投稿

ラベル(ダイソー)が付いた投稿を表示しています

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入

イメージ
iPhoneSE2対応の保護フィルムを購入(Daiso)以前の記事で、iPhoneSE2(2020)用の保護ガラスフィルムをダイソーで購入したことを書いた。結論をまとめると、iPhone8用だとサイズはちょうど良いのだが、ガラスの形状が異なるため周辺が浮いてしまう、という不具合が生じてしまうという結果になった。最初は浮いている部分が気になったものの「100円(税別)なら、これで必要十分。もしSE2用のガラスフィルムが発売されたら買い換えよう」と考え、そのまま使うことにしたのだった。あれから数ヶ月、ダイソーに買い物に出かけたところ、スマホ関係のコーナーにiPhoneSE2対応のガラスフィルムが販売になっているのを見つけた(注 パッケージにはFor iPhoneSEと表記されているが、この記事では旧iPhoneSEと区別するために2020年モデルをSE2と表記する)おお、対応品が発売になったか! と、買ってみることにした。それが、こちらである。 商品名は「衝撃に強い 液晶保護ガラス」。商品の特徴をシンプルに表現した、わかりやすいネーミングである。「いろいろな保護ガラスが発売されているけれど、ウチのは衝撃に強いのがウリだから!」という主張が感じられる。 そして、今回驚いたのが、フィルムを貼る際に汚れを除去するシートが「Wet と Dry」の2種類添付されていたことである。(1)(2)と数字がプリントされているので「最初にWetで汚れを落とし、仕上げにDryで拭いて仕上げましょう」ということだろう。なんというか「100円で、ここまでサービスしなくても・・・」というほどの、内容である。逆に考えれば、ここまでサービスしないと採用されな・・・いや、内部事情はわからないのだが、デフレ社会もここまできたか、という印象だった。消費者としては、ありがたいが、少々余計な心配をしてしまった。
従来品と比較してみるさて、実際に貼ってみると・・・。そう、パッケージに「画面表示部の両端は覆わない設計」と※印付きで表記されている通り、浮いていた部分をカットして小さくした仕様に変更されていたのだった。たしかに、この仕様にすれば、形状に合わせて再設計する必要がない。なるほどなあ、と思いつつ貼って比較して見たのが下の写真である。 左側が改良版で、右側が従来版である。右側の方がサイドぎりぎりまでフィルムが届いてい…

iPhoneSE2に保護フィルムを(ダイソーで購入)

イメージ
iPhoneSE2に、保護フィルムを貼ろう新しいiPhoneを購入して、まっさきにやることのひとつが「保護フィルム」を貼ることだろう。強化ガラスを使用しているので、そうそう傷はつかないと言われても、やはり気になってしまうもの。できるだけ早い段階で貼っておきたい。
以前、キャリアで機種変更をしていた時は、店頭でおすすめされた保護フィルムを購入したりしていた。しかし、専用の保護フィルムは1000円前後である。ダイソーなどの百均では100円(税別)で購入することができる。それならば、100円で購入したものを、定期的に交換すればいいのではないか? 
100円×10枚 = 1000円 なので、お得な気がする。実際には性能などを考慮すると、最初から1000円のものを購入した方がいいかもしれないが、とりあえず初期投資を抑えられるのはありがたい。
と、いうことで、今回は百均で保護フィルムを購入して、新しいiPhoneSE2に貼ってみることにした。結論からいうと、今回は百均で販売されていた4枚の保護フィルムを購入することになった。色々試すために4枚購入したのではなく、試行錯誤を行った結果4枚も購入することになったのである。しかも、最終的に「あまりよくない」という結果に終わってしまった。なので、これから購入する人のために、筆者の個人的な失敗談を書いてみたいので参考にしていただきたい。
保護フィルムは「透明度」で選びたい個人的に、保護フィルムを選ぶ時の基準のひとつが「透明度」である。ブルーライトカット仕様のものだと、色がついていたり透明度が落ちたりするので、曇ったガラス越しに見るような感じになってしまうフィルムもあるので注意が必要だ。
実際に、今回最初に購入したフィルム(ブルーライトカット仕様のもの)は「透明度」が想像以上に落ちていて、画面が綺麗に見えなかった。筆者には「画面が曇っている」ように感じられたので2日ほど使ってみて止めてしまった。

