【腕時計】チープシチズン(チプシチ ファルコン)購入


チープシチズンを購入する。

愛用していた、ダイソーミリウォッチの調子が悪くなってきた。電池を交換したばかりなのに、時々、時間が遅れるようになってきた。防水ではないのに雨で濡れたこともあるし、風防にもヒビが入っているし、充分に活躍してくれたと思う。そろそろ買い替えの時期かもしれない。

そんな時、アマゾンで格安の腕時計が目にとまった。なんとなく興味を持って調べていたところ、1500円前後でシチズンの腕時計が購入できることがわかった。ミリウォッチを買い換えるよりも、こちらの方が面白そうだと思った。なによりシチズンだし、1500円ならば気楽に試すことができる。

さて、どうしようかと考えていたところ、Q&QのQB38というシリーズがミリタリーティストで良さそうに思えた。日常生活用防水だし、価格も手頃だったので購入することにした。以下、実物を手にした感想を紹介します。


届いたのがこちら。今までの人生で「白の文字盤の腕時計」を購入したことはなかったので、あえて白にしてみた。視認性もいいし、文字も見やすい。チープな雰囲気がありつつも、しっかりとした造りを感じさせてくれる。思っていたよりも好印象だった。


ミリウォッチと並べてみる。チプシチの方がだいぶ大きいように感じていたのだが、並べてみるとそこまで差がない。白は膨張色だから大きく感じたのかもしれない。


実際に腕につけてみたところ。筆者(男)に、ちょうどよいサイズだった。妻に「あたらしい時計を買った。いくらくらいに見える?」と質問してみたところ「2000円くらい?」と、ほぼ正確に値段を当てられてしまった(笑)私が衝動買いするくらいだから、このくらいの値段だろうと深読みされて正解されたのかもしれないが、私よりも気品がある人が使えばもう少し「高見え」するかと思う。

この価格で文句はいえないのだが、あえて気になった点をあげるとすれば「ベルトが硬い」ことである。腕に巻く際に、結構力がいる。使っていくうちに馴染むかと思うのだが、もしこの状態が続くようならNATOのベルトに交換してみようかと思う。ベルトの方が、本体よりも高くなる可能性があるが、それはそれで面白いかなと思っている。

【参考】

【関連】




佐藤ゼミでは、文学作品を通して「考えるヒント」を提供していきます。夏目漱石・芥川龍之介・太宰治・宮沢賢治など、日本を代表する文豪の作品から海外文学まで、私(佐藤)が読んできた作品を取り上げて解説します。ぜひご視聴ください。そして何か気になる作品がありましたら、チャンネル登録(無料)&高評価で応援お願いします。


人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

【ダイソー】腕時計(500円)の電池を交換する【ミリウォッチ】

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

「ほんとうのさいわいは一体何だろう。」銀河鉄道の夜(宮沢賢治)より

ダイソーで、iPhoneSE2用のガラスフィルムを購入