場所の説明を受ける。今回はフリーサイトを選んだのだけど、ここではサイトの入口までは車で荷物を運んでも良いのだそう。さっそくサイト入口まで車を移動して荷物を下ろし、テントの設置を始めることにする。

今回のキャンプには、新しく購入したばかりのタープを持ってきていた。実は、このタープは出発の2日前に届いたばかりだったので、実際に広げてみるのは今日が初めてだった。付属品の確認さえも行っていなかった。
僕は仕事柄なのか見た目(?)なのか「几帳面」に思われがちなのだけど、実はかなりいいかげんなところがある。まあいいや、なんとかなるだろう、で済ませてしまうことが多い。

本当に几帳面な人ならば「届いたら内容物を確認」して「テストで一度設置してみる」くらいのことはすると思う。そもそも出発の2日前に受け取るのではなく、もっと余裕を持って入手すると思う。きちんと計画を立てて「あ、この日はツール・ド・東北2014の日だから、神割崎キャンプ場は避けた方がいいな」と大分前から日程を確認すると思う。自分のように2日前に行き先をバタバタと変更したりはしないと思う。これから出会うみなさんに「なんだ、几帳面な人だと思っていたのに全然違うんだね」と失望(?)されると困るのでここに記してみた。

と、まあ話がそれたので元に戻そう。いつものようにテントをサクサクと設置し、タープにとりかかる。ご存知の方も多いと思うけれど、タープの設置には少しだけコツのようなものが必要になる。慣れないとちょっと手間どってしまうので(実際に後からやってきた方は、タープがうまく張れなくて何度かやり直していた)もしも恋人の前で、颯爽とテントを設置して、格好よく振る舞いたい男性は事前に練習しておくと良いかもしれない。

自分の場合は連れに手伝ってもらって「はい、もう少しこちらを張って」「ちょっとこちらが弱いかな」という感じで微調整をしながら張ったので、さいわいに特に戸惑うこともなく設置することができた。付属品も全部揃っていた・・・と思う。足りなかったものはなかった・・・と思う。

設置を終えてから、受付事務所で借りてきたバトミントンを使って打ち合いをしたりバレーボールで遊んだりしているうちに日が傾いてきたので、料理の準備を始めることにする。火をおこしたり水を汲んだり、料理をしているうちに、あたりが暗くなってきた。

このキャンプ場を選んだ理由のひとつが「星空がきれいに見えるキャンプ場」ということだったのだけど、天気予報によるとどうにも雲行きが怪しいらしい。

今はまだ晴れた空が広がっているけれど、やはり曇ってしまうのだろうか、と見上げた空の様子をうかがっていると、遠くの方で雷の音が聞こえてきた。天気が急変して、ざっと雨が降りそうな気配がある。

空模様を気にしながらも、連れが作ってくれた美味しい豚汁を食べたり、炭火で鶏肉を焼いたりしていたところ、事務所の方がやってきて「短時間ですけれど、強い雨が降ってきそうです」と声をかけてくれた。親切である。やはり星空を楽しむどころではないかな、と思っていたところテントを叩く雨の音が聞こえてきた。パラパラと弱い雨。この後、強い雨が降るのだろうかと思いながら、食事をしたりコーヒーを飲んだりしながら様子を見ていると、幸いなことに30分ほどで雨が止みそうな気配になってきた。おそるおそるタープから顔を出して空を見上げる。思ったよりも雲が薄い。どうやら雨雲はこのキャンプ場を避けて行ってくれたらしい。そして、雲の隙間から星が見える!これはチャンスだ。 

サイトのそばに電灯があったので、灯りが少ない場所を探して移動してみる。まるで先程まで雨が降っていたことが嘘のように、雲が晴れていく。そして鮮やかな星空が広がる。細やかな星明かり。普段は見る事ができない、微かな星の輝きの群れ。そしてなんと「天の川」まで見ることができた。ぼんやりと霞んで見える白い一本の筋が空を横切っている。「あれって天の川だよね」と近くにいた人達が話している声も聞こえる。

「ではみなさんは、そういうふうに川だと言われたり、乳の流れたあとだと言われたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」(銀河鉄道の夜 宮澤賢治)


数時間後、雲はその厚さを増して空を覆ってしまっていた。星空が見えたのは、ほんの1時間ほどだった。
今年のキャンプは天候に恵まれずに、星空を眺めることができなかったのだけど、今回は星どころか天の川まで見る事ができて素晴らしい時間を過ごすことができた。よかった。すばらしいプレゼントをありがとう。
設備も綺麗だし、職員の方も親切だし、立派な遊具もあるし、今回は、登米森林公園キャンプ場を選んで良かったと思いました。

このブログの人気の投稿

吹上高原キャンプ場へ

天童高原でキャンプ日記

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

Macは、何年使えるのか?