iPhoneのリンゴループから、なんとか修復した時の話。


iPhoneSEの電源が切れない → リンゴループへ

年末に、iPhone SEの電源を切ることができなくなった。電源スイッチを押すと画面が暗くなり、リンゴマークが表示される。そこまでは良いのだが、その後また暗くなりリンゴマークが表示され暗くなるを繰り返してしまう。そう、リンゴループというやつに突入してしまったのである(ちなみに私の場合は、ケーブルに接続し充電を開始するとループを止めることができた)

iOS12.1.2にアップデートした直後だったので、iOSに不具合があるのか? それとも、先月アップルストアでバッテリー交換をしてもらった際に、何かトラブルが起きてしまったのか。色々と考えながらネットで対策を検索し一通り試してみたものの、一向に修復される気配が無い。時間ばかり過ぎていくし、せっかくの年末の時間をスマホの画面を見て過ごすのは味気ない。仕方がないので、Appleサポートに相談することにした。

Appleサポートに相談。しかし、修復せず・・・。


電話で色々と調べてもらい対策方法を相談したところ、どうやら「初期化をするしかない」という結論になった。iPhoneを初期化しても改善が見られない場合は、本体のほうに原因がある可能性があるので、修理をする必要がでてくるということだった。

初期化する(工場出荷状態に戻す)と言われると、少々尻込みをしてしまうが、こうなってしまったのでは仕方がない。なにせ電源が切れないのだ。コンサート会場で「電源をお切りください」と言われても、切ることができないのだ。自分も困るし、周囲にも迷惑がかかる。

諦めてMacに接続し初期化を行うことにした。詳しい手順は省略するが、大体一時間ほどで初期化は完了した。続いてバックアップからデータを復旧して、iPhoneを起動させる。祈るような気持ちで電源ボタンを押すと、やはりリンゴループになってしまう

やはり本体に問題があるのだろうか。修理を依頼するしかないのかな、と肩を落とす。ちょうど年末年始でサポートも休みになるし、電源を切りさえしなければ普通に使用する分には問題がないので、仕方なくそのまま年越しすることにした。


アプリをアップデートする

昨日、新年の慌ただしさも一段落したので、そろそろサポートに連絡して修理を検討しようかと考えていた。ふとアプリのアップデートが溜まっていたので、実行してみることにした。するとアプリのアップデート後から、普通に電源が切れるようになった

アプリをアップデートした以外は何もしていなかったので、あくまでも推測になるが「アプリをアップデートしたら、何らかの悪影響を与えていたアプリが改善され、リンゴループから解消された」ということである。

どちらにせよ、ひとまず電源が切れるようになったので、ほっとしている。しばらくはこのまま使い続けて、様子を見たいと考えています。

このブログの人気の投稿

Macは、何年使えるのか?

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

uniqloジーンズの色落ち(あれから一年後)

uniqloジーンズの色落ち(あれから三年後)