左側が、ガラスフィルム。右側が、ブルーライトカット仕様の保護フィルム(樹脂製)。このように並べて比較してみると、透明度の差がおわかりいただけるかと思う。確かにブルーライトはカットしたいが、ここまで透明度が落ちてしまうと悩んでしまう。
このフィルムだけが「濁って」見えるのかもしれない、と他のブルーライトカット仕様のフィルムも購入してみたのだが、程度の差はあるが「…

ダイソー腕時計(300円)の電池を交換する。

イメージ
ダイソー腕時計の電池を交換する。
十ヶ月ほど前に購入した、ダイソーの300円腕時計が、時間が遅れるようになってきた。おそらく電池交換の時期なのだろう。300円とはいえ、使い捨てにするのはもったいないので電池を交換してみることにした。


用意するのは「マンガンリチウム電池CR2032」「超精密ドライバー」のふたつ。両方ともダイソーで購入してきた。合計で220円(税込)それにしても「超精密ドライバー」が110円(税込)で購入できるとは、あらためて100均のすごさを実感する。

裏蓋をドライバーを使ってとりはずす。すぐに電池が見えるかと思ったら、シールのようなものが貼られていたので、はがす。

さて、今度こそ電池と対面と思いきや、金具で固定されていた。左右がネジでとめられているので、あわてずに外そう。ネジが小さいので紛失しないように注意。

固定していたパーツをはずし、電池を交換する。個人的に、このような「基盤」を見ると、なんとなくわくわくしてくる。「理科の実験」という気分になってくる。

あとは、ここまでの手順を逆に進めて時間を合わせれば終了。所要時間は10分程度。とくに難しい部分はないのだが、ネジをふっとばして紛失しないように気をつけよう。
電池交換後は、時間の遅れもなく順調に動作している。この時計には、近所の散歩の時など、まだまだ活躍してもらおうと思います。
関連 ダイソーの300円腕時計を購入する

「ローズマリー」で、鳩対策(その2)

イメージ
鳩がベランダに! ベランダの方から「バサバサ」と音がした。嫌な予感がした。急いでベランダに近づくと・・・いた! 手すりにヤツ(鳩)がいた。そして、こちらを「じっ」と観察している。そう、今年もこのシーズンがやってきたのだ。

前回「私と鳩の7日間決戦 ダイソーアイテムで対策」を書いたのは、ちょうど2年前だった。昨年はこなかったので「もう、こないだろう」と考えていたのだが、それは甘かったようだ。「鳩は気に入った場所に執着する」という情報を目にするが、どうやら私のベランダは「お気に入りの場所」のひとつになっているのかもしれない。まったくうれしくない「お気にいり」である。
とはいえ、巣作りを始められてしまうまでが勝負なので、早急に対策を施すことにする。もちろん今回もダイソーアイテムを主軸にして、プラスアルファで対応することにする。 まずは「掃除」 なにごとも整理整頓と清掃が基本である。まずはベランダを掃除する。「鳩は自分のニオイが残っているところを好む」という情報を目にしたので、手すりなどを消毒液を使って拭いておいた。だいぶ綺麗になったので、これで鳩が来なければ「おかげでベランダが綺麗になったよ」で終わるのだが・・・。
鳩よけには「ローズマリー」?
そして、前回の「鳩よけアイテム」に加え、今回新しく導入したのが「ローズマリー」である。ハトは「バラやミントの香り」を嫌うらしく「ローズマリー」でも効果が望めるらしい。偶然、ローズマリーの鉢植えがあったので、それを「鳩よけ」として最前線(鳩がやってくる位置)に設置してみることにした。
今回は、このような布陣で鳩に挑むことにする。鳩はハトで巣作りに必死だと思うのだが、こちらはこちらで「ここに作られては困る」わけである。ここ数日が勝負だと思うので気合をいれて対応していこうと思う。

前回の記事:私と鳩の7日間決戦 ダイソーアイテムで対策


(追記)対策をほどこして数日が過ぎた。2日間ほど、近くの電信柱にとまっているのと、朝方にバサバサと羽音を立てて頭上を飛んで行ったのを見かけたのだが、その後ベランダにやってきた様子はない。

