2017年3月7日火曜日

uniqloジーンズの色落ち(あれから二年後)

このブログの中で、コンスタントにアクセスがあるのが「uniqloジーンズの色落ち」についての記事である。もしかすると続きが気になっている人がいる、かも、しれないので、ちょうど、前回の記事から一年が経過したところで(つまり、購入した時から二年経過ということ)更新してみたいと思います。

購入から二年。さて、どのように色落ちは進んだのか? その答えはこちら。



いかがだろうか? そう、自分でも驚くほど「前回とあまり変化していない」と感じる出来映えである。もちろん、部分部分では細かな変化があるし全体的に青みが増してはいるのだが、「ぱっ」と見た感じでは一年間という時間を通り抜けてきたという印象は、あまり受けない。前回と同じ場所で撮影したので背景も一緒だから「同じ写真だよ」と言われたのなら、ああそうかと信じる人もいるかもしれない。(前回の「購入一年後のuniqloジーンズはこちら)もう少し「おっ!」という軽い発見が欲しいところだったが、これが現実なのだから仕方がない。


ちなみに、あれから新しいジーンズは一本も購入していない。もう少し細身のものが欲しいな、とか、値引きされているものを店頭で見かけて購入しようかと思ったことはあったのだが、なんだかんだで結局この一本と、以前に購入したジーンズを組み合わせて乗り切ってしまった。使用頻度は、平均すると月に3〜4回程度。洗濯は月に1回くらい。この程度の使用だと、一年経過したとはいえ、まあこのくらいの変化が適当なのだろう。

とりあえず、もう少し色落ちしたあたりが、好みの段階なので様子を見ながらこれを「育てて」みたいと考えています。次回(一年後)までに、どのくらい変化があるのか? いや実は某メーカーのジーンズで気になるものがあるので、もしかしたらそれを購入してしまうかもしれない。もしそうなったらこれは使用頻度がさらに下がるだろう。「ジーンズを育てるということは、飽きとの戦いである。」これが、私がこの2年間で体験から学んだことかもしれない。

関連記事: