【ゲーム】ファイナルファンタジーXV で「釣り」にハマる。


20年ぶりに、RPGゲームをクリアした

ファイナルファンタジーXV(以下FF15)をクリアした。毎日1〜2時間くらいプレイして、だいたい一ヶ月半くらいかかったと思う。最後にRPG系のゲームをしてクリアしたのは20年ほど前だと思うので、本当に久しぶりだった。

まず最初に驚いたのは、あまりにも美麗なグラフィック。大きめのテレビ画面でプレイしていると、実際にゲームの世界に入り込んでいるかのような没入感とリアリティがあった。車に乗って移動する時に見える景色は、以前旅をした時に見た風景を思い出させてくれたし、オルティシエでは昼も夜も無駄にゴンドラで移動して、ちょっとした観光気分を味わったりもした。

私が子供のころに遊んでいたゲーム(いわゆるファミコン世代である)はドット絵で、それでも満足して楽しんでいたけれど、これからの世代は「最初からこのレベルのクオリティ」なわけだ。実にうらやましい。

「釣り」にハマる。

とりわけ、私が個人的に「ハマった」のが釣りのサブクエストだった。FF15ではメインストーリーの他にサブクエストが用意されているのだが、その中のひとつに「釣り」があって、それに夢中になってしまった。もしかすると、総プレイ時間の3分の1くらいは釣りをしていたかもしれない。

最初のクエストを達成すると「次は、こいつを釣ってみろ」というような指示が出る。それを釣ると「次はこいつだ」とか「ヌシがいるらしいぜ」などと、さらに大物を釣るクエストにつながっていく。大物を釣るには通常のタックルだとパワー不足なので、新しいタックルやルアーを手にいれなければいけない。そうやって、ようやく手に入れたタックルを持って釣り場に立つ瞬間は、実際に釣りに行く時の気分のようで「釣り 釣り!」とわくわくした気分になる。

釣りのフィールドも、海・川・野池などと、いくつか種類があって、その場所によって釣れる魚も違う。車で移動して、キャンプして、朝一で釣りに行って、とメインのストーリー進行はそっちのけで「あと一回!」と思いながらも、あと数回ルアーを投げてしまう。最終クエストの「ラスボス」を釣り上げた時は「ああこれで終わってしまった。これで、オレのFF15は終わりだ。もうこのゲームは最後までやらなくてもいいかな」と思ったくらいである。

思い出は、思い出のままで

そういえば、初代プレイステーションに「フイッシュアイズ」という釣りゲームがあった。このゲームにもだいぶハマった。本体は処分してしまったけれど、実家のクローゼットの奥の方にソフトは眠っていると思うので、今度探してみようと思う。ああでも、PS4でPSのゲームはできないんですよね。わざわざ本体を買うまでもないし、思い出は思い出のままで保管しておこうと思う。

(追記)Amazonで「フィッシュアイズ」を探してみたところ、普通に販売されていた。販売されているということは、今でも購入する人がいるということだろう。そしてさらに驚いたことは、フィッシュアイズのシリーズは現在でも継続していてPS4版がリリースされていたということも知った。

購入してみようかと思った。それと同時に「思い出は、思い出のまま」にしておいた方がいいかな、とも思った。そんなわけで、今のところ購入はしていない。今のところは。

人気のある記事

iPhoneSE2に保護フィルムを(ダイソーで購入)

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入(その2)

ダイソーの腕時計(300円)を購入。