朝に「ポーポーポポ」と鳩の鳴き声が聞こえてくる度に「きたか!」と反射的にベランダを見てしまう。ここ数日が鍵だと思うので、とりあえずベランダを掃除して様子を見てみたいと思う。
(追記2)ベランダでハトを見かけてから10日…

ダイソーの腕時計(300円)を購入。

イメージ
Daisoの腕時計(300円 税別)を購入
先日ダイソーに行った時、腕時計が目にとまった。「元ネタはSのアレかな?」というのが最初の印象。特に腕時計を探していたわけではなかったのだが、なんとなく気になって眺めているうちに購買欲が高まってきてしまった。100円ではなく300円商品だったのだが「ダイソーの300円商品にハズレなし」の個人的経験則にしたがって買ってみることにした。


機能はシンプル。カレンダー、ストップウオッチ、アラーム、一時間ごとの時報という必要十分機能。日本語の説明書が付属していたので、時刻合わせなども特に問題なく調整できた。見た目は「防水仕様」のような印象を受けるのだが、実際は「防水ではない」ので、水に濡れそうなところでは使用を避けた方がいいだろう。


ライトもある。実際、夜間に使用してみたのだが問題なく視認できた。画面も大きくて見やすいので、思っていたよりも使いやすいと感じた。シニアの方でも見やすいサイズ感だと思うので、夜の散歩の時などにおすすめだと思う。


サイズの参考に、机の上にあった単四の電池を載せてみたところ、ちょうど上に載るサイズだった。なんとなく参考にしてみていただきたい。


腕につけてみた時の写真。筆者(男)でも、やや大きめの印象になるかと思う。ビジネス用としてはカジュアル性が強すぎる感があるが、休日にはいい感じのアクセントになると思う。筆者は登山用にPRO TREKの腕時計を使っているのだが、多機能アウトドア系のゴツゴツした腕時計が好きな人は気になるデザインではないだろう。実際、自分は気に入りました。しばらく活躍してもらうつもりである。
関連 ダイソー腕時計の電池を交換する

腕時計のベルトを、ダイソーのベルトに交換する(その2)

イメージ
ベルトが切れたのは、六ヶ月後の7月23日だった。
以前、ダイソーで購入した腕時計のベルトが切れてしまった。想像していたよりも早く切れてしまったので、これに交換したのはいつだったかと前に書いた記事を確認してみると、六ヶ月前の「1月23日」だった。そしてそう、この記事を書いているのが「7月23日」である。まるで申し合わせたかのように、ぴったり六ヶ月後に切れてしまったのだった……。

と、なにかスピリチュアルっぽい雰囲気で書いてみたが、別に特別なことは起きていない。しかしちょうど日付まで同じ日になるというのは、なかなか面白いできごとである。もし何か不可思議なことが起きたのなら、追加で書いてみようと思う。

ナイロン製のベルトに交換する。
それにしても、六ヶ月は少々早い気もするが、横幅を合わせるために切った部分が弱くなっていたのが原因かもしれない。しかし、なんといっても100円(税別)である。六ヶ月も使えたのだから、十分に役に立ってくれたと思う。
さて、もう一度ダイソーの同じベルトを買うか。それとも別の100均で探してみるか。それとも今度は、もう少しちゃんとしたものを購入するか。そんなことを考えつつ、ダイソーに行ってみると別のタイプのベルトがあることに気がついた。

おそらく元ネタは某社のアレと思われる、ナイロン製のベルトである。この腕時計に合わせるとカジュアルすぎるかな、と思ったのだが、なにせ100円(税別)である。今回は、こちらに交換してみることにする。

交換してみたのが、こちら。予想通り幅が広かったので、バネ棒が干渉する部分はハサミで切って細くした。またもや耐久性は落ちると思うのだが、なにせ100円(税別)なので、気にせず切って装着してみたところ、思いの外しっくりとおさまった。
前回のベルトと比較してみる。が……

