iphone4s&3GSの箱。

棚を整理していたところ、iPhone3GSの箱が出てきたので、せっかくだから4Sの箱と並べて記念写真を撮ってみた。


黒い方が3GSで、白い方が4Sです。両方とも本体の色はBlackです。実は(と、いうことのほどでもないのですが)3GSの箱の色は白だったと勘違いして覚えていたので、真っ黒な箱が出てきた時には「あれ?」と一人で驚いたというのは、ここだけの話です。数年前に購入して、即座に棚に突っ込んだとはいえ、人間の記憶というものは、ずいぶん曖昧なものなのだなと感じたできごとでした。




並べてみると、4Sの箱の方がひとまわり小さくなっていました。
気になったのでappleのwebに掲載されている技術仕様を調べてみると、


・iphone3GS
サイズ:115.5×62.1×12.3mm
重さ:135g


・iphone4S
サイズ:115.2×58.6×9.3mm
重さ:140g


となっていました。本体も4Sの方が一回り小さくなっているわけです。でも、重さの方は4Sの方が5gほど重くなっている。ちいさくなって、中身が詰まった感じでしょうか。初めてiphone4sを手にとった時に「あれ? なんとなく重いぞ」と感じたのは、この5gの差を感じとったから・・・というのは大げさですね。もしも、同じように「4Sは重くなったのでは?」と感じていた人がいたならば、非常に繊細な感覚をお持ちだと思うので、ぜひ自信をもっていただきたい。
ちなみに、自分のiphone3GSは16Gで、4Sの方は36Gです。ここでも重量に差が出ていると思うのですが、どうせなら実機をちゃんと計測してみたい気もするのですが、面倒なので止めておきます。


箱を裏返しにすると、こんな感じです。4Sの箱の横には、アップルマークの替わりに「iCloud」のロゴが印刷されています(片面のみ)。わざわざロゴマークをiCloudに変更してあるということは、4SのポイントはiCloudにあり、ということの表れでしょうか?


もちろん、どちらの箱にも、ちゃんと、


Designed by Apple in California


の表記があります。「 in California」まで表記するところが、いかにもといった印象を受けます。ちなみに、今、この文章を書いているのは、MacBook Airなのですが、これにも同じ表記が印刷されています(今、Airをひっくり返して確認しました)しつこいようですが、iphone本体にも同じ表記があります。


さて、適当に写真を撮って終わりにしようと思ったのに、わりときっちりと書いてしまいました。おそらく、ほとんどの方に興味がない内容だと思いますが、せっかく書いたのでアップしておきます。2年後に、iphone5Sが発売(されるのか?)になった時には、3つの箱を並べて撮影してみたいと、今から考えています。もしかすると、あっさり忘れてしまうかもしれませんが、そのうちこの箱さえ捨ててしまうかもしれませんが、2年後には、僕がこのようなことを書いたことなど、誰も覚えていないと思うので、ここに「次は3つ並べて撮影するよ」と宣言しておこうと思います。

このブログの人気の投稿

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

今のところ、PayPayをメインに利用しています。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

吹上高原キャンプ場へ

網張温泉キャンプ場へ:岩手で夏キャンプ 二日目