マランツプロ「Umpire」のゴム問題(ダイソーで対策)

現在私は、Zoomなどのオンライン会議に「マランツプロ Umpire」を使用している。MacにUSBで接続するだけで使えるし、音声も内臓マイクよりもクリアになる。値段も6千円前後というお手頃な価格帯だったので、気に入って愛用していた。

が、しかし一点ほど気になる点があった。このマランツプロ Umpireは、マイク本体とショックマウントを輪ゴムでくくりつける仕様になっている。この輪ゴムが、意外にすぐ切れてしまうのである。


先日も「ゴトン」と音がしたので、何だろう? と確認してみたところゴムが劣化して切れ、マイクが机の上に落ちた音だった(上の写真)。つまるところ、マイク本体もそこそこ重量があるわけで、付属の輪ゴムでは耐久力不足なのである。

そこで、もう少し太いゴムを使った方が良いだろう、と思い家の中を探していた時にふと、髪を結わえるゴムが目にとまった。妻が使っている黒い髪ゴムで、これならば太さもあるし耐久性もよさそう。マイクを固定するには数本必要になるので、ダイソーに行って探してみることにした。


やはり困った時は、ダイソーである。まさにこのために専用設計されたのではないか、と思われるような商品を見つけた。その名もジュニアヘアゴム(110円)。他のゴムはサイズが大きかったり、装飾があったりしていまひとつだったのだが、これは最適の一品だった。

ヘアゴムという、あきらかに女子が使う品物を購入する時は躊躇してしまうものだが(←自意識)最近のダイソーは自動レジになったので、その気遣いもない。他に欲しかったものと一緒に購入して帰ってきた。



実際に装着してみたのが、上記の写真である。いかがだろうか。まさに専用設計といわんばかりのジャストサイズである。もちろん不安定になることもないし、むしろしっかりとホールドされた。ダイソーの商品を使って修理したり改良したりすることは多々あるけれど、ここまでぴったりというのも珍しい。あとは耐久性だが、付属の輪ゴムよりは長く使えると思うので、しばらくはこちらで様子を見ようと思う。マランツプロ Umpireを使っていて、輪ゴム問題で困っている人は参考にしていただけると幸い。


【参考】
Amazonでマランツプロ Umpireを探す。

人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

「ローズマリー」で、鳩対策(その2)

ダイソーの100均アイテムで、カビ取り対策