前回のベルトの写真と、並べてみた。左側が新しいベルトで、右側が前回のものである。同系色(黒色)のせいか、驚くほど違いがわからない比較写真となってしまった。とりあえず、明日からこれを使ってみて「あれ? ベルト替えました?」と誰かが気がついてくれることを期待してみたいと思う。

関連:腕時計のベルトを、ダイソーのベルトに交換する(その1)
ダイソーの時計(300円)を購入する

木製のフォークを手作りしてみた。

イメージ
ダイソー手作りキットで、ディナーフォークを作る
ダイソーで「ディナーフォーク」を作るキットを見つけた。木材(ヒノキ)からフォークを削り出して作成していくキットで、中学校の図工の時間を思い出して作ってみることにした。ちなみに自分の中学校の頃の図工の先生は、非常に偏屈な性格で、なぜか自分は目をつけられていて、理不尽な理由で殴られたものだった。確かに自分も生意気だったと思うけれど、あの先生もかなりひどい人だったと思う。まあ、もう昔の話なのでどうでもいいのですが……。


そんな中学校のころの思い出を振り返りつつ、さっそく作り始める。まずは中に入っていた木片に図面を書くところから。この段階ですでに歪んでいるのだが、作りながら修正していけばいいかな、と適当に続行する。

とりあえず、ざくざくと削っていく。今回使用している道具は「カッターナイフ」と「彫刻刀」である。特別な道具は使用していない。鉛筆を削る要領で、ざくさくと削っていく感じである。ちなみに今回の作業を振り返ってみて「一番、大変だった」のが、この段階の作業だったように思う。自分はカッターナイフで削ったのだが、お持ちの方は小型の糸ノコなどで周辺を切り落としてしまった方が早いと思う。結構、指が痛くなります。
少しずつ作り込んでいく、おもしろさ
さらに削り込んでいきます。このあたりから、段々面白くなってきました。少し削っただけでも印象が変わってしまうし、一度削った部分は元には戻らないので、慎重にコツコツと、そして時々失敗しながら削っていく。気がつくと一時間以上も作業をしていたことに気づき「こんなに集中したのは久しぶりだ」と、しみじみと考える。肩や背中が痛いけれど、それ以上に充実感があった。
週末の「地道」な、たのしみ


さらにコツコツ削り続ける。写真の光の具合でお気付きの方も、いらっしゃるでしょう。すでに作成開始から、ここまでに数日の時間が過ぎてしまっている。週末の空き時間に、少し削って様子をみて、また少し削って、とコツコツ作業を継続し、ようやくこの形になった。
おそらく早い人ならば、数時間でこの段階まで作り込めると思うのだが、今回は急がず少しずつ作業を進めることにした。結果的に「よし、今日もフォークを削ろうかな」と「週末の楽しみの時間」ができてよかったと思う。ひさしぶりに「少しずつ作り込んでいく面白さ」を楽しむことができた。

今回の「高速バスの旅」で役立った、ダイソーアイテム

イメージ
高速バスの旅で役立った、ダイソーアイテム

高速バスの旅は長時間の移動を、どれだけ快適に過ごせるかが重要なポイントになります。とはいえ、せっかく旅費を節約したのですから、高価なアイテムなどを購入するのではなく、百均アイテムを活用して乗り切りたい人も多いでしょう。

と、いうわけで、今回の高速バスの旅で使ってみたダイソーの商品を数点紹介してみたいと思います。
(1)耳栓 今回使用してみて、1番効果を感じたのが耳栓でした。音を遮断することで、眠りに集中できる(と、いう表現もおかしいですが)のが大きかったと思います。帰りの便では、前方の席の人がいびきをかく人だったのですが、それも気になりませんでした。

注意点としては、休憩時に車内アナウンスで案内があるのですが、耳栓をしていると聞こえにくい点。自分の場合は「そろそろ休憩の時間かな」と目安をつけて、耳栓を片方外していました。



ちなみに今回購入したダイソーの耳栓は、押しつぶして小さくしてから耳の中に入れてフィットさせるタイプでした。左側が通常の形で、右側が潰した形です。結構潰れますよね。こんなに潰して大丈夫なのか、と心配になりますが、ゆるやかに再生して元の形に戻りました。

