出発の日(高速バスで仙台→金沢への旅 No.2)

高速バス対策「睡眠改善薬」を入手

今回、ある方から「高速バスで眠れるように、睡眠改善薬を飲んでみたら?」とおすすめされた。くわしく話を聞いてみると、ドラッグストアで普通に購入できるとのこと。さっそく近所のドラッグストアに行ってみると・・・あった! 

なんとなく「睡眠改善薬は医師に処方してもらわないと入手できない」と、いうようなイメージがあったのだが、ドラッグストアでも購入できるのだった。(※後で調べたところ、Amazonでも購入可でした。 【指定第2類医薬品】ネオデイ 12錠



今回購入したのは、neodayというネーミングの睡眠改善薬。このような薬を服用するのは初めてなので、事前に説明書に目を通してみると「その他の注意」の欄に「翌日まで眠気が続いたり、だるさを感じることがあります」との表記があった。うーん、翌日まで眠気が続くのは困るが、それ以上に眠れないストレスの方が大きいので服用してみることにした。

その他にも、旅の移動アイテムである「耳栓」「アイマスク」も準備した。夕食も軽めにしてコーヒーも飲まなかった。とりあえず、できることはやった。これで駄目なら仕方がない、と試験会場に向かう受験生のような気分で家を出たのだった。

バス乗り場へ到着。さあ出発!


仙台駅東口に到着。出発の15分前に指定のバス停へ向かうと、並んで乗車を待っている人の姿があった。心の中で「これから9時間、お互いにがんばりましょう!」と一方的にエールを送る。これから戦いが始まるわけでもないのに、なんとなく戦友のような気分になる。

いや、これはバスと自分との戦いなのだ、戦いは勝たなければならない、とテンションを上げつつ、そんなに興奮すると眠れなくなるぞ、とあわてて深呼吸をしてみたりと、無駄に上と下を行ったりきたりしながら入口でメールを運転手の方に提示する。余談だが、今回の高速バスチケットは、ネットで予約しカードで決済をして完了した。チケットなどが発行されるわけではなく、申し込み完了のメールを見せるだけでOKなのである。

ペーパーレスで便利なのだが、同時に、もしスマホが故障した場合はどうなるのだろう? その場合は口頭確認でOKなのかな? 令和生まれの人が成人するころには、どんなシステムが採用されているのだろう。顔認証が導入されるのか? チップを身体に埋め込むのか? とりあえず現在のスマホに依存するシステムは廃れていくのだろうな、などとどうでもいいこと考えながらバスに乗り込む。



今回利用した高速バスは、3列シートだったので左右に必要十分な余裕があった。カーテンの仕切りもあったので、想像していたよりも周囲は気にならない。スマホ用の電源もあるし、ブランケットも用意されている。学生の頃に利用した「高速バス」とは、だいぶ様子が変化していた

前の人がシートを後ろに倒してくると、足が若干窮屈になるのは否めないが(筆者の身長は178センチ)このくらいのスペースが確保できれば、十分に乗り切れそうである。いやいやしかし油断は禁物だ。なにせ、これから9時間以上も、このスペースで耐えなければいけないのだ。3〜4時間くらいなら「スマホで本でも読んでいれば、普通に過ごせそう」な気がするが、9時間となると話は別だ。

いや、まずは余計なことを考えずに、今はリラックスすることだけに集中しよう。しかし、思ったよりも車内が涼しい。暑くなるかと思って薄着にしていたのだが、もう一枚上に羽織った方がいいのだろうか。と、余計なことばかり考えているうちに、バスは仙台駅から静かに出発した。もう後戻りはできない。

金沢へ到着!さて、睡眠改善薬の効果は?

仙台駅を出発し、東北道の国見SAで一回目の休憩となった。出発から1時間程度しか経過していないということもあるのだが、とりあえず眠気がやってくる気配はない。外に出てトイレを済ませたあと「できればこれを使いたくはなかったが・・・」と、脳内で独り言を呟いたあと、睡眠改善薬を服用した。

最初の1時間くらいは、普通に意識があった。その後は、熟睡というよりは微睡みという感じで、ぼんやりとしていた。二回目の休憩アナウンスで起きて、トイレに向かう。もどってきて、またなんとなく、うとうとしているうちに気がつくと富山市に到着。なんと、すでに8時間が経過していた。ときおり目が覚めたりしたものの、体感としては3時間くらいの感覚だった。あきらかに睡眠改善薬の効果だろう。

富山市から金沢市まで、のこり約1時間。ここまできたら、あとはなんとかなるだろう、と水を飲んだり、軽くストレッチをしているうちに、予定通りの時間で高速バスは金沢駅前に到着した。


さすがに「熟睡できた!」という感覚ではなかったが、それでも「なんとなく眠れた!」という感覚は十分にあった。なによりも「眠れなくてイライラする」気分にならなかったことが、自分には大きかった。下車したあとに眠気が続くこともなかったので、自分には睡眠改善薬の服用が適切だった、と思う。

そんなわけで、不安を感じていた「高速バスでの移動」は、様々なアイテムのおかげもあって無事に乗り切ることができた。体調も悪くないし、天気もいいし、気候も爽やか。最初の目的地である「白山比咩神社」を目指す。(つづく

【目次】高速バスで仙台→金沢への旅

人気のある記事

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

QUECHUA (ケシュア)のバックパックを購入する。

Macは、何年使えるのか?

キーケースを購入する(土屋鞄製造所)

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。