AppleMusicを解約したら、iPhoneの曲が聴けなくなった時の対処法


AppleMusicを解約 → iPhoneの曲も削除される

先日、AppleMusicを解約しました。すると、もともとiPhoneに入れていたローカルの曲も再生できなくなったのです。解約すると、AppleMusicの曲が聴けなくなる(削除される)のは理解できる。しかし、もともと入れていたローカルの曲も聴けなくなるのは、おかしい。

ちょっと調べてみました。するとAppleMusicを契約した時に、iPhoneにあった元々の曲(ややこしいので以下ローカルの曲)もiCloudミュージックライブラリに同期されていたことがわかりました。AppleMusicを解約すると、iCloudミュージックライブラリが利用できなくなるので、iCloudミュージックライブラリの中にあるローカルの曲も利用できなくなっていたのです。

※ちょっとややこしいですね。しかし詳しく説明を試みても、私の説明ではさらにややこしくなる可能性があるので、ざっくりと先に進みます。

ITunesから、ローカルの曲が同期できない

それならば、MacのiTunesの中に入っているローカルの曲とiPhoneを同期させればいいのではないか? さっそくiTunesを立ち上げてiPhoneと曲を同期させようとすると・・・「iCloudミュージックライブラリはオンです」と表示され、ローカルの曲と同期できない状況に。

AppleMusicを解約したら、iCloudミュージックライブラリも自動的にオフになると思い込んでいたのですが、どうやら設定の変更が必要なようです。でもまあ「iCloudミュージックライブラリをオフ」にするだけなので簡単と思いきや・・・・

いくつか設定を見てみたのですが「iCloudミュージックライブラリをオフ」にする方法がわかりませんでした。検索して見つけた「ここのボタンをオフにする」という情報ところに、そのボタンが表示されていなかったのです。どうすれば「iCloudミュージックライブラリをオフにできるのか?」さらに検索します。

iPhoneから「iCloudミュージックをオフ」にすればいい

iPhoneから「iCloudミュージックライブラリ」をオフにできるという情報を見つけました。さっそく試してみます。「設定 → ミュージック」と進むと「iCloudミュージック」という項目があります。

こちらをオフにすればいいと。おもむろにオフにしようとすると「iCloudミュージックライブラリの曲がすべて削除されます」というようなメッセージが表示されます。一瞬、躊躇しましたが、ローカルの曲はすべてハードディスクにバックアップしてあるので、最悪削除されても構わないという気持ちでタップ。

ローカルの曲が復活!

確認してみると、iPhone内のローカルの曲が復活していました。もちろん普通に再生できます。ITunesの方も通常の画面に戻り、Macの中に保存してあるローカルの曲とiPhoneを同期できる状態に戻りました。一安心です。

Apple Musicを契約する前に、準備すること

今回は、特に問題もなく復活させることができましたが、Apple Musicを契約する前に「ローカルの曲をバックアップしておく」と安心できるかと思います。今まで集めてきた曲が全部失われるとなると、かなりの損害ですからね・・・。

他にも別のフォルダを作っておく、など対応の方法を見かけましたので、気になる人は調べてみて下さい。とりあえず今回はiPhoneで「iCloudミュージックライブラリをオフ」にしたところ、ローカルの曲が復活したので、同じような状況の人は確認してみて下さい。


(注)今回使用したMacのOSはHighSierraです。他のバージョンのOSとは動作が異なる場合があります。

このブログの人気の投稿

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

Macは、何年使えるのか?

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

Fire7 にダイソー300円スピーカーを。