そういえば高校生の頃、予備校の自習室で友人が耳栓をして勉強していたんですね。なんとなく気になったので「それって効果あるの?」と質問すると「効果というか、集中できる感じがするよ」と言われたことを多い出しました。数十年経て「集中できる」という意味を、今回のバス旅でようやく体感できたのでした。

(2)アイマスク 子供のころ、新幹線の中などでアイマスクをしてる人を見かけると、なんとなく「かっこいい」と思っていました。たぶん「旅慣れた」雰囲気を感じたのだと思います。今回、自分も旅慣れた感を出そうと思い、ダイソーで見つけて購入してみました。




高速バスの中は、消灯されているのですが、室内灯がぼんやりとついているんですね。特に気になるような明るさではありませんが、アイマスクをすることで光を遮断することができました。

個人的に、睡眠時に室内を暗くするとことは、良質な睡眠をとる時の大切な要素の1つだと思っているので、気になった方は試してみて下さい。ちなみに「旅慣れた感」は、特に出せなかったと思います。

(3)ネックピロー 連れがネックピローを愛用しているのを見て、自分も購入してみ…

ダイソーの「シミとりマーカー」で、シャツのしみは落ちるのか?

イメージ
シャツに、シミを発見! 先日、金沢への旅から帰ってきて、着ていた服を洗濯しようとした時に気がついた。シャツに点々とシミがついている。しかも右側前面に、わりと広範囲に付着している。なんだこれは? どこでついたのだろう? 記憶が全然ないぞと思いつつ、驚いていてもシミは消えないので、普通に洗剤を使用し手もみ洗いをしてみることにした。

最初は「手もみ洗いをすれば、落ちるだろう」と考えていた。しかし、洗って乾かしてみても、ごらんの通り。シミが消えるどころか、頑固に残っている。わりと気に入っていたシャツだし、購入してからまだ数回しか着用していなかったので、なんとか落としたい。クリーニングに頼んだ方がいいかな、などと考えながらネットで検索してみると「ダイソーのシミとりマーカーが良い」という情報を見つけた。
よし、またダイソーにお世話になってみて、それでダメなら考えよう。そう考えて、さっそく試してみることにした。
「シミとりマーカー」購入

日中、移動した時にダイソーで「シミとりマーカー」を購入してきた。パッケージに「応急用」と印字されているが、すでに時間が経ったシミでも落ちるのだろうか? とりあえず試してみるしかないので、ざっと説明を読んでから使ってみることにした。

使い方は簡単。シミの部分を水で濡らしてから、そこをマーカーで擦るだけ。本番に移る前に、まずは目立たないところで試すべきだったな、とすぐに気がついたが、始めてしまったので引くわけにもいかないので続行する。加減もよくわからないのだが、なんとなく適当に続行する。迷いながらも続行する。
シミとり作業「完了」

筆者は「几帳面」と思われることも多いのだが、実はけっこうアバウトである。体育会系のノリというか「じゃあ、やってみますか!」と勢いで、どんどん進めていくことも多い。
今回も最初こそ慎重に始めたのだが、だんだんアバウトになり、最後の方ではだいぶ適当に作業してしまった。「何度も繰り返すのは面倒だから」と、必要以上に擦ってしまったような気がする。もしかすると、逆に生地を傷めてしまったかもしれない。しかし、もう後にはひけない。そう、いつも私は、後になってから「やりすぎだ!」と後悔するタイプである。
結果。シミは落ちたのか・・・? 作業を終えて、乾かすこと数分。手揉み洗いで落ちなかったシミを「シミとりマーカー」で落とすことはできた…

ダイソー「300円マウス(ワイヤレス)」を使ってみた。

イメージ
ダイソーのワイヤレスマウス(300円)購入
マウスが故障した。4〜5年ほど、ほぼ毎日のように愛用(酷使?)してきたので、天寿を全うしたと言えると思う。新しいマウスを購入しようと思いつつ、ノートパソコンだとマウスがなくても、それなりに使えるので買いそびれたまま数日が経過していた。

先日、ダイソーへ寄った際に「そういえば、ダイソーにマウスが販売されていたような」と朧げな記憶を頼りに、パソコンの周辺機器のコーナーへ向かった。「あった」しかもワイヤレスタイプじゃないか。興味もまさり早速、購入してみることにした。



