iPhoneSE2に保護フィルムを(ダイソーで購入)

iphoneSE2にダイソーのガラスフィルムを

iPhoneSE2に、保護フィルムを貼ろう

新しいiPhoneを購入して、まっさきにやることのひとつが「保護フィルム」を貼ることだろう。強化ガラスを使用しているので、そうそう傷はつかないと言われても、やはり気になってしまうもの。できるだけ早い段階で貼っておきたい。

以前、キャリアで機種変更をしていた時は、店頭でおすすめされた保護フィルムを購入したりしていた。しかし、専用の保護フィルムは1000円前後である。ダイソーなどの百均では100円(税別)で購入することができる。それならば、100円で購入したものを、定期的に交換すればいいのではないか? 

100円×10枚 = 1000円 なので、お得な気がする。実際には性能などを考慮すると、最初から1000円のものを購入した方がいいかもしれないが、とりあえず初期投資を抑えられるのはありがたい。

と、いうことで、今回は百均で保護フィルムを購入して、新しいiPhoneSE2に貼ってみることにした。結論からいうと、今回は百均で販売されていた4枚の保護フィルムを購入することになった。色々試すために4枚購入したのではなく、試行錯誤を行った結果4枚も購入することになったのである。しかも、最終的に「あまりよくない」という結果に終わってしまった。なので、これから購入する人のために、筆者の個人的な失敗談を書いてみたいので参考にしていただきたい。

保護フィルムは「透明度」で選びたい

個人的に、保護フィルムを選ぶ時の基準のひとつが「透明度」である。ブルーライトカット仕様のものだと、色がついていたり透明度が落ちたりするので、曇ったガラス越しに見るような感じになってしまうフィルムもあるので注意が必要だ。

今回、最初に購入した2枚のフィルムは「透明度」が想像以上に落ちていて、画面が綺麗に見えなかった。ブルーライトカットの仕様になので、それを優先する人には良いと思うのだが、筆者には「濁っている」ように感じられたので2日ほど使ってみて止めてしまった。

iPhoneSE2に保護フィルム(透明度の比較)

左側が、ガラスフィルム。ほぼクリア。右側が、ブルーライトカット仕様の保護フィルム(樹脂製)。このように並べて比較してみると、透明度の差がおわかりいただけるかと思う。確かにブルーライトはカットしたいが、ここまで透明度が落ちてしまうと悩んでしまう。

一応「他の保護フィルムならば、ここまで透明度が落ちないのでは?」とも思い、別のフィルムも購入してみたのだが、透明度で納得できるものがなかった。筆者はメガネをかけているのだが、メガネにブルーライトカットのコーティングをしているので、ブルーライトはメガネに任せることにして、保護フィルムはノーマルなものにすることにした。

ダイソー「耐衝撃」ガラスフィルム


ダイソーiPhone用「耐衝撃」保護フィルム


結果、最終的に透明度で気に入ったのが「ダイソーの耐衝撃」だった。日本製のガラスを使っている、というところも好印象である。ガラスなので透明度は問題ないし、クリーニングクロスが付いているのもありがたい。

よし、これで完璧! と、いいたいところだったのだが、さらに気になる点が生じてしまった。現在(2020年7月)の時点で、ダイソーにはiPhoneSE2専用の保護フィルムは販売されていない。なので、画面サイズが同じiPhone8のフィルムを選ぶことになる。

「画面サイズが同じならば、とくに問題はないだろう」と考えていた。ところが、実際に貼ってみると画面の端の部分が浮いてしまうのだった。最初は「気泡が入ってしまったのかな」と、押したりこすったりしてみたものの変化しない。気になって調べてみたところ、iPhoneSE2はディスプレイの形状がiPhone8とは異なることが理由ということがわかった。気泡ではなく、形状が異なるので浮いてしまうのだった。これでは、どうしようもない。

iPhoneSE2は、ガラスフィルムの両端が浮く

写真だと、少々見にくいかと思うのだが、画面の両端に白い線のようなものが見えると思う。この部分が浮いているわけである。今すぐ剥がれる、という感じではないので、そこまで心配する必要はないと思うのだが、一度気になってしまうと、ついつい視線が向いてしまう人も少なくないかと思う。

もちろん樹脂製を選択すれば、エッジの部分が浮くということはない。しかし、筆者の場合は樹脂製は透明度が低いのでガラスを使いたい。すると、エッジが浮いてしまう。と、いうのが現状である。もしかすると百均でも、透明度の高い樹脂製の保護フィルムがあるのかもしれないが、そこまで追求したいわけではないので、ここで止めておくことにする。

現段階では「ダイソーの耐衝撃」がおすすめ?

そのようなわけで、現時点で「ガラスフィルム」を選びたい人は、iPhoneSE2専用のフィルムを選ぼう。多少左右が浮くくらい、べつに気にならない人は、ダイソーの「耐衝撃」がおすすめかと思う。

筆者は、最初は「あれ?」と気になったのだが、しばらく使っているうちに「まあいいか」という感じになった。なによりも100円(税別)である。しかもiPhoneSE2用ではなく、iPhone8用のフィルムを使っているのだから、自己責任である。これで文句をいったらバチがあたる。

これから百均でiPhoneSE2用の保護フィルムを探す人は「こんなはずでは・・・」と、ならないように、私の失敗を参考にしていただけたら幸いです。


(補足)Appleの公式では、iPhoneSE(初代)もiPhoneSE(2020)も「iPhoneSE」の表記になっているのだが、本記事では区別するために「iPhoneSE2」と表記している。

人気のある記事

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。

ダイソーの腕時計(300円)を購入。