【体験談】ついに老眼!「遠近両用レンズ」を勧められた話。

老眼に気づいた時の話


ついに老眼!「遠近両用レンズ」を勧められた話(40代からの眼鏡選び)

「最近、やたらと目が疲れる。メガネの度が合わなくなってきたのかな」そんな風に考えて、あたらしいメガネを選びに向かった店で、40代の私におすすめされた眼鏡は・・・。今回の【佐藤ゼミ】は、眼鏡に関する体験談トークをお届けします。


☝内容
・「つまり『老眼』というやつですか!?」
・40歳過ぎたら「遠近両用」を選択肢に
・「お客様のフレームでは、作れません・・・」
・目を酷使する時代だからこそ。
・人生100年時代に、今から備えていこう 他

「遠近両用レンズ」を勧められた話



※ひさしぶりに読書を楽しんでみたい。もう一度、ちゃんと勉強してみたい。そのように感じている、あなたのために「文学作品を楽しむヒント」をお届けする。それが【佐藤ゼミ ラジオde文学講座】です。 

夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、宮沢賢治、といった文豪の作品解説から、人生哲学、名言、文章、作家の裏話などを紹介していきます。Apple Podcast・Amazon music・GooglePodcast で配信中「佐藤ゼミ」で検索を!

※感想&リクエストを募集中! いただいた中からピックアップして、番組内でお答えしていきます! こちらのページから投稿してください。

☺最新情報はTwitterで配信中! 佐藤のTwitterはこちらから

人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。