自分が店頭で見た時は、2種類のワイヤレスマウスが販売されていたのだが、こちらの方が手に馴染みそうだったので、写真のタイプを購入することにした。値段は300円(税抜)。個人的に「ダイソーの300円商品は当たりが多い」という経験則があるので、期待を高めつつ早速使ってみることにした。



このマウスは単四電池を二本使用する(別売)。実は、自宅で以前使用していたマウスが「単三電池」を使用するタイプだったので、間違えて単三電池を用意してしまった。ちゃんとパッケージにも「単4形乾電池」と表記されているのに、見落としてしまったのである。思い込みというのは恐ろしいものだ。みなさんも、気をつけていただきたい。このマウスは「単四電池二本」である。

電池を入れたあとは、USBレシーバーをMacに差し込むだけ。特に問題なく認識することができた。使ってみた印象としては「性能面」では価格の面からも必要十分。300円でワイヤレスマウスという点も「すごいなあ」と感心する出来でした。
まだ使用してまもないので、電池の持ちについてはわからないのですが、使用せずにしばらく放置していると電源が切れる(クリックすると復活する)仕様になっていたので、そこまで気になることもないように感じた。なんといっても300円(税別)なので、出張先でマウスを忘れて困った時などには、ダイソーに飛び込めば購入できる、という便利さもいいですね。
「使用感」としては、ホイールが自分には「動きが硬い」ように感じられたので、私のように「滑らかに動くタイプが好み」の方は、気になるかもしれません。ホイールやクリックした時の感覚等は、個人の好みが大きいところだと思いますが参考まで。とりあえず新しいマウスを購入するまでは、このダイソーマウスに活躍してもらおうと…

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

イメージ
腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンドに交換。
連れからベルトが破損した腕時計をもらった。本体だけの腕時計は、なんとなく間が抜けた感じがする。このまま放置しておくのは可哀想だし、まだ使えそうなのでベルトを交換することにする。

ダイソーで腕時計ベルト(100円)を購入。とはいっても、新品のベルトを購入するとなると、そこそこの値段がする。本体が二千円前後だったそうなので、どこまで再投資をするかが迷いどころだ。さて、困った時は、ダイソーへ行こう。確か、一度ベルトが販売されているのを目にしたことがあったような・・・。



あった! おそらくワニ革を模したと思われる、合皮のベルトがあった。もちろん100円(税抜)だ。しかも交換用の工具も付属している。しかしここで気になるのはベルト幅だ。パッケージにも「お手持ちの時計の幅を確認してください」とスケールが印刷されている。そう、せっかくベルトを購入しても幅が合わなければ意味がない。しかし、腕時計の本体は家に置いてきた。戻ってとってくるのも面倒だ。「見た感じ、なんとなく大丈夫そうだ」という自分の感覚だけを頼りにして、買ってみることにする。


バンドのサイズが合わない! さあどうする?


帰宅し、机の上に置いてあった腕時計に合わせてみると・・・おしい! ほんの数ミリほどバンドの幅が広い。このままだとはみ出してしまって取り付けることができない。やはり感覚だけに頼ってはいけないのだ。さあ、どうする?


答えは簡単だ。バンドの角をハサミで切ってしまえばいい。これが数千円のバンドなら躊躇しただろう。しかしこれは100円(税抜き)である。気軽にカスタマイズして調整してしまえばいいことなのだ。さきほど「感覚だけに頼ってはいけない」と悟ったばかりだが、舌の根も乾かないうちから再び感覚だけを頼りにし、近くにあったハサミで目分量でざっくりと切ってから取り付けてみると・・・。



ぴったり! まるで専用のベルトのよう! とまではいかないが、なんとか収めることができた。近くで見ると左右に隙間が空いているが、そこまで覗き込むようにしてベルトを見る人はいないだろう。ひとまず成功、と評価してよいのではないかと思う。

ちなみに「バネ棒」は、ダイソー替えバンドに付属していたものではサイズが合わなかったので、オリジナルのバネ棒に交換して使用した。バネ棒は交換の際に紛失しやすいので注意して作業を…