iphone5Sに機種変更する。

先日iphone5sに機種変更してきた。これまで「3GS→4S→5S」と2年ごとに機種変更をしてきたので、この5Sが自分にとって3代目のiphoneということになる。さすがに3代目のiphoneとなると、予約の段階でも冷静になっていて「4sでも特に不満はないけれど、とりあえず機種変しておくか・・・」程度の感覚でいたのだけれど、実機を手にしてみると「おおっ、やはり新しいのはいいなあ」という気分になった。誰もまだ滑っていない新雪の上を滑降している時の感覚に似ているような気がした。爽やかだ。実に爽やかだ。

思い出してみると、一代目のiPhone3GSを購入した時は「なんて美しいデザインなのだろう。想像以上だ!」と、女性がキラキラした目で宝石を眺める時と同じような気分になったものだった。ショップの店員さんが白い手袋をつけて慎重に作業している様子も高級感を盛り上げてくれて、おおげさにいえば未知の世界に一歩踏み込んだような感じさえあった。「こんなすごいのを購入してしまって、使いこなせるのか? 大丈夫か自分?」とも思った。いやはや、あの時はワクワクしたぜ。

二代目の4sの時は「ジョブズ氏が亡くなった直後にリリースされたiphone」という感慨深いものはあったものの、感情の振れ幅は3GSの時の半分くらいだったような気がする。もちろん誤解がないように付け加えると、icloudの便利さには驚いたし、カメラの性能は「コンデジはいらない」と思うレベルだったし、携帯端末としてデザインも機能も完成度が高かったので製品に対する満足度そのものはかなり高かった。ただ「ワクワク感」が、さほど盛り上がらなかった、ということだ。

それはもしかすると、製品そのものに原因があるのでははく、ジョブズ氏がいなくなったappleに不安を感じたからなのかもしれない。そして同時に「この4Sで、iPhoneの完成型に辿り着いたのではないか。4S以降は、薄く軽くしてカラーバリエーションを増やす感じになるのでは・・・」と、新しいiPhoneに対する期待値が下降気味だったからなのかもしれない。つまり、iPhone4Sはすばらしいアイテムだ。でも・・・という、なんだかややこしい気分になっていたのだと思う。

今から15年ほど前、僕がMacを使っていたのを見て「Macを使っていると、ビジネスチャンスを逃すよ」などと忠告してくれる人もいた。確かに今でこそ、MacもWinも互換性等で困る事はほとんどないから「好きな方を選べばいい」ということになると思うけれど、当時は「Macを購入するなら、ある程度覚悟(のようなもの)」が必要だったようなところがあったと思う。たとえばwebを閲覧している時には「Mac非対応」で見ることができないコンテンツも少なくなかった。あれこれと調べて、なんとか閲覧できるように時間をかけて試行錯誤をしたとしても結局無駄な努力で終わることも、本当によくあった。それでも、多少手間がかかっても、余計な作業が必要になったとしても、それを補ってあまりある「電源を入れる度にワクワク」するような「それ」がMacにはあったように記憶している。そしてそれが自分がMacを好きな理由のひとつに、なっていたと思う。


・・・さて、iphone5sのことを書こうと思ったのに、いつの間にか過去の記憶を探る内容になってしまった。「昔夢中になっていたこと」の話になると、ついつい気負ってしまいがちになるのはなぜなのだろう。まだまだ思い出話は尽きないが今回はこのあたりで止めておこうと思う。とにもかくにも、そのような期待値をこめて購入したiphone5Sが、手元にやってきたのである。

今回自分が購入したのはシルバーの32GB。ゴールドが圧倒的な人気のようだけれど、自分にはシルバーの方が透明感がありつつもエッジが効いている雰囲気があって好みだ。今まで使っていたブラックと比較して、指紋などが目立ちにくいのも好みである。

今回はキャンセルがあったということで、予約してから1週間で手に入ったのもよかった。そしてなんとなく最後の締めに、手元にあるiphoneの箱を並べて比較してみたくなったので、ついでに撮影してみた。

このブログの人気の投稿

Macは、何年使えるのか?

天童高原でキャンプ日記

吹上高原キャンプ場へ

登米森林公園キャンプ場 秋のキャンプ

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)