腕時計のベルトを、ダイソーのベルトに交換する(その2)

ベルトが切れたのは、六ヶ月後の7月23日だった。


以前、ダイソーで購入した腕時計のベルトが切れてしまった。想像していたよりも早く切れてしまったので、これに交換したのはいつだったかと前に書いた記事を確認してみると、六ヶ月前の「1月23日」だった。そしてそう、この記事を書いているのが「7月23日」である。まるで申し合わせたかのように、ぴったり六ヶ月後に切れてしまったのだった……。

と、なにかスピリチュアルっぽい雰囲気で書いてみたが、別に特別なことは起きていない。しかしちょうど日付まで同じ日になるというのは、なかなか面白いできごとである。もし何か不可思議なことが起きたのなら、追加で書いてみようと思う。

ナイロン製のベルトに交換する。


それにしても、六ヶ月は少々早い気もするが、横幅を合わせるために切った部分が弱くなっていたのが原因かもしれない。しかし、なんといっても100円(税別)である。六ヶ月も使えたのだから、十分に役に立ってくれたと思う。

さて、もう一度ダイソーの同じベルトを買うか。それとも別の100均で探してみるか。それとも今度は、もう少しちゃんとしたものを購入するか。そんなことを考えつつ、ダイソーに行ってみると別のタイプのベルトがあることに気がついた。


おそらく元ネタは某社のアレと思われる、ナイロン製のベルトである。この腕時計に合わせるとカジュアルすぎるかな、と思ったのだが、なにせ100円(税別)である。今回は、こちらに交換してみることにする。


交換してみたのが、こちら。予想通り幅が広かったので、バネ棒が干渉する部分はハサミで切って細くした。またもや耐久性は落ちると思うのだが、なにせ100円(税別)なので、気にせず切って装着してみたところ、思いの外しっくりとおさまった。

前回のベルトと比較してみる。が……



前回のベルトの写真と、並べてみた。左側が新しいベルトで、右側が前回のものである。同系色(黒色)のせいか、驚くほど違いがわからない比較写真となってしまった。とりあえず、明日からこれを使ってみて「あれ? ベルト替えました?」と誰かが気がついてくれることを期待してみたいと思う。


このブログの人気の投稿

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

今のところ、PayPayをメインに利用しています。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

吹上高原キャンプ場へ

網張温泉キャンプ場へ:岩手で夏キャンプ 二日目