乳頭温泉郷乳頭キャンプ場 秋田を巡る旅(4)

本日の宿泊地は、乳頭温泉郷キャンプ場。以前、秋田に来た時にここのキャンプ場の近くを通り、テントが張ってあるのを見て「温泉の近くでキャンプができるというのは、いいなあ」と思った場所。キャンプをして温泉にはいれるとは、なんて贅沢な場所なのだろう。そんな憧れを抱いた場所に、数年越しでようやく来ることができた。

夏休みの真っ最中ということで混雑を覚悟していたのだけれど、思っていたよりもテントの数は少なく、隣のテントとも間隔を空けて余裕をもって設置することができた。サイト利用料が若干高めの設定だからなのか、それともたまたま空いていたのかはわからない。とにもかくにも、ゆったりとしたスペースにテントを張ることができたのはうれしい。設置する場所は自由に選んでも良いということだったので、端の方の大きな木の下を選んだ。この木の下ならば多少の雨はしのげるだろうし、風が吹いてもテントを守ってくれるだろう。
「一晩、よろしく」と木に挨拶してから、てばやくテントを設置し、向かうは休暇村内にある温泉。ここは数年前に一度利用した温泉だったのだけど、自分でも驚くほど鮮明に建物の様子や廊下、そして湯船の様子を覚えていた。そうそう、露天風呂からのブナ林はこんな感じだった。湯の色はこのような色合いだった。この前来た時は、もう少し熱かったような気もするけど、気のせいかな。

前回、こうして露天風呂の淵に座っていた時、となりにいた50代くらいの男性に「どちらから?」と話しかけられたことを思い出した。とても歯切れよく、聞き取りやすい発声で話す方だった。「山に登ってきたんです」と答えると「ほお。山登りもいいですねえ」と、やはり聞き取りやすい声でそう相槌を打ってくれた。確か千葉の人だったような気がする。もう少し話をしたような気もするけれど、くわしいことは忘れてしまった。

そんなことを思い出しながら、湯につかる。夕食時だったせいか客足もまばらで、幸運にもしばらくの間露天風呂を独り占めすることができた。手足を伸ばして湯船にふわりと身体を漂わせていると、背後から視線を感じた気がした。誰もいないはずだけど、と後ろを見る。何かがもそっ、と動いた。何だ? と目を凝らす。むこうも、こちらを見ている。じーっ。おぅ、野ネズミか? 薄暗くなりかけた視界の中でははっきりと確認はできなかったけれど、たぶん野ネズミだろう。彼は(もしかしたら彼女は)露天風呂の壁の隙間を2~3回ほど出たり入ったりしたあと、どこかへ行ってしまった。旅先の、ちょっとした出会いのひとときだった。


キャンプ場にもどり、食事を済ませてから地面の上にねころがる。夏のキャンプ場につきもの(?)の泥酔して大声で話し続ける客は、ここにはいなかった。聞こえてくるのは、川のせせらぎの音。明日、明るくなったら川を見にいこうとおもう。時折、遠くの方でドーンドーンというような、花火のような砲弾のような音が聞こえてくる。近くに自衛隊の演習場でもあるのだろうか? それとも? 携帯で検索してみたくても、ここは圏外だ。静かに想像しながら、時間を過ごす場所なのだ。そっとテントから外に顔を出して、空を見上げてみる。もしかしたら星が見えるかもしれない、と期待したのだけれど厚い雲に覆われてしまって光を見つけることはできなかった。真夏でも、ひんやりと冷たい空気が顔にあたって心地よい。あからさまに空気が違う、と思う。空気がおいしいというのは、このようなことをいうのだろうと思う。(その5へ つづく

このブログの人気の投稿

平成最後の「AMAZON サイバーマンデー」

Macは、何年使えるのか?

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。

プライムセールで、AmazonのFire7タブレットを購入した。

iPhone SEのバッテリーを交換する。